2013年04月22日

ついに!!

佐藤琢磨優勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

たまたま旅先で見始めたF1は2002年。
琢磨のF1デビューイヤーだった。
それから11年F1を去り浪人もしINDYへ。

ようやく琢磨の優勝が見れました。
長かったなぁ。

2010年09月21日

INDY JAPAN 三日目

三日目はちょっとゆっくり目に。
渋滞もほとんどなく、一箇所だけ数分ひっかかったぐらいでした。
メインゲート前で琢磨応援席のグッズを交換し、琢磨のLOTUSキャップを買おうと思ったら
どこのショップも売り切れでしたバッド(下向き矢印)土曜のうちに買えばよかった…

日曜も朝から暑くキャップなしはさすがに厳しく1,500円で売っていた
今更ながらSuperAguriのキャップを購入しました。笑
応援席でマシンパレードを見て、その後はあまりにも暑く少し木陰で一休み。

GTドライバーのトークショーがあるというので見に行って、その後はぶらぶら。
決勝前に戻ってきたのだけどホント暑くて暑くて…
前半はなんとかもったのだけど後半は暑くて頭痛くてほとんど見てられませんでしたたらーっ(汗)

琢磨は走りは順調ペースもなかなか良さそうでオーバーテイクを何度もしてたのだけど
イエローでピットに入る度に順位を落とし…
マトスやモラエス等、一度抜いたドライバーを何度もオーバーテイクするハメに。

オーバーテイクが見れるのは嬉しいけど、もっとピットが速ければ…と。
マトスなんて私の記憶にある限り3度はオーバーテイクしていた。笑
それでも無事に200周を走りオーバル最高位の12位フィニッシュ。
オーバーテイクの度にぶつからないかと実はヒヤヒヤしていましたあせあせ(飛び散る汗)

それ以外にもエリオ・ブリスコー・ダリオのバトルも凄かったグッド(上向き矢印)
私はエリオが好きなのでエリオがブリスコーに抜かれた時は(´Д`;)
なんとか優勝でき、生スパイダーマンを見れましたぴかぴか(新しい)
スパイダーマンになる為に走るエリオ。
P9190425.jpg

2周目のバゲットや後半のモラエスのクラッシュには本気でヒヤッとしました。
特にモラエスは壁にぶつかりながらターン2からターン3までいったし…
あの後、気付かなかったのだけどモラエスはドクターヘリで水戸市内の病院に運ばれたとか。
二人とも無事だったのが何よりです。

決勝終了後は琢磨が応援席前まで来てくれて、スパイダーマンになってましたw
応援席前まで来てくれた事がホント嬉しかった黒ハート
武藤くんもロジャーさんも完走。ロジャーさんのマシンはホント遅くて
決勝後のトークショーでも悔しそうでした。

トークショーの時の武藤くん・琢磨・ロジャーさん
P9190448.jpg
ロジャーさん
P9190451.jpg

3人とも応援してくれるファンのみなさんのお陰で頑張れたと。
INDY JAPANに出場した3人ともみんなファンサービスがとても良かった。
ロジャーさんは走ってる姿を見たのは今回のINDY JAPANが初めて。
今後もドライバーとして走れるといいなぁ。

今回の茂木でお世話になった皆様、ありがとうございました!
とても楽しいあっという間の3日間でした。
また来年茂木で!
タグ:INDY JAPAN

2010年09月20日

INDY JAPAN 二日目

土曜日はまずフリー走行一回目の写真を撮ろうと。
席でいうとA席辺りに行ったのですが、INDYは速すぎました。
とてもじゃないけど、私には撮れません。と早々に諦めました。笑

ピット出口が近かったのでピットから出る時だけ写真撮る事に。
グラハムのはなかなかいいのが撮れた!他は…
P9180098.jpg

しかしフリー走行開始15分ぐらいであっという間に琢磨が…
オイルパイプが抜けてオイルが漏れたそうですが。
P9180046.jpg

二回目のフリー走行の時はピットの裏に遊びに行ってきました。
琢磨走らないし〜と思って。
ホントにピットのすぐ裏まで行けるなんて凄いよね。こんな経験初めてです。
ベルトラン・バゲットとマリオ・モラエス。
P9180176.jpg
P9180181.jpg

二回目のフリー走行終盤で琢磨のマシンも修復完了。
たくさんの拍手に見送られてマシンはコロコロ転がされながらピットへ。
無事に修復されて、本当に良かった。体も無事だったようだし。

金曜は一人で茂木入りしましたが土曜は相方もるんるん
予選前に無事合流して二人でグラスタで観戦しました。
琢磨はあんなクラッシュがあった後なのに、予選は10番手獲得。
走った直後は7番手とシングルポジションか、と喜んだけどさすがにダメでしたね。
ポールはエリオぴかぴか(新しい)エリオ好きなので嬉しかったです。

土曜はもうちょっと人少ないかな〜と思ったけど、土曜もKVの辺りは琢磨ファンだらけ。
琢磨に会うのを諦めたら色んなドライバーに会えましたw
土曜は武藤くんにも会えたし。でもロジャーさんには会えないのです…
タグ:INDY JAPAN

INDY JAPAN フレンドシップデー

INDYを観に、茂木へ行ってきましたぴかぴか(新しい)
金曜のフレンドシップデーから行ったのですが、10時のサーキットサファリに
間に合わせる為始発の電車に乗り東京から新幹線で宇都宮へ。
宇都宮から臨時のサーキット行きバスで。

約4時間かけて行ってきました。長かった。そして眠かった。笑
サーキットサファリはまず琢磨からでした黒ハート
琢磨がかっこよすぎたのと想像以上にバンクが凄く、周りを走ってくれている
ストックカーも速くて興奮しすぎて何言ってたか忘れてしまいましたたらーっ(汗)
P9170001_2.jpg
2周目は武藤くん。
P9170005.jpg

サーキットサファリの後は琢磨・武藤くん・ロジャーさんのトークショーを見にグラスタへ。
三人ともニコニコ楽しそうでした。
その後はお昼を食べコースウォークへ。
凄かった!バンク!カメラで撮るとあんまり凄そうに映らなかったので
写真はナシですが、歩くだけで体が左側に傾いて右側は全然体重が乗らない。
ずっと歩き続けたらたぶん左側だけヒールが減るんじゃないかと思う程。

サイン会は一時間ぐらいまえに行ったらもうかなりの人数が並んでいました。
その多くは琢磨ファン。
サイン会が始まった途端に琢磨のところは行列…
スタッフの方がかなりの人数並んでいて、ほぼサインは貰えません!と連呼しているのに
どんどん増える人・人・人。スタッフは「他にもドライバーはいます!」とまで。

サイン会が始まって30分ぐらい経っても一向に進まない行列。
ホントに一歩たりとも進まないんだよ。
後で聞いた話によると最初の方に並んだ人達はサインだけ、って言ってるのに
写真撮っていたから時間がかかったのだとか…

