2011年07月30日

小説 大谷吉継

名将大谷刑部は私の中では結構面白く、元々大谷吉継好きでもあったので
今回の「小説 大谷吉継」もだいぶ期待して読み始めました。
大谷吉継の今までのイメージとは異なり、子どものころは暴れん坊として
手のつけられない子という感じで描かれていました。

織田家の森長可が子どもを突き飛ばしたところに居合わせた吉継。
そんな事しちゃイカン!と怒りボコボコにしたり。
アホな事を言う正則を顔面パンチして鼻の骨折ったり…
ただの無法者ではなく、正義だけは貫き通していますが。

もちろん森長可の件は創作で、その他にも利休が吉継夫妻の為に茶会を開き
その茶会に出席していた商人達が「吉継素晴らしい!吉継の為ならなんでもするよ」となり
吉継は兵站担当で成功できたのも商人との結びつきが強かったから。等としてみたり。

もちろん商人との結びつきが強くなければ、商人といい関係を保っていなければ
兵站担当としては厳しいであろう事は分かるのですが胡散臭い感じがして…

このような創作がたっぷりで史実に沿った話を望む人には全くオススメできません。
私も全て史実に忠実に!とは思わないし創作や盛るのも有りだと思うけれど
今回のは私の許容範囲を超えていて、もう読むのがとてもしんどかった。

更に前半は講談調というのでしょうか?そんな感じのとても癖のある書き方で
そして何故か後半はそういった感じは見られませんでしたが。
この方のデビュー作らしいので、下手くそなのは仕方がないのかもと思ったり。
書評を見ると完全に賛否分かれる作品なので買う時には注意が必要ですね。


posted by yu-ko at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

塙団右衛門−意地を貫いた戦国の風雲児−

歴史好きでなければ知らないであろうマイナー武将塙団右衛門。
前半生があまり知られていない為か、前半は創作がメインです。
小さいころは団八と言い悪童で有名だった。

しかし悪童があっという間にむしろ、いい人に。
悪童から脱してからは団右衛門はちょっと頭が足りない、正直すぎる
世渡り下手な感じはするものの、好青年みたいな。
ホントいつの間にそんな成長したの?と。

そして、その途中で出会う乱破女のさゆり。
出会ったと思えば別れ、そして突然場面は数年後。
展開が結構飛んでいて私はあまりついていけなかったです^^;

あとは所々「戦の経験豊富な」というのが、よく出てくるのですが
賤ヶ岳とあとどこだっけ?と言いたくなるぐらい描写がない。
朝鮮出兵とか行ったよね、それは?

ページ数は600ページぐらいだったかな、結構あるハズなのに
戦の描写は賤ヶ岳と大阪夏の陣・冬の陣ぐらいしかありませんでした。
前半ほとんどが創作な為か、私にはあまり面白くなかったです。
posted by yu-ko at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

神無き月十番目の夜

今回は時代小説ですが、珍しく武将の物語ではありません。
小生瀬という村滅亡の謎を追う物語。

最初の登場人物、嘉衛門が村民が一人としていなくなってしまった村へ派遣される。
小生瀬村へ着いた嘉衛門は村民の大量の死骸を発見する…

小生瀬村は常陸の佐竹領、伊達との堺にある村。
半農半士でありながら伊達の侵入を防ぐ為、他の蔵入地とは違い
米等はまず自分たちの分を確保し残りを収める事を認められた特殊な村。

その為、村民はみな体型がよく精強な部隊。
主人公の藤九郎は騎馬武者で初陣である伊達との戦いで首3つとる程。
しかし関ヶ原後戦もなくなり、小生瀬村の村民も平和に暮らすハズが
佐竹に代わり武田信吉が領主となった為、検地がはじまる。

この検地をする役人たちが、村民が一生懸命育てた収穫前の田畑に入り検地を行う。
行為は検地だが、村民からしてみれば荒らしのようなもの。
村民達は役人に対し憤りを覚え、若い衆達が行動に出てしまう。

