2010年04月13日

今年も信玄公祭りに行ってきた−写真編−

甲州軍団が出発直後はまだ明るいのですが、大半は暗くなってしまい
なかなか写真がとれません…うちのデジ一くんは、本体についている
フラッシュしかないので、弱すぎるみたいで。。。

まずは飯富隊の副将のマイクパフォーマンス中。
P4100072.jpg
こちらが飯富虎昌です。
P4100074.jpg
こちらは「特別隊」外国人の皆様です。
意外に似合っていてかっこいい上、恐らく一番よくとれましたw
P4100089.jpg
真田幸隆の旗印。赤がハッキリしていてカッコいい。
ちなみに真田の旗印と言えば「六文銭」が有名ですがこちらは俗称で
正しくは「六連銭」というそうです。

また六道銭ともいい六道とは仏教で言う
地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上をさし、死後これらを
さまよわずに済むよう携えるのが六道銭(三途の川の渡し賃、ですね)
「六文」は貨幣の単位であり、六枚の銭を持ってればいいわけで
「六文銭」である必要はない、という事だそうです。
P4100096.jpg
今年から輿に乗っている大井夫人。
P4100102.jpg
小幡昌盛
P4100110.jpg
こちらは真田信綱隊。
こうやって旗が林立しているのを見るのは迫力があっていいですね。
P4100113.jpg
義信隊から鞍替えしたHISの三枝隊。
全然関係ないけど、三枝の家紋三階松の家紋、結構好きです。
P4100121.jpg
そしてこんなもの作るなんて、信玄公祭り気合入ってるよな〜
P4100130.jpg
このあたりはもうホントにピント合わなくて…
こんな伊吹勘助しか撮れなかった。
P4100137.jpg
闇に浮かぶ諏訪法性の兜
P4100140.jpg
そしてトリは沢村信玄。
こちらもこんな写真しか撮れなかった。
来年はちゃんとしたフラッシュが欲しいなぁ。
P4100143.jpg
posted by yu-ko at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も信玄公祭りに行ってきた

恒例の信玄公祭りにguwaさんと行ってきました。
12時前ぐらいに甲府につき、まずはB級グルメを開催している春日モールへ。
別にB級グルメ好きなわけではないんですが、屋台がいっぱい出てるし
数は少ないけどベンチとかがあってご飯が食べられるので。

まずは甲府駅で売っていたお弁当を。見た目で思わず買ってしまいました。笑
風林火山弁当。武田菱がびっしり。
20100410_5.jpg
中の仕切りも武田菱の形。見た目だけでなく美味しかったです。
20100410_4.jpg
去年も食べた「信玄時代飯」去年はご飯がなかったけど
今年は十六雑穀?って言うのかな、それが増えてました。
20100410_3.jpg
その他にも鶏もつや富士宮やきそばなどを食べ腹ごしらえ。
陣屋めぐりは14時からですが、その少し前に飯富隊の陣屋へ移動。
飯富隊から始め小山田隊・信繁隊・高坂隊・小幡昌盛隊・板垣隊・幸隆隊へ。

小山田隊はここがホントに陣屋?って感じでしたが、私達が行くと
副将の人がやたらとノリがよく写真撮影に応じてくれました。
板垣隊ではアルソアグループというのだったのですがここでは
ボールペンを配っていましたが、それ以外は配ってるの見なくて
今年は不況だからなのかなと思いました。
去年大量に歯ブラシとORA2を配っていたサンスターの信廉隊は
駅の反対側だったので残念ながら行けませんでした。笑

幸隆隊ではguwaさんが竹の水筒をもらったり(配ってるものではありませんw)
写真撮影の時に刀を持たせてくれたり、足軽に話かけられたりと
ここが一番フレンドリーだったかな。
ちなみに幸隆隊は去年も写真撮影の時に刀を持たせてくれました。

guwaさんがもらった水筒をくれ、大事にしようと思ったのに
もらった次の日に表面にカビらしき黒い斑点がついていてショックたらーっ(汗)
20100410.jpg

陣屋めぐり後はいつものカフェで小休憩し、甲府駅前へ移動。
出陣式の為に舞鶴城から甲府駅へ軍団が続々と集結。
今年の勘助役は伊吹吾郎、信玄役は沢村一樹。
私は伊吹吾郎はよく知らずパンフレットで、こんな顔かーと。
パンフレットの写真は普通のスーツを着ている写真で
こんな事を言うとあれだけど、特別かっこいいわけでもなかったので
なんとも思っていなかったのですが…