琢磨と写真撮りたい気持ちは分かるけど、あれだけの人が並んでいて時間もないのに
自分が良ければそれでいい。と同じ琢磨ファンなんだから多くの人にサインもらってほしい
と思わないものなんだな、と…

サイン会の時に近くに並んでいた人がこんなメットを被ってました。
せっかくなので、写真を撮らせてもらいましたるんるん
松本カメラマンもこのメットを被らせてもらってました。笑
P9170033.jpg

サイン会はギリギリで、なんとかサインを貰え横浜土産の「勝サブレ」も無事渡せました。
なんとか時間をとらせないようにと早口で言ったので伝わったかどうか…笑
ちなみに勝サブレの勝は勝利の勝ではなく勝海舟の勝なんですが。

サイン会中の琢磨。
P9170037.jpg

残り3分ぐらいでしたがEJヴィソと、大好きなエリオのところへ。
真っ黒なサングラスをかけたエリオはギャングのように怖かったです。
EJヴィソはThankyou!と言うとニコッと笑ってくれていい人でした。
P9170042.jpg

この日は残念ながらロジャーさんと武藤くんには会えませんでしたバッド(下向き矢印)
ロジャーさんは見かけはしたものの、遠くて声かけられなかった…
長くなったので続く。。。

2010年06月21日

☆SuperGT第四戦セパン☆

荒れたね、セパン。
今日は父の日なので実家に帰っていて、生ではなく録画で見たので
書く気はなかったのだけどこれだけ荒れたら。笑

序盤は伊沢くん!
オーバーテイクもサクサクと。
今までの”伊沢劇場”が染み付いているせいか彼がバトルモードに入ると
ついつい「拓るなよ」と思ってドキドキするんだけど。

今年はエースになってホントに安定したね。
去年はそれなりに安定していたけど、おとなしくなりすぎて
こんなの伊沢くんじゃない、と思ったけど今年は安定しつつも
オーバーテイクもキッチり決めて。いやぁホント成長したぴかぴか(新しい)

RAYBRIGはトップでピットイン、山本くんに代わって後ろから
CALSONICがきているもののアウトラップはしっかり抑えてくれました。
が、2周目だったかね。ロニーにいかれてしまいましたたらーっ(汗)

その後一旦離されるもののすぐに追いつき、オーバーテイク
できそうな感じがしていたのに、ロニーにジャンピングアタックexclamation×2
RAYBRIGは順位を下げつつも走行していたら今度はMOTULの
ベンちゃんに追突され…

その後ろはARTAにウィダーにKEIHINのHSV勢。
井出っちのペースは全然上がらずウィダーにもKEIHINにも抜かれ
おまけにピットイン。どうしたのかと思ったら熱中症だったようですあせあせ(飛び散る汗)

一人で降りれないぐらいでマシンから引きずり出され…
ARTAのtwitterによると、医務室で処置を受け無事なようで何より。

300も各所でバトルがあり、やっぱり谷口さんのオーバーテイク
JIMGAINERをオーバーテイクしたところはホント凄かったですね。
後半ではハンコックをAXIOの国本くんが押し出してドライブスルーと
終盤は500も300も、バトルペナルティだらけでした。

荒れてなかなか面白いレースだった。
とりあえず、伊沢くんの相棒山本くんは第二の伊沢くんみたいです。笑
セパンでやらかす辺りとかね。。。

2010年05月31日

☆INDY第六戦−インディアナポリス−☆

デイビー・ハミルトンが一周目にして単独スピン。
最初から既に波乱の幕開け。
8周目ブルーノ・ジュンケイラがスピン。琢磨の目の前、危なかった〜!
ジュンケイラのオンボードが流れてたけど、琢磨ホントギリギリあせあせ(飛び散る汗)
猛スピードで横を駆け抜けていったよ。

40周ぐらい?ウィル・パワーとダリオ・フランキッティが同時ピットイン。
先にダリオが出て、ウィル・パワーは給油口刺さったまま飛び出し
バネみたいなのつけながら走ってましたね。
そしてペナルティをくらい…普通にピットアウトすればよかったねw

65周目ジョン・アンドレッティ単独クラッシュでイエロー。
そしてピットでスコット・ディクソンがタイヤがとれて
ピットロードでストップ。ラファエル・マトスも誰かと接触したのか
ピットロードで逆向きでストップ。

ぶつかったのかと思ったら、リプレイで単独でしたね。
ディクソンはスタート直後に左フロントがポロッって…
73周目、そのラファエル・マトスが単独クラッシュ。
リアがぐちゃぐちゃ…

106周目にしてヴィトール・メイラがスローダウンでイエロー。
リスタートでトニー・カナーンは3番手!
この人、最後尾からスタートしたのになんだこれ。
琢磨もあんまり映らなかったけど、地味にポジションをあげていると
思っていたのに121周「佐藤琢磨が7回ピットで2周遅れ」って。

そんなにピット入ってるんならもっと早く教えてくれ(´Д`;)
そしていつの間にか武藤がマシンを降りてますって。
それもちゃんと教えてくれたらーっ(汗)

146周、エリオ・カストロネベスエンスト。。。
ウィル・パワーもピットちょっと先に停まってしまいタイムロス。
周ライアン・ブリスコーがピット後単独でイエロー。

ここまで一生懸命見たものの琢磨が周回遅れと知りテンションバッド(下向き矢印)
ほとんど垂れ流し状態で見ていたのに、最後の最後で大クラッシュ。
突然マシンが吹っ飛んでるのが見え思わず絶叫してしまった。

何よりマイク・コンウェイが無事のようでなによりです。
コンウェイはヘリで病院に運ばれたようですね。

今回はイエローが多く、久々にINDYらしい感じでした。
私の中ではイエロー多発がINDYのイメージなので。
レース後の琢磨のインタビューは電波が悪く何を言っているのか
よく分からなかったけどピットトラブル?

解説の孝亮さんはINDYで捨てバイザー7枚もつけてたとか。
7枚もつけてると、デフォでボヤけてよく見えないって
そんな状態でレースしてるなんて恐ろしいね!笑
タグ:INDY

2010年05月09日

☆INDY第五戦カンザス☆

11番スタートの琢磨。
スタート直後はガシガシと抜かれ、あっという間に19番手。
やっぱり初オーバルのローリングスタートは難しいかぁ〜と
少しテンションが下がったものの今度は気がつけばオーバーテイク祭り!

あっという間に11番手スタート時の順位まで戻ってきました。
そして45周目でピットイン。今日もコーションないねぇ。

Dixonは速かったですね、約70周経過したところで14番手を
走行していたDanicaを周回遅れに。このペースでいくと
いったい何台が周回遅れにされる事やら。

その直後Visoがウォールに当たり今回初のイエロー。
よく見てなかったのだが、琢磨と武藤がピットアウト時に
何かあったようで武藤は激怒、琢磨はピットロードを
コースアウト。ピットロードからはずれるのはコースアウトでいいの?