戦を知っている藤九郎、戦を知らない若衆。
藤九郎は戦がどれ程ひどいものか身を持って知っている為
戦にならないようにと一人奮戦する。

だが、その思いは若衆には伝わらない。
そのもどかしさ、それでも最善を尽くそうとする藤九郎。
そういった人間模様や思いがよく描かれています。

正直めっちゃ重いです、この本。
全体的に重いのですがやけに人が死ぬシーンが鮮明に描かれている事もあり
読んでる間中、(lll-ω-)ズーンってくるような感じです。

でもホントによく描かれてるので一度読み始めると止まりません。
通勤中読んでいたのだけど、たったの20分なので足りない。
昨晩家で読み始めたらとまらなくて、今日仕事だと言うのに
3時ぐらいまで読んでしまいました…

ちょっと気になったのは同じフレーズが何度も何度も登場する。
結構、字がビッシリなせいもあり読むのに少し苦労する。
そんな状態で同じフレーズ・説明を繰り返されると
「それ、さっき読んだから!」と言いたくなる。

それから藤九郎がどう行動するのか、どうやって若衆達に分からせるのか。
それを楽しみに読み進めているのだが、藤九郎の最後はかなり残念です。
敢無いご最後ってまさにこんな感じだと思う。

残念な部分もあるけれど、ホントにこの作家さんの筆力は凄いと思う。
この本は久しぶりの大当たりです。
posted by yu-ko at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

山内一豊

あんまり興味なかったのですが、一応買ってみた山内一豊。
興味ないというのも能力の高い武将と思えないから…
山内一豊のエピソードと言えば。

「妻のへそくりで名馬を買って信長に馬を褒められる」
「関ヶ原合戦前、小山評定の時に城を差し出すと言って出世」
「土佐へ入った後、一領具足を騙し討ち」

これしか知らないので私の中では評価の低い武将でした。
この本ではやたらと一豊は褒められます。
「一豊は手柄をたて…」とか書かれてるのですが具体例がない。
具体例がないから「え、ホントに…?」みたいな感じにしか思えず。

また、一豊について書く事もないのか、一豊中心というよりも
戦国時代をサラッと説明しつつ、途中一豊登場といった感じ。

戦の描写は全くと言っていい程なく、かつヒューマンドラマ的な感じでもなく
全体的に中途半端な、浅い感じの本でした。
本の印象が私の一豊に抱いている「なんだかな〜」という感じでした。笑


posted by yu-ko at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

雑賀六字の城

すっかりご無沙汰。
果たして誰か見ている人がいるんだろうか。笑

凄く久々に買った歴史小説「雑賀六字の城」
タイトルのまま雑賀勢の小谷七郎丸という青年が主人公。
紀州雑賀荘の有力人である小谷玄意が父、兄は太郎右衛門
七郎丸に付き従うのは郎党の牛楠。

信長による本願寺攻め、本願寺から雑賀へ招集され七郎丸は初陣を果たす。
初陣を果たしてからの七郎丸の成長ぶりや、「若」と呼び
七郎丸に戦の仕方を教えてくれる郎党の牛楠。

牛楠は鉄砲の名手でもあり、これがカッコイイのだ。
この本は方言?で書かれており、標準語に慣れている身としては
結構読みづらい部分があるのだけれども、それがまたいい味が出ているのです。
戦での足軽同士の会話だったり七郎丸と牛楠の会話等、描写が細かく描かれており
そしてそれが方言で書かれているのなんかとてもリアルな感じがして
面白くハマッてどんどん引きこまれて読んでしまう。

私がちょっと嫌だなぁ〜と思ったのは七郎丸の恋人であるおみつとの会話・関係。
戦で兄を亡くしているおみつは、七郎丸が戦に行くのを嫌がる。
そしてそれを言葉にする「いっちゃ嫌」と。
そんな事言うなよ!と。

またガッカリだったのがラスト。
ラストはかなり駆け足な感じで、結末にもちょっと…
それまでが割と細かく織田軍の動き等書かれていたのにラストだけは
かなりすっ飛ばされていて、ラストがこれじゃあ。とガッカリしました。

読み始めは「これは久々の大当たりかも!」という程良かった。
ちょっと期待しすぎちゃったのかな〜

posted by yu-ko at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

INDY JAPAN 三日目

三日目はちょっとゆっくり目に。
渋滞もほとんどなく、一箇所だけ数分ひっかかったぐらいでした。
メインゲート前で琢磨応援席のグッズを交換し、琢磨のLOTUSキャップを買おうと思ったら
どこのショップも売り切れでしたバッド(下向き矢印)土曜のうちに買えばよかった…