いざ伊吹吾郎が馬に乗ってくるのを見てなんてカッコいいんだと!
あの体といい四角い顔といい時代劇向きの見た目。
威厳もあってこれは、勘助役よりも信玄役の方がいいと思うぐらい。
P4100045.jpg

その後には信玄役の沢村一樹が。
この人は逆に顔は爽やかだからパンフレットの写真では
イケメンなのだけど、やっぱりあの細さに爽やかな顔。
似合わないわけではないけど威厳みたいなものは…
というより、伊吹吾郎の後に見るとね。
P4100053.jpg

その後の出陣式では川中島決戦に行く前のシーンをやっていて
勘助が「進言したき事が…」とキツツキ戦法を提案。
その語りが、声も低くて重々しくて威厳たっぷり。
それに比べてしまうと沢村信玄はちょっと…
この配役は本当にもったいなかった。沢村一樹も見た目も声も
悪くないのに全て伊吹勘助の後で見る・聞くと。

出陣式も無事終わり急いで勝鬨エリアへ移動。
去年は勝鬨エリアで寸劇みたいな感じで鉄砲を撃ったり弓を放ったり
みたいな事をしていたのだけれど、今年は本当に勝鬨だけ。
お陰で早く終わったけれどちょっと物足りなかったな。

そして今年の大井夫人・三条夫人・湖衣姫行列は輿に乗って登場。
去年まではみんな徒歩だったような気がするんだけど。
また、去年まではHISが義信隊をやっていたんだけど今年から
義信隊が無くなっていてHISは三枝隊に変わっていた…

甲州軍団を見送った後はいつも通り小作でほうとうを。
いつもはかぼちゃほうとうを食べるのだけど今年は鴨肉ほうとうを。
20100410_2.jpg

バスの時間が迫っていたので急いで小作を出て桔梗屋へ行ったら
もうしまってたよ…去年はほうとう食べた後も開いてたのに。
お陰で駅までダッシュしてKIOSKで信玄餅を購入しました。

今年もいっぱいまわってつかれたけど楽しかったぴかぴか(新しい)
posted by yu-ko at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

小田原城へ行ってきました

月曜日から3連休で、2日間は家の片付けに追われたのと
電気屋さんで液晶テレビ・DVDレコーダー・プリンターを購入したので
設置・設定で過ぎていきました。せっかくの連休なので最後の休日は
相方と小田原城へ遊びに行ってきましたぴかぴか(新しい)

小田原城についてまずご飯を。といっても梅シラスおにぎりと
おかかおにぎりを持って行っただけなんですが。
天守閣の前にテーブルがあるのでそこで食べました。

そしたら同じテーブルに座っていたおばちゃんが、ゆで卵と
桃のタルトをくれました。甘いけど太らないから大丈夫!って。
本当に甘かったけど、大丈夫なんでしょうか…?笑

そこは鳩だらけでエサをあけるアホがいて、鳩地獄でした。
テーブルの上にもくるし気がつけば足元にもいるしバサバサ飛ぶし。
ああいうところで鳩にエサをあげる人の気がしれません。

一番アホだと思ったのは手乗り文鳥のように腕に鳩乗せてる人。
知らない人だし全然関係ないけど鳩って病気持ってるの多いって言うから
よく触れるなとある意味関心した。

そんな鳩地獄は置いといて。
まずは天守閣。中の展示物は北条のものと徳川のものが大半でした。
ってそりゃそうですな。笑
P4291333.jpg
天守閣から相模湾への眺め
P4291331.jpg
ここがたぶん一夜城の場所
秀吉が小田原攻めの時に一夜城を築いた場所だと思われます。
P4291332.jpg
常盤木門、小田原城の門の中で最も大きく堅固に造られていた門。
P4291336.jpg
銅門。大扉などに使われた飾り金具に、銅が用いられた事が由来らしいです。
P4291342.jpg
小田原城は天守閣のチケットと歴史見聞館の共通チケットとあるんですが
見聞館との共通チケットを購入しました。見聞館の方は、紙芝居(映像)とか
ミニシアターとかって、なかなか良さげでした。
が、歴史好きというか詳しい人にはハッキリ言って物足りないと思います。
だいたい6〜7分の映像の為、内容はかなり簡略化されています。