リプレイを見るとMilkaとDan Wheldon?に挟まれMilkaに
押し出されたような感じ?琢磨はもったいないが再ピット。
武藤はよく分からんが、誰かがずるした!と無線で大激怒。

その後コース上にパーツが落ちてるという事で2回目のイエロー。
琢磨・武藤共にピットストップで順位を2つあげ武藤は4番手。
リスタート後は琢磨なんと8番手ぴかぴか(新しい)

武藤はHelioとバトルしてたけど、今回はいい走りしたね!
私の中で武藤はそれなりにいいところ走る時もあるけど
どんどん抜かれていくイメージなんだけどよく抑えたグッド(上向き矢印)
おまけに3番手のTony Kanaanにまで襲いかかって。

残り35周、琢磨はなんと6番手パンチ
残り26周ぐらいで琢磨ピットイン、10番手で復帰。
残り24週武藤とKanaanが同時ピット、順位変わらず。
そしてなんとなんと、残り22周でイエローexclamation×2

琢磨ピット直後のイエローで最悪のタイミングですねたらーっ(汗)
残り15周でリスタート!したと思ったら琢磨と武藤接触バッド(下向き矢印)
ロジャー安川が「今回はゴールを目指して頑張ろう」孝亮さん訳。
って言った直後だったのに。。。

孝亮さんが言うには周回遅れのSimonaがもっとイン寄にいないと
いけなくて、行き場の無い武藤がアウトへ、後ろにいた琢磨と接触。
それで終了してしまったけれど、その後のインタビューでは
悔しそうではあったものの楽しかったみたいだし
初オーバルですぐにいい結果が出るとも思ってないし、まぁいいか。笑
タグ:INDY 佐藤琢磨

2010年04月25日

☆INDY第四戦ロングビーチ☆

今回のロングビーチはRyanHunter-Reayの圧勝でしたね。
そして何よりもびっくりなのはイエローが一度しかなかった事。
今まで何度かINDYは見てきましたが、イエローが一度なんて
初めてみた気がします。いつもいつも何度もイエローになって
その度にピットで順位が入れ替わり状況がサッパリ、というのが
私にとってのINDYだったので…

RyanHunter-Reayも凄かったけど2位走行中にAlexLloydに追突された
JustinWilson、最後は燃料切れで止まってしまう程燃料ギリギリだったのに
しっかりと2位まで追い上げて、しかもオーバーテイクする時も
サクッとキレイに抜いていって。

私がINDYを見始めたのは2年前だったかな?
その時も途中はそれなりにいい位置にいるものの、結果は…
みたいな感じだったのに、彼はINDYでどんどん実力つけてますね。

F1にいた頃は、背が高いぐらいしか話題にならなかった気がするのにw
琢磨は今回いいところが何もなく、強いて言えば今回こそ
完走した。という事でしょうか?

前回も一応”完走”ですが20周以上周回遅れでしたからね。
走行距離は伸びたものの、そろそろ。と思わなくもないですが
次からは初体験のオーバル。また苦戦するんでしょうか?

2010年04月18日

ようやく完走

INDYの話をずっと書こうと思いつつ常にリタイアしていたので
なんとなく書けなかったのですが、第三戦にしてようやく完走。
開幕戦では1コーナで接触して終了、第二戦ではブロックしようとして
25周ぐらいでクラッシュして終了してしまいましたね。

第三戦は予選6番手スタートでダリオに抜かれ7番手に落ちたものの
その後は何もなく走っていたのにスロットルケーブル?が切れ
マシンが止まってしまいましたたらーっ(汗)

これでリタイアかと思いきやマシンを牽引してもらいピットへ。
その後全然動きがないので、リタイアかとほとんど垂れ流しにしていたら
突然琢磨がコースに戻ってきたのでビックリしました。笑

20周遅れぐらいでしたがその後は特に何もなく初完走。
最後の方でシモーナだっけ?が目の前でクラッシュして
危うげなところもありましたが。

レースはエリオ・カストロネベスが優勝。
やっぱりウォール?に登ってましたね!
マルコはかわいそうだったね〜ピット後にフルコースコーションだし。笑

これからロングビーチがあるので今度は普通に完走してほしいですね!
そしてロングビーチのあとはインディアナポリスでようやくオーバルぴかぴか(新しい)
INDYといえばやっぱりオーバル、楽しみだな〜

2010年03月29日

D1GP開幕戦お台場

先週の土日お台場でD1GPシリーズ開幕戦、エキシビジョンと見に行ってきました。
土曜日は久々のお台場でのシリーズ戦。
私は一昨年から見てるので初のお台場でのシリーズ戦でした。

単走トップはもうさすが、というかやはりというか川畑ですぴかぴか(新しい)
100点男だし100点でいいじゃないかと思うんだけど99.93だそうです。
もうほぼ100じゃん。笑

相変わらず角度が凄い事になってますが、高得点をたたき出した後の
コメントが「普通に走っただけです」って余裕すぎです。

土曜日は手塚さんがあまり調子がよくなくベスト16で敗退。
アリストからスープラに乗り換えたMAX織戸はカッコよかった〜!
去年は時々凄い走りを見せるんだけど、基本やりすぎちゃって
突っ込んで終了みたいなパターンが多かったのだけど
今までなら「あ、これ突っ込むな」と思ったら大抵はそのとおりに
なっていたのに今回は、あまり突っ込まなかったです。笑

そして去年ぐらいから一気に調子上がったな〜と思う日比野。
土曜日も準優勝でした。さすがに決勝はチャンピオンの陽一で
負けてしまいましたがパワーがない中、準優勝までするのは凄い。

日曜日のドリームマッチ、ファンが見たいドライバー対決では
末永正雄・直登の兄弟対決で正雄が敗退。
侍と対決した手塚さんと、直登が対決。

これが、なかなか良くてサドンデス3回!
その末に直登が準決勝進出。
しかし準決勝と言っても何故か直登vs陽一、日比野vs陽一ですw

トーナメント表を見てもらえば分かるのだけど、ファンが選ぶ
ドライバー対決なので、同じ人が2度走ったりしてるんです。
手塚さん・陽一・MAXなんかは2回走ってた。
おまけに準決勝の前のベスト8も陽一vs織戸が2回もあったし。
ドリームマッチだから、なんでもありらしい。笑

D1GP日曜日レポート

結局どちらも陽一が勝ち陽一が二日連続優勝でした。
直登は正雄・手塚さんとの対決の時は時々角度が浅いものの
結構ビタビタについていっていい感じでした。
が、陽一との対戦ではストレートで既に陽一に離され
そこから焦ってしまったのか、角度も浅いは接近できないはで
ちょっと悲惨な対決となってしまいましたたらーっ(汗)