日曜も朝から暑くキャップなしはさすがに厳しく1,500円で売っていた
今更ながらSuperAguriのキャップを購入しました。笑
応援席でマシンパレードを見て、その後はあまりにも暑く少し木陰で一休み。

GTドライバーのトークショーがあるというので見に行って、その後はぶらぶら。
決勝前に戻ってきたのだけどホント暑くて暑くて…
前半はなんとかもったのだけど後半は暑くて頭痛くてほとんど見てられませんでしたたらーっ(汗)

琢磨は走りは順調ペースもなかなか良さそうでオーバーテイクを何度もしてたのだけど
イエローでピットに入る度に順位を落とし…
マトスやモラエス等、一度抜いたドライバーを何度もオーバーテイクするハメに。

オーバーテイクが見れるのは嬉しいけど、もっとピットが速ければ…と。
マトスなんて私の記憶にある限り3度はオーバーテイクしていた。笑
それでも無事に200周を走りオーバル最高位の12位フィニッシュ。
オーバーテイクの度にぶつからないかと実はヒヤヒヤしていましたあせあせ(飛び散る汗)

それ以外にもエリオ・ブリスコー・ダリオのバトルも凄かったグッド(上向き矢印)
私はエリオが好きなのでエリオがブリスコーに抜かれた時は(´Д`;)
なんとか優勝でき、生スパイダーマンを見れましたぴかぴか(新しい)
スパイダーマンになる為に走るエリオ。
P9190425.jpg

2周目のバゲットや後半のモラエスのクラッシュには本気でヒヤッとしました。
特にモラエスは壁にぶつかりながらターン2からターン3までいったし…
あの後、気付かなかったのだけどモラエスはドクターヘリで水戸市内の病院に運ばれたとか。
二人とも無事だったのが何よりです。

決勝終了後は琢磨が応援席前まで来てくれて、スパイダーマンになってましたw
応援席前まで来てくれた事がホント嬉しかった黒ハート
武藤くんもロジャーさんも完走。ロジャーさんのマシンはホント遅くて
決勝後のトークショーでも悔しそうでした。

トークショーの時の武藤くん・琢磨・ロジャーさん
P9190448.jpg
ロジャーさん
P9190451.jpg

3人とも応援してくれるファンのみなさんのお陰で頑張れたと。
INDY JAPANに出場した3人ともみんなファンサービスがとても良かった。
ロジャーさんは走ってる姿を見たのは今回のINDY JAPANが初めて。
今後もドライバーとして走れるといいなぁ。

今回の茂木でお世話になった皆様、ありがとうございました!
とても楽しいあっという間の3日間でした。
また来年茂木で!
タグ:INDY JAPAN

2010年09月20日

INDY JAPAN 二日目

土曜日はまずフリー走行一回目の写真を撮ろうと。
席でいうとA席辺りに行ったのですが、INDYは速すぎました。
とてもじゃないけど、私には撮れません。と早々に諦めました。笑

ピット出口が近かったのでピットから出る時だけ写真撮る事に。
グラハムのはなかなかいいのが撮れた!他は…
P9180098.jpg

しかしフリー走行開始15分ぐらいであっという間に琢磨が…
オイルパイプが抜けてオイルが漏れたそうですが。
P9180046.jpg

二回目のフリー走行の時はピットの裏に遊びに行ってきました。
琢磨走らないし〜と思って。
ホントにピットのすぐ裏まで行けるなんて凄いよね。こんな経験初めてです。
ベルトラン・バゲットとマリオ・モラエス。
P9180176.jpg
P9180181.jpg

二回目のフリー走行終盤で琢磨のマシンも修復完了。
たくさんの拍手に見送られてマシンはコロコロ転がされながらピットへ。
無事に修復されて、本当に良かった。体も無事だったようだし。

金曜は一人で茂木入りしましたが土曜は相方もるんるん
予選前に無事合流して二人でグラスタで観戦しました。
琢磨はあんなクラッシュがあった後なのに、予選は10番手獲得。
走った直後は7番手とシングルポジションか、と喜んだけどさすがにダメでしたね。
ポールはエリオぴかぴか(新しい)エリオ好きなので嬉しかったです。