なので全部知ってる内容です。でも知らない人が見る分には文字を読む
必要もないし簡単に人が映像と音声で説明してくれるんで分かりやすいです。
帰りは小田原駅前の鈴廣でかまぼこを買って帰りました。
なかなか楽しかったです。
タグ:小田原城
posted by yu-ko at 21:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

信玄公祭り2009

今年もguwaさんと信玄公祭りに行ってきました。
去年の帰りに高速バスで甲府から新宿まで帰ってきたんだけど
JRの半額ぐらいで済むので今年は往復をバスにしました。

が、ETC上限1000円のせいなのか事故なのかは分かりませんが渋滞約40km。
乗る前に何時に着くか分からない。7時代に出たバスが今1時間半遅れで運行中。
陣屋巡りは14時からで私達は11時到着予定だったので時間はあるものの
武田神社でお守りを買いたかったので、バスはキャンセル。
キャンセルしてからJRに乗るまで10分しか時間がなくかなりバタバタしながら
なんとか電車に間に合い甲府へ。11時過ぎには甲府へ到着。

信玄横丁という商店街に色んな屋台が出ているところでまずは腹ごしらえ。
B1グランプリだかなんだかで優勝した厚木シロコロホルモンや
信玄飯というその当時の饗宴で出ていたご飯などを食べました。
↓が信玄飯。今見るとさほど贅沢ではないけど、当時はこれが贅沢だたんだな〜
20090411.jpg
信玄横丁の近くに何故かお城(天守閣?)がありました。
20090411_2.jpg
腹ごしらえが済んだ後は武田神社へ。そこで一条信龍隊・山県隊に遭遇。
P4119345.jpg
皆さん神社に寄ってから出発するようです。
武田神社前で一条信龍隊が記念撮影していて、カメラマンの人と一緒に
コッソリ?写真を撮ろうとしたところカメラマンの方より
「よかったら一緒にどうです?」と言われ図々しくも一緒に写ってきました。笑
P4119347_2.jpg
その後は甲府駅前に戻りスタンプラリーをしてみたりしているうちに
あっという間に陣屋巡りの時間に。今回は山県隊のところへ。
事前に山県隊の陣屋の前を通りかかった時に武田菱の描かれたマス?があり
それが欲しかったのですが、山県隊のところへ行ったら振る舞い酒をしていて
マスがもらえる!との事でお酒飲めないクセに列に並んできました。

そこで前に並んでいたオジサン達に"レキジョ"扱いされたりしながら
見知らぬオジサンと振る舞い酒の列に並んでおりました。
山県隊はNTTなのですが気合が入っており山梨の名酒を5つぐらい
そろえており「お好きなものを!」と。
好きなものなんて何もないし分からないけど、私は「男山」というのを
もらってみました。何の意味も根拠もありません。

でもとってもフルーティで日本酒らしくない、飲んだ後も日本酒!
って感じが残らない凄く飲みやすいお酒でした。
20090411_3.jpg20090411_4.jpg
信玄が交差点渡ってたり…
P4119359.jpg
サンスターが信廉隊だったんだけど、信廉隊ではora2の歯ブラシに歯磨き粉を
大量に配っておりました。一緒に写真撮ったらくれました。
早速、うちの相方が歯ブラシを使用しております。
そして我が家はずっとora2の歯磨き粉です。
そしてサンスターの皆さんはこのジャンパーを着てました。
P4119368.jpg
その他にもHISは「信玄公祭り出陣の為、臨時休業。お急ぎの方は町田店へ」
と書いた紙がHISのお店に貼ってあったり、山梨県の信玄公祭りへの
対応はとても気合の入ったものでした。
今年は陣屋巡りは結構いっぱいできましたがやっぱり全部はまわれません…
来年は去年・今年いけなかった陣屋を巡ってきます。