陽一の二日連続優勝も凄いけど、日比野の二日連続準優勝も凄い。
日曜は途中でマシンが壊れてしまいハチロクではなくSCだったんだよね。
ハチロクと比較するとだいぶデカイSC。
走り始めはもうひどかったけどあれでよく準決勝までいったもんだ。

終了後に漸く日比野に会え、去年のお台場で撮った写真に
サインをもらったのだけどその時の対決、日比野は負けたらしく
「こん時負けたんだよな。嫌な写真持ってるな〜笑」って…

私はすぐに忘れちゃうけど、ドライバーは一年前の対決でも
しっかりと勝敗覚えてるもんなんですね。
日曜日は終了後にいろんなドライバーに会えてサイン貰えたし
なにより、いっぱい話ができて楽しかったですぴかぴか(新しい)

P3270814.jpg
時ちゃん
P3270839.jpg
クマ
P3270912.jpg
手塚さん
P3271147.jpg
正雄・高山

その他の写真はコチラ

2010年03月22日

SuperGT開幕戦鈴鹿−写真−

今回は1コーナで。
Kraft SC
P3200186.jpg
BOMEX LIAN BOXSTER
P3200134.jpg
KondoRacingとGaraiya
P3200162.jpg
KEIHIN
P3200176.jpg
RAYBRIG
P3200266.jpg

その他写真はコチラ

SuperGT開幕戦 鈴鹿

500はHSVデビューポールのウィダー、小暮くん。
スタートは死守したもののトップで戻ってくると思ったのに…
130Rでコースアウトしたようでだいぶ後方で戻ってきたよたらーっ(汗)

RAYBRIGの伊沢くんは初のスタートで7番手でスタートしたのに
順位を落として戻ってきた。序盤はタイヤがうまく温まらなく
ペースが上がらなかったようです。

決勝前は雨が降ったりスタート後も降ったりやんだりだったので
路面が滑りやすかったのか1コーナでは何台も滑ってましたね。
4周目あたりでトップにたったKraftは独走状態。

予選でうまくいかなかったTOM'Sはいつも通りアンドレがスタートでしたが
雨がちらっと降ったからなのか怒涛の追い上げ。
やっぱりさすがだね、アンドレは…

そして11周目、現地ではよく状況が分からなかったEPSON・ARTA・ウィダーの
HSV勢の事故。真ん中にEPSONアウト側にARTA、イン側にウィダー。
映像で見るとARTAがEPSONよりに、EPSONはいくところがなく…

ウィダーは後ろからARTAは前からバリヤーに接触し・大破。
バリヤーは炎上。

現地で見てた時はマシンが燃えたのかとヒヤヒヤしました。
ラルフはすぐに自力で出たものの小暮くんは出てこず。
決勝後にドクターヘリが飛んでたけど、小暮くんは病院行ったのか?

19周目130Rで飛び出したKONDOのオリベイラ、コースアウトするも
復帰、順位もキープ。ENEOS,TOM'Sにホームストレートで
抜かれそうになるもキープできるって凄い。

独走状態だったKraft、ピット後全くペースが上がらず
テレビで見てみたら300にすら抜かれる程遅いってあせあせ(飛び散る汗)
あれはかわいそうだったよね…まぁしょうがないけど。

後半はZENT、KEIHIN、TOM'Sの三つ巴。
ZENTは王子だしKEIHINは広大くん、だいぶ王子と広大くんの差が
詰まっていたけど、王子だし無理だべと。
思ったのに広大くんは突っ込んでいきましたね…
完全に突っ込んで押し出してたね。そのせいか王子は1コーナで
飛び出すしゴールせずピットに戻っちゃうし。

結局上位に来たのはピット引っ張ったKONDO、ENEOS、RAYBRIGでしたね。
序盤伊沢くんのペースの上がらなさはひどかったけど。
作戦勝ちって感じですが全くもって目立った活躍がなかったね。
やっぱり伊沢劇場見ないと面白くないよね。
いい結果だったからかレース後は珍しくご機嫌だったけど。

そして凄く久々のENEOS。
去年、何度もいいところに来ながら作戦ミスやらマシントラブルやら
何かと運が悪く表彰台逃しまくった大輔さん、ようやく結果出たね。
もう一台の運の悪いCALSONICは今年もリタイアだったけど…

KONDOは予選でオリベイラがマシンぶっ壊してしまって近藤監督は
怒り心頭だったけど、凄かったね。
タイヤ無交換作戦もピッタリハマッてね!
去年辺りからKONDOってなんだかチーム力がついたというか
いいチームになってきた感じがしますね。

安田くんは2勝目だったからなのかウィニングランをせずに
ピットに入ってしまってメディアやマーシャルに
バックしてウィニングランしろよ、みたいなジェスチャーを
されてたけど結局ピットに戻っちゃったねw
ちょっと可愛い揺れるハート

500ばっかり書いてしまったけど300はRE雨宮がのポールスタート。
スタート後はコースアウトしたりしてたけど、なんだかんだで優勝。
雨宮の谷口信輝は今年Civicレースにも参戦し土日とも
Civic・GTの1日2レースというかなり辛そうなスケジュールでしたが
Civicでもポールtoウィン、GTもポールtoウィン。凄すぎです!

500は若い子がいっぱいで今年も楽しみですねぴかぴか(新しい)

2009年11月10日

SuperGT最終戦もてぎ−日曜日−

日曜日はホテルを7時半頃出て8時すぎぐらいに到着予定が…
やっぱり決勝の日は渋滞するんですね〜
10kmぐらいたらたら走っていたお陰でフリー始まるちょっと前に到着。
本当は初めてのサーキットだったし昨日の最終コーナ付近とは
別なところに行って写真撮りたいなぁ〜なんて思ってたんですが。
結局最終コーナー付近になってしまいました。笑

相変わらずフリーでもARTAは好調。ミクちゃんとこもなんとかと思っていると
サーキットサファリ走行中にミクちゃんが戻って来ない!
オカシイな〜後で聞いてみようと思いつつピットウォークは激混みで
TOM'Sの辺りで断念してしまいました。早すぎ?笑

いざ始まってみたらミクちゃん数周でリタイア…
後で聞いたところドライブシャフトがねじれて?しまったのだとか。
初ポイント獲得したばかりで、期待しただけに残念ですたらーっ(汗)
しかも数周って…確か3周、4周とかで終わっていたような。

ARTAは1周目の2コーナーで早速TOM'Sに抜かれる。
ストレートでもうだいぶピッタリだったしNSXはあまり
ストレート速いイメージがないのでヤバイなぁ〜と思ってましたが。

あまりにもサクッといかれてしまいテンション下がりまくりバッド(下向き矢印)
ただARTAは土日フリーも予選はもちろんポールだから最速ですが
速かったのでなんとかラルフの間に抜いてくれれば、と。