土曜はもうちょっと人少ないかな〜と思ったけど、土曜もKVの辺りは琢磨ファンだらけ。
琢磨に会うのを諦めたら色んなドライバーに会えましたw
土曜は武藤くんにも会えたし。でもロジャーさんには会えないのです…
タグ:INDY JAPAN

INDY JAPAN フレンドシップデー

INDYを観に、茂木へ行ってきましたぴかぴか(新しい)
金曜のフレンドシップデーから行ったのですが、10時のサーキットサファリに
間に合わせる為始発の電車に乗り東京から新幹線で宇都宮へ。
宇都宮から臨時のサーキット行きバスで。

約4時間かけて行ってきました。長かった。そして眠かった。笑
サーキットサファリはまず琢磨からでした黒ハート
琢磨がかっこよすぎたのと想像以上にバンクが凄く、周りを走ってくれている
ストックカーも速くて興奮しすぎて何言ってたか忘れてしまいましたたらーっ(汗)
P9170001_2.jpg
2周目は武藤くん。
P9170005.jpg

サーキットサファリの後は琢磨・武藤くん・ロジャーさんのトークショーを見にグラスタへ。
三人ともニコニコ楽しそうでした。
その後はお昼を食べコースウォークへ。
凄かった!バンク!カメラで撮るとあんまり凄そうに映らなかったので
写真はナシですが、歩くだけで体が左側に傾いて右側は全然体重が乗らない。
ずっと歩き続けたらたぶん左側だけヒールが減るんじゃないかと思う程。

サイン会は一時間ぐらいまえに行ったらもうかなりの人数が並んでいました。
その多くは琢磨ファン。
サイン会が始まった途端に琢磨のところは行列…
スタッフの方がかなりの人数並んでいて、ほぼサインは貰えません!と連呼しているのに
どんどん増える人・人・人。スタッフは「他にもドライバーはいます!」とまで。

サイン会が始まって30分ぐらい経っても一向に進まない行列。
ホントに一歩たりとも進まないんだよ。
後で聞いた話によると最初の方に並んだ人達はサインだけ、って言ってるのに
写真撮っていたから時間がかかったのだとか…

琢磨と写真撮りたい気持ちは分かるけど、あれだけの人が並んでいて時間もないのに
自分が良ければそれでいい。と同じ琢磨ファンなんだから多くの人にサインもらってほしい
と思わないものなんだな、と…

サイン会の時に近くに並んでいた人がこんなメットを被ってました。
せっかくなので、写真を撮らせてもらいましたるんるん
松本カメラマンもこのメットを被らせてもらってました。笑
P9170033.jpg

サイン会はギリギリで、なんとかサインを貰え横浜土産の「勝サブレ」も無事渡せました。
なんとか時間をとらせないようにと早口で言ったので伝わったかどうか…笑
ちなみに勝サブレの勝は勝利の勝ではなく勝海舟の勝なんですが。

サイン会中の琢磨。
P9170037.jpg

残り3分ぐらいでしたがEJヴィソと、大好きなエリオのところへ。
真っ黒なサングラスをかけたエリオはギャングのように怖かったです。
EJヴィソはThankyou!と言うとニコッと笑ってくれていい人でした。
P9170042.jpg

この日は残念ながらロジャーさんと武藤くんには会えませんでしたバッド(下向き矢印)
ロジャーさんは見かけはしたものの、遠くて声かけられなかった…
長くなったので続く。。。

2010年09月12日

戦力外通告

今年は佐伯さんが開幕二軍スタート。
なかなか上がってこないし、上がってきてしばらくの間
代打稼業だったけど一軍で結果残せず二軍へ再降格。

危ないな〜と思っていたら本当に戦力外通告されてしまいましたたらーっ(汗)
予想はしていたのでショックというかビックリ具合とか
そういうのはあんまりなかったのだけど…
それよりもこの記事が。。。

日刊スポーツ

どこまで本当か分からないけど、コーチ打診の話がなかった事は
本当のようです…佐伯さんはチーム最年長でありながら
一番練習しているような選手だし色んな意味で若手の手本となる
選手だと思うのにこんな仕打ちってやっぱヒドイなと思う。

プロなんだから成績が残せなくて戦力外っていうのは
仕方がないと思うけど、それにしても功労者に対して…
佐伯さんだけじゃなく琢朗の時だってそうだから予想はしてたけど。
去年フロント一新したのに結局なんにもかわってないんだな〜

現在は佐伯さんは二軍なので、もしかしたらもう見る機会が
ないかもしれない!と思い、そして見に行く事ができるのが
9/10、発表があった当日しかありませんでした。

そこで急遽、スカスタに試合を見に行ってきましたぴかぴか(新しい)
8回だったと思うんだけど、代打で佐伯さん登場!