さて、一番の目玉といえば出陣の儀とパレードですが今までは舞鶴城公園で
やっていたのに今年から甲府駅前に移動したそうです。
それを知らず舞鶴城へ行ってしまい、今年は人が少ないね。なんて
言っていたのですがそりゃ皆さん駅前にいるから少ないだけでした…

というわけで出陣の儀は見れず、パフォーマンスエリアへ移動。
写真撮ったんだけどブレブレでとても人様にお見せできるものは
ほとんどありませんでした。。。残念。
せっかくデジ一の連写機能を使ったのに…
P4119391.jpg
今年の主役信玄公は柔道の山下さんでした。
P4119745.jpg
濃いヒゲコンテストの優勝者と思われる勘助役の人。
この人、陣屋巡りの時ずっと兜脱いでて写真とれなかった。
だって兜脱いだらただの人なんだもん。笑
まぁこの人に限らず皆さんそうですけど。。。

高校生と思われる子達も武将役だったり足軽役だったりしたのだけど
なんかもう言動が若くていいなーと思ってみたり。笑
そんな感じでうまくまとまりませんが、今年も楽しかったです。
来年は出陣の儀を見逃さないようにしっかりとパンフレットを読んでから
行動したいと思います。笑
yu-ko120.gif
タグ:信玄公祭り
posted by yu-ko at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

NHK大河ドラマ天地人

先週から始まった大河ドラマ天地人。
主人公の直江兼続役が妻夫木聡と決まった時から、そりゃねーべ。
と思ったが先週・今日と2回見て兼続があまりにもチャラ過ぎて
元々期待してなかったもののヒドイなぁ。と思った。

それよりも与六役の子がかわいくてずっとこの子のままなら
いいのになぁ。なんて思ったりもした。笑
喜平次役の子もなかなかいい顔をしていたし子役の子達は良かった。

景勝役の北村一輝の演技が重厚なのもあり妻夫木聡の兼続は
彼の演技だけでなく周りの演技によってより一層チャラくみえている気がする。
風林火山の時の亀の信玄はヒドイと思ったが見慣れたのか亀の演技が
よくなったのか、気にならなくなったけど。

今回の兼続もそうなるといいんだけどなぁ。
個人的に家康に直江状を叩き付けたあたり兼続は好きな武将であるので
どうしてもうまい事進んでいってほしい、という思いがあるのだが…

与六のあまりの可愛さに、画面キャプチャいっぱいとってしまった。笑
yu-ko120.gif
タグ:天地人
posted by yu-ko at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

信玄公祭り3

ご要望にお答えして?動画をアップしてみます。
アップしますと言ったところで1個だけなんですが。笑

圧縮してみたものの誰だか分からないぐらい画像が荒くなったので
やっぱりそのまま載せる事にしました。
重かったらごめんなさい。(*_ _)人ゴメンナサイ



yu-ko120.gif
タグ:信玄公祭り
posted by yu-ko at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

信玄公祭り2

こちらの記事は写真のみ、です。
感想は↓の記事へどうぞ。
続きを読む
posted by yu-ko at 22:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も行ってきました

去年に引き続き信玄公祭りにguwaさんと行ってきました。
ちなみに去年のエントリはコチラコチラ
中央本線が信号機の故障で遅れていて、本当は11時半頃到着予定だったんですが
着いたのは12時頃。駅前の小作でかぼちゃほうとうを食べましたぴかぴか(新しい)

かぼちゃ、めちゃめちゃ美味しかった!ヽ(≧∀≦)ノ
でもいつも思うんだが、ほうとうは具が多い上に麺?も太いし
もちもちだしあたしには量が多いッス…。

13時半からは陣屋巡り開始。
今年はトークショーもないので、陣屋巡りに精を出そうと思っていたんですが。
結局まわれたのは5つだけでした。24将全ての陣屋があるので全部で24ヶ所バッド(下向き矢印)