1周目の3コーナで次生くんスピン。
次生くんも好きなドライバーの一人なので、最後の最後まで
本当についてないなぁ、と更にテンションは下がる。笑

MOTULとZENTがやりあっていたが、90度コーナでインに入り4番手浮上。
しかし、ベンちゃんの飛び込みっぷりは凄かったですね。
最終コーナ付近で見ていたので現地では見れませんでしたが…

MOTULが途中タイヤバーストしたのはピエールさんが放送してましたが
そのままガレージへ入ったのでどうしたのかな?と思ってましたが
実際テレビで見てみると凄いですね。タイヤが回転するごとに
フェンダー?がボロボロとはげ飛んでいく姿は…

ARTAはピットをひっぱり、拓ちゃん交代時にトップに浮上。
その後300のJTRUSTが5コーナでエンジンブロー。
オイルがコースに漏れていたらしくMOTUL等コースアウト続出。

せっかく多少稼いだマージンもSC投入で…
後ろは寿一、前は拓ちゃん。
大事な時程やらかす拓ちゃんなので、リスタートは見たいような
見たくないような気持ちでした。見ましたが。笑

確実にチャンピオンをものにしたいのか何事もなく。
その瞬間とてもホッとしました。GT見初めて二年ですがその間
悉く大事なところでやらかしてきた拓ちゃん。

今年は少し大人になったようです。笑
由良さんは「伊沢劇場が見たかった」と言っていましたが。
確かに今年はアグレッシブな感じは少なかったのが非常に残念です。
来年は更に大人になってアグレッシブ差も戻るといいんですが。

そしてそのままfinishしなんとか生で表彰台に上がる
拓ちゃんを見る事ができました。二年、サーキットに通って初です。笑
ようやく一番見たかったものが見れましたぴかぴか(新しい)

しかしレース後の拓ちゃんは不機嫌なのか元気がないのか。
優勝したから機嫌良さそうなものなのに。非常に残念でした。
拓ちゃんとは対照的に亜久里さんは超ご機嫌でしたるんるん

来年はチャンピオンに!と言ったら
「そうだね!頑張るよ!全戦全勝するよ!」と。
電気系でリタイアしないように祈っておきます。笑

そんなこんなでレースだしどんなサーキットでも楽しめますが
やっぱり初めてなので勝手が分からず、苦労しました。
駐車場は遠いし、ループバスは終わる時間早いし…
遠いけどやっぱり一番慣れた鈴鹿が楽です。笑

とりあえず来年の開幕戦、鈴鹿までレースはしばらくお預けです。
寂しいですね。これからもモータースポーツ界は厳しそうな感じなので
来季の体制が発表されるまではちょっとドキドキです。

コレを見るまで、本当に長かった…
PB087779.jpg
仲がいいらしい広大くんと拓ちゃん。
PB087783.jpg
広大くんめっちゃかけまくってました。
PB087784.jpg
やっぱりイジラレキャラですね。
PB087787.jpg

2009年11月09日

SuperGT最終戦もてぎ−土曜日−

SuperGT最終戦もてぎに行ってきました。
今回はGT初観戦という相方を連れて。
連れてと言っても実際に車を運転するのは相方ですが。笑

土曜日は寝坊しサーキット入りしたのは10時半ぐらいだったかな?
既にフリーが始まっていたので、ストレートの最終コーナよりで観戦。
ARTAはフリーで3番手、ホンダのホームコースだし期待できそうでした。
ミクちゃんとこもフリー走行7番手グッド(上向き矢印)

フリー走行終了後はピットウォークへ。
ロイックが出ていたのでFポンシリーズチャンピオン、おめでとうと言ったら
日本語で「ありがとう」と。日本語喋ってるの初めて聞いた。笑

その後少しパドックをうろついてからグラスタへ移動し予選観戦。
予選1回目では7番手だったミクちゃんのところもノックダウンで
なんと19番手で終了してしまいましたたらーっ(汗)
途中から参戦しているR&Dレガシーも残念な結果に。
飛びぬけて遅いので仕方がないけど…

500はARTAがポール!
今までで生観戦した中でベストリザルトですグッド(上向き矢印)
RAYBRIGは11番手。今年一度も表彰台に乗っていないRAYBRIG。
井出っち好きとしては寂しい限りです…

広大くんのところはノックダウン2回目で終了し9番手。
晃平くんは8番手、ROCKSTARは6番手。
ROCKSTARも今年は全然良くなかったよね…
ついてないと言えばIMPULとENEOS。IMPULは10番手、ENEOSは3番手。

予選終了後にはウロウロしてドライバーと写真撮ったり。
相方はドライバーには興味がないので、専属カメラマン化してました。笑

泊まりは水戸のホテル。チェックイン後、近所の焼き鳥屋へ。
ここが凄く美味しくて砂肝刺というのを初めて食べましたぴかぴか(新しい)
生で食べられるなんて知らなかったのでビックリしました。
わさび醤油で食べたんだけどコリコリしてて美味しかった!

自分で作らなくていい喜びと美味しさで2倍美味しいね。笑
PB076801_2.jpg

2009年10月18日

SuperGT第8戦AP決勝

ロッテラーが抜群のスタートで2台かわし2番手に。
ZENTはトップを守りIMPULが3番手、4番手にMOTUL。
ARTAもENEOSを交わし5番手に浮上グッド(上向き矢印)
しかしARTAはGTRからどんどん離され、逆にENEOSは追いついてくる…

300が間に入ってきた頃、500同士の差が詰まりARTAはENEOSに
1コーナーでいかれてしまったものの、MOTULとENEOSが
やり合っている間にARTAが追いついて三つ巴。

マッハ号が三つ巴の間を走っているところ、ラルフが!!
うまい事ENEOSを交わしてくれましたぴかぴか(新しい)
やっぱりラルフはいいドライバーだね。

RAYBRIGとENEOSがやりあっている時、前にいた300に接触したようで
ENEOSは左フロントがかわいそうな事に…APでもついてないENEOS…
トップを走るZENTと2番手を走るTOM'Sが同時ピットイン。

途中まではよかったものの、エンジンがかからないって言ってたけど
残り20周ぐらいで解説の飯田さんが「38号車、何かありますよ。
後輪回ってたって事はエンジンかかってたって事ですよ」
と言い出し、しばらくして38号車に30秒加算のペナルティ。
飯田さんてあんまり意識した事なかったけど、声は低くて聞きやすいし
解説も的確で分かりやすくていいね。

ZENTはTOM'Sに先行を許し先にピットインしていたMOTULにも前を行かれる。
MOTULにはピッタリくっついてて、抜くのも時間の問題かと思ったが
予想より早くあれは1コーナー過ぎ?でインに入ってサックリ。
やっぱり王子凄い!!けど、ホントあのペナルティが残念たらーっ(汗)
残り数周でスピンしちゃうし…王子、復活ならず。