当たり前だけどこの日一番の盛り上がりでした。
ライト前にヒットを打ったのですが、そのまま代走を送られ…バッド(下向き矢印)

あっという間だったけれど、佐伯さんを見れて
本当に行って良かったと思いました黒ハート
佐伯さんは現役続行を希望しているようだけど
とってくれるところがあるのか…年が年だけに心配です。
posted by yu-ko at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

足つぼマッサージ

時々Dr.Footの足つぼマッサージを受けていて、メルマガが
届くんだけど無料モニター募集というのがあったので応募してみた。
条件はblogにモニターの件を記事にする事なのだけど。
当たらないと思って応募したら当たっちゃったw

新宿店で足つぼ60分コースを受けてきました。
いつも30分コースであっという間に終わってしまうんだけど
60分は6,000円もするので一度もした事ないんですよね。

いつもの倍なので凄く楽しみに行ってきましたぴかぴか(新しい)
でもいつもの倍でもやっぱりあっという間だった。
施術については特に問題なかったのだけど、だいたい行くと
あそこが凝ってる、そこも凝ってる、ここも凝ってると
言われる事が多いのだけど今回はほとんど言われなかった。

コリコリするところはあったけどそんなに凝ってない、と。
体調がよければそんなもんかーと思うけどかなり体調悪い時期だったので
exclamation&questionホントexclamation&questionと軽くビックリしてしまいました。

一つ気になったのは女性の方だったんだけど、靴の話になって
サンダルは裸足だしグラディエーターのようなサンダルでも
直接触れるところが多く、紐状って言うのかな?そういうので
結構足に負担がかかるんですよ。と。

ヒールのある靴ももちろん足に負担かかるし外反母趾やらなんやらと
なりやすいので、あまりよくない。と。
そう言ってくれるだけならいいんだけど、痛い思いしてまで
履く気持ちがわからない。というような事を言ってたんだよね。

こういう仕事をしているし足のケアには気を使っているんだろうけど
足にいい靴=デザイン性が優れている、わけではないし
その人のファッションによってはヒールじゃないと合わない服や
グラディエーターのようなサンダルが合う服もあるわけだし
そこまで言うのはどうかな〜?と思いました。

でも、私もいつもサンダルやヒールのある靴を履くと靴擦れを起こすので
あまり履きたくないと実は思っています…
そうは言っても履いてるんだけど、みんなよく履けるな〜とも思う。笑

あとは以前浜松町店でだけ巻き爪ケアを行っていて過去にカウンセリングだけ
受けに行った事があるんです。カルテのようなものがDr.Footにもあって
それを見たお姉さんが巻き爪の話を振ってきたんです。

ちょうどその頃、巻き爪ガードクッションなるものを買ったばかりだったので
その話をしたところ「最近はテープもある」と。
帰ってからネットで調べたんだけどうまく見つからなかったんだが
爪まわりの肉をテープで引っ張って、という方法らしい。

グッズは見つからなかったもののサージカルテープでやってみたら
粘着が弱い気はするものの、結構いい感じです。
いい情報を聞いた!と思いました。

足つぼ終わるといつもトイレに行きたくなって、足が軽くなるんだけど
今回は60分もやったからかお腹もぐるぐるぐる〜と動いてる感じがしました。
やっぱり60分なだけあっていつもより足も細くなりました。笑

靴の話でちょっと?という感じはしましたが気持ち良かったし
足も軽くなったしとても良かったですぴかぴか(新しい)
Dr.Footのページはコチラ。オンライン予約もできます。
残念なのは都内にしかない事です…
タグ:足つぼ Dr.Foot
posted by yu-ko at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。