まわれたのは板垣・甘利・三枝・小幡・真田です。
去年も書きましたが山梨の市町村・企業の方々が武将に扮しているわけですが。
お偉いさんが多いんですよね。あたし達は一緒に写真をとってもらったんですが
あとで調べてみると会社の社長さんとか市議会長とか。

普通だったら一緒に写真なんてとれない人達です。
ある意味貴重な体験かも。皆様、気さくに応じてくれました。
そして、変なオッサンだったら嫌だな。とか思ったりもしましたが(笑)
みんななかなかイケてるんですよね〜*:.。☆..。.(´∀`人)

そして今年の勘助役は野村将希、信玄役は国広富之です。
陣屋巡り終了後は舞鶴城での出陣式。
出陣式後は武将達が甲府駅前へ向かうのですが、それを見ていたら
なんだか立派な鎧を着た武者が一人、別方向へ…

ん?と思ってみてみると、勘助役の野村将希じゃないかexclamation×2
ビックリしつつ供回りの人数はわずか。
後を追い、間近で写真をとれました。そしてその後ろには国広富之が。
こちらも間近で写真をとる事ができました。

その後はパレード?です。
今回は勝鬨エリア(そのまんまだが、勝鬨をあげるエリア。笑)の一番前に陣取り
二人で興奮しつつ見ていました。板垣隊が、殺陣をやっていたりとか
鉄砲を撃ったりしてなかなか見ごたえがありました。

結局24の陣屋をまわれなかったので、来年も決定ですな。笑
長くなったので写真は次のエントリで。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 20:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

両雄死す

今日の風林火山見ました?
恐らく、前半の山場と思われる上田原の戦い。
ついに逝ってしまわれました。板垣信方と甘利虎泰。

我が家には武田信玄のマンガがあるのですが、それも
上田原と川中島第4回は見るのもためらうぐらい。
(川中島第4回では信玄の右腕、信繁が死んでしまうのです。
信繁好きとしては見るに耐えない場面ですな。)

今回も辛かった…
甘利が弓矢で討たれるシーン、信方の陣に着き
『板垣殿、退かれよ!!』と言って燃え尽きるシーン。ヤバかった。

でもぶっちゃけ信方>甘利 なオイラとしては信方のシーンが一番きた。
さすが信方、と思われる死に方でした。
最後まで戦い抜いて…という描き方をしてくれて、本当に良かったです。

そして信方役が千葉真一で本当に良かった。凄く信方っぽい。
風林火山のHPに信方役の千葉真一のインタビューが載っていて
それも信方っぽいというか。。。
今回、僕は板垣信方を通して“日本の理想的な親父像”を伝えることが出来たらうれしいなと思いながら演じてきました。

戦国という過酷な状況では親父の力だけでは守りきれないことも起きてきます。そうなった時、やはり親父は子どものために死ぬことができるんですね。板垣も本当に何の抵抗もなく晴信のために命を賭して戦いに挑んでいきました。彼の持つ犠牲的愛は、まさに日本の侍の姿であり、そういう役を演じられたことは役者冥利(みょうり)に尽きます。

大好きな晴信にすてきな死に様を見せることが出来て良かったと思います。子どもは宝だって言うでしょう。宝のために死んでいくのだから悲壮感はまったくない。むしろ笑いながら最期を迎えたいと思い、実際にそのように演じました。


だいぶ端折りましたが、こんな感じ。
ちなみに甘利役、竜雷太のインタビューも載ってます。そちらも素敵です。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:09 | Comment(8) | TrackBack(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

萌えでお疲れな一日2

萌えでお疲れな一日1はコチラ

さて、勘助とかめのインタビューも終わり。
ここからが通常の信玄公祭りのイベントです。

続きを読む
posted by yu-ko at 22:42 | Comment(15) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萌えでお疲れな一日

この前の土曜日、4月7日guwaさんと信玄公祭りに行ってきましたぴかぴか(新しい)
今年一番のメインは風林火山の二人、内野聖陽と市川亀治郎(通称:かめ)の
オープンカーでのパレード。もちろんオイラ達もコレをメインに。

続きを読む
posted by yu-ko at 22:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