ARTAはピット後9番手ぐらいを走行。
途中までは3番手か4番手ぐらいだったのに何かあったのかなぁ。
終盤にかけて拓ちゃんはZENTの脱落等により4番手まで復帰。
前を行くのはHIS KONDO、なんとか抜こうとホームストレートで
鼻が出るぐらい前に行ったんだけど、オリベイラのブレーキングが
遅く、それに合わせた拓ちゃんは膨らみオーバーテイクできない上
後ろにつけていた小暮君にもいかれてしまった…

あぁ…またか。と思ったよ。富士の優勝はなんだったのかと。
思ったけどそれでも残り2周ぐらいでまた追いつき小暮君をオーバーテイク。
さすがにKONDOまでは抜けなかったけど。ホント良かった。

300はAxioの井口くんが若々しさを見せトップを伺うも
Garaiyaの新田さんは譲らず、2番手。井口くんは元気があっていいね。

Garaiyaのペースがどんどん落ちJIMGAINERやらなんやらに抜かれ…
RX7にも抜かれと凄い混戦でしたね。
Axioは国本くんに代わってJIMGAINER10号車と接触したようで
せっかく4番手は知っていたのに残念だったね。

weds sportsがずっとJIMGAINER11号車、平中をずっと抑えていて
もう優勝かと思っていたけど織戸はスピンして結局3番手。
それでもポイントランキングは単独でトップ。
ポイントランキング2番手は今回優勝のJIMGAINERとgaraiyaが7ポイント差。

500も300も終盤バタバタバタバタしてたね。
Fポンの時はやたらと淡々としたレースだったけど、GTでは300と500の
絡みもあってかなかなか面白かったですね。

それよりミクちゃんとこドライバー変わったの?
馬場さんてpokkaの時3番手ドライバーだった人だよね??

2009年10月17日

SuperGT第8戦AP予選

王子、戻ってきたー!ヽ(≧∀≦)ノ
GT500ポールはZENT、立川祐路。
なんだか今年は王子らしくないというか結果が全然残らなかったですが
久々に今回は王子がポールですぴかぴか(新しい)
解説の人、飯田さん?が言ってたけど今回はSC勢はS3が速いんだとか。

解説の人は「絵になりますね、一人でピット歩く姿も」と。
そりゃ王子だもん、ちょっとシャクレだけど…笑

GTRはまぁ普通に速いですがNSXはAPはあんまり向いてないんですかねぇ。
SL進出はARTAとRAYBRIGのみ。今年はARTA以外ホントなんかダメですね…
そのARTAもポイントランキングトップのMOTULと10ポイント差。

今シーズンはもうダメかと思っていたけど前回の富士で優勝し
チャンピオン争いのできる、実質2位まで浮上グッド(上向き矢印)
APではMOTUL、TOM'Sの前に出たいところですが6番手。

MOTULは3番手TOM'Sは4番手と…APは抜き辛いところ、らしいので
ちょっと厳しそうですね。ラルフに頑張ってもらわないと。
IMPULの次生くんはウォーミングアップでスピン。
凄い白煙をあげ、クルクル回ってました…

もうさ、今回も次生くんダメなのかと思ったよたらーっ(汗)
しかしスピンもなんのその、気迫の走りでトップ!
にたったのもつかの間、王子に抜かれてしまいました…
残念だけどFポンでもGTでも全く結果の残らなかった今シーズン。
なんとか頑張ってほしいものです。

3チーム同ポイントでトップのGT300。
2番手(だと思う)出走のCOROLLA Axioの井口くんがトップタイムグッド(上向き矢印)
誰も井口くんのタイムを越えられず、井口くん国本くんの若いコンビが
初ポールかと思いきや、一番最後に出走のARTA Garaiya。

高木真一さんめっちゃ速かったぴかぴか(新しい)
最後の最後でAxioのポールはなくなりGaraiyaがポール。
同じく63ポイントの紫電は4番手、MOLAは6番手。
300の方もポイント争いがいい感じに激しくなりそうな順位。
もう残すはあと2戦。どこがチャンピオンになるのか500も300も楽しみですね。

先週の土曜日にMSJに行ってきて、初めて新田さんと会話したんですが
あの人いつも機嫌悪そうな顔に見えて近寄りがたいイメージだったんですが
話してみたら別に普通にいい人でした。笑

2009年09月27日

Fポン最終戦SUGO

塚越くんがスタートに微妙に失敗。
ロイックも小暮くんに抜かれる。
ロイックのスタートが下手なのか最近小暮くんが上手くなったのか…

次生くん・ベンちゃん・国本くんと並んでいたところ
ベンちゃんが次生くんをパス。ついでに、と国本くんも次生くんをパス。
なかなか美味しいところを持っていきました、国本くん。笑

その後はロイックと塚越くんの攻防。
土屋さんが塚越くんの事を
「コース上で誰よりもアグレッシブでコントロールが上手い。」と
言っていたけど本当にこの子はアグレッシブだよね〜

この二人がやり合ってると今度は石浦が!
その間にロイックはスルスルと前へ。

小暮くんは雨が降り始め、すぐにピットに入りレインへ交換。
その後しばらくして雨が弱まったのか(TVじゃよく分からん)
またピットへ入り小暮くんはスリックへ交換。

しかしその後、土屋さんとピエールさんが「雨強いですよ」と…
悉く小暮くんはついてないようです。笑

石浦がスピン。ベンちゃんに軽くつつかれてクルッといったように
見えたんだけど気のせいだったのかな。
その直後ロイックが馬の背で止まりきれずコースアウト。

ロイックはコースアウト後ピットへ入りレインへ交換。
その他も続々とピットへ入りレインへ。小暮くん…(。-人-。)
トップは塚越くん、2位にはベンちゃん、アンドレと。

塚越くんはスリックでどんどんベンちゃんに詰められる…
同士討ちをしてGTでの初優勝がまぐれだったのかと思わせる拓ちゃんが
レインを履いてひたひたとアンドレの後ろに。

後半はバトルが多くて…書ききれませんが。
石浦と塚越君のバトル、1コーナー?で塚越くんがアウトからオーバーテイク。
キレイなオーバーテイクでした。

去年はルーキーオブザイヤーを獲得した平手くん、今年は
あまり目立たなく今回もあんまり映らなかったですが…
ひたひたと12番手から這い上がってなんと3番手表彰台獲得ぴかぴか(新しい)

拓ちゃんは気がつけば11番手と今年はやはり開幕戦で終了。笑
気がつけば優勝はロイック。んーロイックの優勝はなんだかつまらないね。
今年は一年通して速かったのはロイックだけじゃないかなぁ。

ベンちゃんも前半はとても速かったけど後半になるにつれ
前半以上にNAKAJIMA RACINGの速さが増してきて、そして
なんだか不運なベンちゃん…が多かった気がします。

そしてポイントランキングは1・2・3と外国人勢。
Formula-Nipponなのに外国人勢。日本人、もっと頑張らないとね。

2009年09月13日

伊沢拓也SuperGT初優勝

拓ちゃん初優勝!ヽ(≧∀≦)ノ

嬉しいけど、生で観たかった…
去年からずっと拓ちゃんの初優勝を見るためにサーキットに行ってたのに。
たぶん生表彰台すら見た事ないのに。いつもリタイアとか下位finishばっかり。
あー嬉しいけどショック。行こうと思えば行ける富士なのもショック。
オートポリスとかだったら遠いから諦めもつくのに。。。

ARTAは予選二番手のタイムを出すもエンジン交換で10グリッド降格。
12番手スタート。ポールはEPSONのロイック。
スタートではロイックが出遅れ1コーナーでENEOSのビョンちゃんに
追突されスピンし後退。そのビョンちゃんはトップにたった
TOM'Sのロッテラーをかわしトップに。

12番手スタートのARTAは怒涛の追い上げでトップにぴかぴか(新しい)
セクター3は本当に速くてインからスルッとオーバーテイクは
本当に凄かった。2番手はTOM'S。

TOM'Sが先にピットインしARTAは翌周ぐらいにピットイン。
TOM'Sよりも約6秒時間がかかったもののトップでコースイン。
しかしTOM'Sと差がなく、寿一にオーバーテイクされ2番手に後退。

アウトラップだったのにそれほどTOM'Sに差をつけられずに頑張った拓ちゃん。
タイヤがあったまってきてからはどんどん差をつめDUNLOPかな?で
ラルフばりにオーバーテイクしてトップにグッド(上向き矢印)

トップに立ってからも安定して周回を重ね、ARTA今季初優勝ぴかぴか(新しい)
拓ちゃんSuperGTで初優勝。ホント嬉しかったけど、なぜ
家でテレビで拓ちゃんの初優勝を見なきゃならないのか…笑
ショックというか悔しいというか優勝は嬉しいけど複雑な気分です…

拓ちゃんの初優勝で頭がいっぱいで、他はよく覚えてないや。笑
300はFinalLapでDAISHINとJIMGAINERが凄かった。
あんなにガツガツぶつけていいものなのか。箱って凄い。

500では2番手を走っていたTOM'Sと3番手を走っていたMOTUL。
途中までやりあってたものの少し差が開き、このままかと思いきや
残り2周でベンちゃんが最終コーナーで仕掛けTOM'S3位転落。

表彰式では中央で超笑顔のARTA二人に、2位のMOTULも笑顔。
3位の寿一は物凄い険しい顔してました。笑
今年もMOTULがチャンピオンだとつまらないな…

2009年08月30日

FNチャンピオン決定

ポールは小暮くん、2番手は拓ちゃん、3番手には塚越くんと
トップ3までがホンダ勢。4番手にTOM'Sのロッテラー。
スタートでは小暮くんが出遅れ、スタートが良かったのは拓ちゃんとロッテラー。

4番手から2番手までポジションアップし3番手に小暮くん4番手に塚越くん。
その後も拓ちゃんは順調にとばしロッテラーとの差を広げる。
15周ぐらいまでは見てたんだけどなんか眠くなってきちゃって
気がついたら昼寝していました…たらーっ(汗)

起きたら大半がピットが終わっていて残すはブノワと拓ちゃんぐらい。
ブノワも何があったのか、ピットが長く次の拓ちゃんも右フロントの
ナット?がはずれないのかはまらないのか時間をロス。

せっかくトップを守っていたのに…虚しく9番手とか10番手ぐらいの下位で復帰。
寝起きだからよく覚えてないけど。初優勝かと喜んだのに残念。
2ピットストップだった大嶋くんやライアンが2度目のピットに入った事により
最後尾を走っていたロイックがなんと3番手まで浮上ぴかぴか(新しい)

塚越くんも拓ちゃんの後ろを走っており、ピットかピット後に
何かあったのかなexclamation&question終盤ペースが上がらずピットへ。
解説の土屋さんが塚越くんは速いけどオートポリスで一番縁石を
使ってるしマシンに何かあったのかも。と言っていましたが
結局サスペンションが折れてしまったとか…

小暮くんはスタートでトップを明け渡したもののピット後はトップに浮上し
そのままトップでfinish。2位にはロッテラー、3位ロイック。
ブノワは8位、拓ちゃんは6位でfinish。

ブノワと11ポイント差がつき、ロイックが初チャンピオンを獲得グッド(上向き矢印)
小暮くんは表彰台では凄く微妙な顔をしていました…
速さはあるのに、なんだかんだで優勝できなかったりして
ロイックのチャンピオンも嬉しいけど小暮くんにもチャンピオンを
とってほしかったなぁ。来年は小暮くんチャンピオンになれるといいなぴかぴか(新しい)

2009年08月25日

SuperGT第6戦鈴鹿サーキット2日目

日曜日はフリーの時間を間違えていて、1コーナーまで写真撮りに行ったのに
撮れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)日曜日は土曜日より暑く、動き回る気力もないので
フリー終了後パドックへ移動。パドックの方が日陰が多いので
日陰で涼みつつドライバーに話しかけてみたり…

ピットは暑いのでピットウォークはスルーしてsuzukazeの裏で
ひたすら涼んでいました。日曜日は涼んでばっかりです。笑
その後少しずつ曇りはじめてきたので少し涼しくなりました。
ピットウォーク後しばらくしてスタート進行が始まるので
グリッドウォークに並びに行ってきましたぴかぴか(新しい)

グリッドウォークではARTAやROCKSTAR、ミクちゃんとこ行ったり。
その後急いでA席へ移動しなんとかスタートに間に合いました。
座席が下の方でフェンスに被り1コーナーが見えない。
A席の上の方ならピット出口、1コーナーもしっかり見えるのに。。。

結局最終コーナーに移動している間に300ではタイサンがトップに。
そしてタイヤバーストしてとんでもないスロー走行になっていました。
帰ってきてTVで見て知りましたがそんな事があったなんて…たらーっ(汗)

ミクちゃんとこも予選12番手。
日曜のフリー走行も16番手と期待できそうだったのに60周でリタイア。
後で聞いたらアクセルペダルのワイヤーが切れたそうで…

ARTAはラルフの頑張りで拓ちゃんに交代する時、実質2番手で復帰。
すげー!ラルフすげー!拓ちゃん2番手!って喜んだのも束の間。
リアのみの交換だったようでタイムがでず後ろのHasemiに追いつかれる。