歴史小説

ついこの前、ようやく海音寺潮五郎の加藤清正を読み終えました。
そして今は別な人の書いた武田二十四将、一人一人の
エピソードなどを紹介したものを読んでます。

海音寺潮五郎は天と地とに続き二作目なのですがこの人のタイプ、分かりやすい。
景虎や清正などの正々堂々とした清く、男気のあるタイプが好きなようです。笑)
そういうところは通じるところがあるので良いのですが。

今読んでいる、武田二十四将を書いた人。
この人とはちょっと合わなさそうですたらーっ(汗)
あたしは強い人や政治ができる人など何かの能力が突出した人や
上に書いたような男気のある人が好きです。

でも、この人は昔から武田家にいる人や親族衆が好きなようです。
そういう理由があまりなさそうなところが、ちょっと…と。
あたしがそういう風に想像してるだけで本当は別な理由があるのかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)

そして、なんか書いてある事が本当なのかな?と思ってしまう。
まず勘助が好きじゃないようなんだが、勘助の事を
『武田家をじわじわと滅亡へと導く人物』と書いている。

が、実際に武田を滅亡させたのは勝頼であり小山田信茂であり
勘助じゃない。勘助は勝頼時代にはもういないしね。
海音寺潮五郎のように好みが合うとあまり感じないが
好みが合わないというか、このような事を書くという事が信じられない。

それははっきり言って、アナタが勘助が嫌いだから故の思い込みでは?
と思ってしまう。その他にも読んでいて、なんだか稚拙だな。と
思ってしまうような部分が多々あった。

ちなみにこの人大学教授のようです。相方の母校で教えてた人らしい。
教授なのにこんなんでええのんかぃexclamation&questionと。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:10 | Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

風林火山ウォークラリー

風林火山.jpg
以前、風林火山ウォークラリーを車でまわった事を書きましたが
完歩証明と風林火山軍配扇のピンバッチが届きましたぴかぴか(新しい)
相方と二人で応募したのに、なぜか相方の分が届きませんたらーっ(汗)
同じ日に投函したのになんでだろうなぁ。。。

でも1個あれば十分のような気もしなくもないですが。笑)
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 13:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

好感がもてる日本の戦国武将ランキング

好感がもてる日本の戦国武将ランキング
これの第1位が織田信長とはどういう事か?
比叡山を焼き討ちにし、長島では一向一揆約2万人を殺した。と言われる
織田信長がなぜ1位なのかさっぱり理解できない。

功績?を残したのと好感というのは違うと思うんですけど…exclamation&question
2位の真田幸村はまぁ、当然といった感じですな。
で5位の徳川家康もあたしには理解できない。

あたしは家康が大っ嫌いで、戦国時代だからしょうがない。
と言われるとそれまでなのだが、なんというか秀吉が死んだらすぐに
俺が!俺が!みたいなのがさ…タヌキじじいめ!って感じがするのだたらーっ(汗)

6位武田信玄7位長尾景虎。
信玄好きとしてはまあまあな位置ですが、景虎のが下なのが意外。
なんか景虎のが義理人情の人だから好感度高そうですが…

この中だと加藤清正や石田三成は個人的に好感度高いですね。
あとは、ここには載ってませんが大谷吉継とか。
男気がある人って好感度が高いッス。あたしの中で。

大谷吉継はカッコイイよ。関ヶ原の戦いで死んでしまったのがもったいない!
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 17:45 | Comment(18) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

風林火山ウォークラリー制覇

風林火山ウォークラリーを制覇してきました。
といっても、ウォークラリーのコースは6つあり1つのコースを
歩くのに短くても1時間45分とかです。長いのだと3時間超え。

時間的にも体力的にも歩いて全コース制覇する事はできないので
スタンプの置いてある場所(1コースに1箇所)と個人的に
そそられるところを車で巡る事にしました。

続きを読む
posted by yu-ko at 22:45 | Comment(16) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

戦国時代

最近、戦国時代の本を数冊買った事もありかなりハマリ中。
ちなみに買ったのは『天と地と』『真田幸村(小説)』『真田幸村(マンガ)』

真田幸村のマンガは、タイトルが幸村のクセに昌幸・信之・幸村と
3人の主人公に対し1つずつ物語が書かれている。という超ショボイマンガでしたバッド(下向き矢印)
さらにおまけとして真田とは何の関係もない物語が2つ程。

どこが『真田幸村』なんだ!!!!(`Д´) ムキー!

コレを書いてる人は上杉謙信のマンガも書いてるようなんですが
それも買おうかと思ってましたが、二度と読むのはやめようと思いましたたらーっ(汗)

小説もなんだかイマイチで…今回はハズレ続き。
今は天と地と上巻を読んでいますが、これはまぁまぁかな。今のところ。
あたしの認識では川中島の戦いを描いた小説だと思っていたんですが
為景時代から始まるんだもの。せめて晴景からだろ。と…

でもよく考えると晴景は病弱の使えない大名だから書く事がないのかも。。。笑)
これから面白くなる事を期待したいが無駄な話しが多いと感じるのが難点か。

そして明日は『信長の棺』が放送されます。
信長役は信玄に続きTOKIOの松岡です。信玄を見るまでは時代劇ってどうかなー
と思ったけど、想像以上に似合っててビックリしました。
でも信長役よりも景虎のが似合いそうですが。。。

で、更に更に再来週はJRの『風林火山ウォークラリー』という
信玄・勘助ゆかりの地を巡る。というのがあるらしくそれに行ってこようと思ってます。

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

話しは変わりますが、昨日はうちの父親の60回目の誕生日ぴかぴか(新しい)
でも昨日は仕事だったので、今日お祝いしに行ってきました。
もう、うちの父ちゃんも還暦です。赤いちゃんちゃんこはいらない。と言うので
赤いセーターをプレゼントしました。安物ですが、父ちゃんは喜んでました。

普段、誕生日にはたいしたものはあげないしケーキも買わないんですが
さすがに還暦で何もしてあげないのはかわいそうだなーと思ってケーキも買って行きました。今更ですが、誕生日プレートにろうそくまでつけてもらいました。

たいした事はしてないけれど、父ちゃんは喜んでいたようで良かったです揺れるハート
posted by yu-ko at 23:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

加藤あいが…

1月8日テレ朝?(10ch)で風林火山が放送される。
前にもTOKIOの松岡が信玄役有り得ない!(#`д´)ノって記事を書いたが…

びっくり。諏訪姫役が加藤あいとは。
あたし、基本的にアイドルって嫌いなのです。

諏訪姫って凄くキレイな方だったらしいんです。
あたしは諏訪姫が好きなので、ショックですたらーっ(汗)

あ、諏訪姫は信玄の妾で武田の跡取り勝頼の母です。
そして信玄が倒した諏訪頼重の娘でもあります。
要するに父の仇に嫁いだわけです。


ちょっと風林火山、見る気をなくしました…。
でも見ます!だからみんなも見よう!!

1/8 21時からですよ!!
posted by yu-ko at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

武田信玄 風林火山

takedashingen さいとうたかをの武田信玄。
これはとってもおもしろい
漫画なんだけど、ワイドコミックで
風の章・林の章・火の章・山の章の全4巻



武田信玄が父信虎に謀反するところから始まり
信玄の死までが描かれている。



信玄好きにはタマラナイ漫画ヽ(≧∀≦)ノ



武田と言えば四名臣&二十四将。
この本には四名臣と二十四将についての紹介もある。
二十四将にはいろんな説があり、どの説が本当なのかは
よく分からないんだけど…



ちなみに武田四名臣はこの四人!!
山県三郎右兵衛尉昌景 (ヤマガタ サブロベエ マサカゲ)
高坂弾正忠昌信 (コウサカ ダンジョウ マサノブ)
内藤修理亮昌豊 (ナイトウ シュリ マサトヨ)
馬場美濃守信房 (ババ ミノカミ ノブフサ)



武田の家臣で一番好きなのが、山県昌景
『武田の小男』と恐れられていた。
山県昌景は背が低かったので…小男。
ちょっと可愛そうなあだ名。笑)
でも馬に乗るととても強いのだ。



山県昌景は飯富昌景という名前だったのだが
昌景の兄、飯富兵部少輔虎昌というのが武田義信の守り役で
義信謀反の責任をとらされ自害。



本来であれば昌景も自害する事になるのだが
信玄が飯富虎昌には責任はない事を分かっていたので
絶家(寸前?)の山県姓を昌景に与えたのだ。



そして武田信玄を語る時に絶対に欠かせない人物は…
小山田左兵衛尉信茂だろう。
彼は徳川(か織田。)に勝頼の居場所を教えていたのだ。
もう一人裏切りものがいて、穴山信君(梅雪)
最悪なのがこの梅雪は武田家の血をひいているのだ。
梅雪の母は信玄の姉、妻は信玄の娘である。



こんなに熱く語ったところで…誰が見るのやら。笑)
いつも戦国ネタを書いても誰も反応してくれない。



寂しい!!(;´д`)ノ



それなら書くなよっ!!って事か。笑)
みんな戦国武将には興味ないのかしら…?
面白いよ、戦国時代は。カッコイイ人いっぱいだし。
誰かついてきて!!



人気blogランキング参加中。
そして、ランキング下落中!!
ワンクリックお願いします

posted by yu-ko at 10:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

2007年NHK大河ドラマは山本勘助

古いネタですが…2007年のNHK大河ドラマは山本勘助だ!!
嬉しいよ、オイラ嬉しい!!ヽ(≧∀≦)ノ
山本勘助とは武田の軍師で謎の多い人物。
彼は存在しなかった、という説や山本勘助という人物は存在したが、ただの兵隊だった。軍師として存在した。といろいろな説があるのだ。

そんな勘助がドラマ化!!

武田好きとしては見るしかないでしょ!!

でも、気になるのはキャスト…
今年の大河ドラマ「義経」のようなミスキャストは困るよ。
タッキーが義経ってあり得ないから!!(;´д`)ノ
あの顔で時代劇風の顔は似合わないよ…

勘助のドラマなら武田信玄や武田二十四将も当然
出てくるんだろう。

武田信玄は渡辺兼が一番イイ!!

無理だろうけどさ…

山県昌景か飯富虎昌は真田広之で!!勘助は竹中直人あたりかなぁ?

NHKよ、キャストはあたしにさせてくれっ!!

posted by yu-ko at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

武田菱の湯呑み茶碗

近所にある長崎屋でヒマつぶしに食器を見ていて発見した。
武田菱の湯のみ茶碗だ。
まぁ、武田菱のつもりでデザインしたんじゃないんだろうけど。

ところで武田菱ってなんだか知ってますか?

武田信玄の武田家の家紋です。
菱形が4つ集まったものでさらに菱形になっているのです。
だから武田菱なんです。

で、この湯のみ茶碗ですが赤です。
あたしの信玄のイメージはなのでまさにピッタリ!!
でも、武田菱が多すぎてウザイので買うつもりはありませんが(;´д`)ノ

ところであたしは武田信玄好きです!!
彼はとっても頭の良い人です。
政治にも優れていて治水甲州法度今でいう法律)を作ったりしています。更に戦いも非常に上手で戦略にも優れています。しかも、彼自身とっても強いのです

そんな信玄にメロメロですヽ(≧∀≦)ノ

posted by yu-ko at 21:39 | Comment(5) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

中井貴一の戦国ものってどうなの?

前にNHKの大河ドラマで「武田信玄」がやっていた。
信玄役は中井貴一だ。武田信玄がやっていた頃は信玄好きではなかったので見てなかった。
信玄役が中井貴一ってどうなの?信玄て感じじゃないよね?

あたしは信玄はやっぱり坊主の渡辺兼だと思う。
渡辺兼カッコイイ!!(≧∇≦)

そもそも、中井貴一が時代劇ってどうなんだ?
前に梟の城やってたけど、アレも見てないからあたしには
中井貴一が時代劇ってピンとこない。

DCカードのイメージしかないのだ。
DCカードが信玄ってどうなの?

この前TSUTAYAに行ったら「武田信玄」ビデオがあったんだけど、中井貴一だったから

レンタルせずに帰ってきっちゃった(* ̄▽ ̄*)にゃは
posted by yu-ko at 18:35 | Comment(11) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。