なんとか抑えるものの、シケインで我慢できずショートカット。
Hasemiに行かれた上ENEOSにも行かれてしまいました…
ラルフに交代後は、前をいくHasemiはMotulと同時ピットだったそうで
Hasemiの前にMotulが斜めに止めていた為、作業後車体を後ろに押してから…と
時間がかかっている間にラルフ浮上。ENEOSは途中スローダウン。

ラルフのラッキーっぷりにビックリ。笑
していると、ピエールさんの声が「8番ARTA タイヤがスローパンクチャー」と。
しかしその後も普通に走行しているので聞き間違えかと、所々しか聞こえなかったし。
と思っていたら突然130Rで炎上。最終コーナーからでも煙がハッキリと見える程
ヒドイ炎上でした。ラルフが出たのか分からなかったので心配でしたが
TVで見ると燃え始めて即出てきたみたいでケガはなさそうで何よりです。

後で聞いた話によるとラルフがタイヤの調子が悪いと訴えていたが、様子を見ようと。
かなり長い間様子を見ている間にあんな事になってしまったようです。
タラレバですが、早めに入っていればリタイアは免れたのではと思ってしまいます。
その後はTOM'Sのピットで炎上。炎上しているのは見えたけどTVで見たら
ピットクルーに燃え移っていました。すぐに消えたみたいですが大丈夫だったんでしょうか…


予選でも触れるの忘れましたがKraftが序盤から安定していてそのままfinish。
300は紫電がトップだったのに今回のレースで引退の勝智さんにひっかかり
その隙にMOLAにいかれ、その後のホームストレートで今度はGaraiyaにいかれ…
しかもラスト2周ぐらいでしたね、悔しかったでしょう…

決勝終了後はピットで花火を見てから帰りました。
もう帰る頃にはグッタリです。午後から曇ってたので、そんなに暑い!
という程ではなかったんですが21時半ぐらいまでサーキットにいたので
さすがに疲れました。。。

2009年08月24日

SuperGT第6戦鈴鹿サーキット

GT観戦3回目、初のpokkaに行ってきましたぴかぴか(新しい)
鈴鹿について公開車検がやっていたので行ってきましたが
何がなんだかよく分かりませんでした。終わりかけだったし…

その後いつも通りヘアピンまで行きフリー走行の写真を撮ってきました。
今回はプログラムを買ったので、F4(だと思う)のフリー中に
パラパラ見ていたら山野哲也さんの写真が!!!
今回の鈴鹿から「R&D Sport LEGACY B4」で復帰ですグッド(上向き矢印)

元々クスコインプレッサが好きで山野さんも好きだったんですが
初GT、去年の富士のピットウォークで話しかけたら超フレンドリーで
凄いいい人だったので、これからはもっと応援しようと思っていたら。

今年出てなくてガッカリしていたので本当に嬉しかったですexclamation×2
B4はやはり初レースだからかフリーでもタイムが出ず。。。
ARTAはなかなか調子良さげ、MOTULはイマイチ。

写真はいつもより良さそうな気がしていたのです。
デジ一になってから流し撮りしているのですが最初の頃は全然
車体が入らなくて困ったものですが、今回はだいぶマシになりました。
が、カメラのプレビュー?は分かり辛くピントがあっているのか
よく分からないのが問題なんですよね…家に帰ってきてPCで見たら
ちゃんと車体が入っているものの大半がピントがズレてました…

ピントが合ってるもの程、車体が切れているし…
ホント帰ってきてからガッカリしましたバッド(下向き矢印)

フリー後はピットウォークへ。
山野さんを発見しプログラムにサインをもらいながら山野さんに
復帰してくれた事がいかに嬉しいかを語ってきました。笑

予選はグラスタで観戦。ARTAは5番手でしたが、S1・S2とも拓ちゃんの
タイムが速く、結果は5番手ですが決勝では期待できそう。
最近は予選で沈みラルフが追い上げ、拓ちゃんがそれなりに保つ
みたいなレースが多かったので5番手でもいいかなー。

ナイトセッションのフリーでもARTAは速かったですぴかぴか(新しい)
セッション終了後はパドックをぶらぶらして四日市のホテルへ。
数ヶ月前にホテル探したらもう鈴鹿は全てうまってました…
日曜日の記事はまた明日…
続きを読む

2009年07月26日

SGT第5戦SUGO

昨日・今日とGTは第5戦SUGOサーキット。
昨日の予選はでかけていて見れなかったので録画したものを今朝みました。
オリベイラのアタックも凄かったけど、その後の大輔さんと
ロニーのアタックは本当に凄かったね!!

上位陣はGTRだらけの中SC勢は滑りまくってタイムが落ちていたけど
SC勢最後の大輔さんのアタックは、落ち着いた走りでした。
それまでトップだったKONDO RACINGを.5秒程ぶっちぎってトップ。
こんだけ差あればもうENEOSのPPだろうと思った。

ラストアタックはHASEMIのロニー。
ぶっちぎった大輔さんを更に約0.5秒程ぶっちぎってました…

そして決勝では300が間に入り始めた頃、後ろで狙っていたENEOSの
ビヨンちゃんが、300を利用してトップに。その後はもう安泰。
と思っていると雨が降り始めENEOSは深溝タイヤへ交換。
その後、今度は雨がやみ始め深溝をはくENEOSは後ろからくるMOTULに
追いつかれ最後にはオーバーテイクされる…更に後続もどんどん
追いつき結局は5番手で終了。あれだけ、タイム差があったので
ピットインしてスリックに交換すべきでしたねたらーっ(汗)

300勢は今年2戦目のHANKOOKが2勝目ぴかぴか(新しい)
ドライではさほど速くなかったHANKOOK雨が降り始めてからどんどんと
速くなっていく。最後のインタビューでタイヤはインターミディだったようだけど
雨の中本当に速かったぴかぴか(新しい)更に雨があがった後も、タイムはあまり落ちず
逆にDAISHINは雨では速かったもののENEOSと同じく雨があがった後は
タイムが落ちてこちらも結局は4番手。

私の大好きなARTAは予選11番手、スタート直後に8番手まであがったものの
その後タイヤ使いきったのかタイムが落ちタイヤのみ交換するはめに。
拓ちゃんに代わってからも全然映らなかったからよく分からないけど
結局いいところは何もなかったんだろうな。14番手、ビリでした…

次の鈴鹿は見に行くから頑張ってほしいなぁ。
鈴鹿って1,000kmだと思ってたら今年は700kmなんだってね。

2009年07月13日

Fポン第5戦鈴鹿サーキット

Fポンどうしても行きたくて、日曜日だけ観に行ってきましたぴかぴか(新しい)
今年のFポンは塚越くんに大嶋くん国本くん等若手が多くていいですね。
塚越くんのFポン、GTでの活躍を見てどうしても塚越くんが見たくて。笑

新しくシケインにできたQ席で今回は観戦。
遠くまで見渡せるんですが、ホームストレートだけは見えなかった…
PPはイケメンデュバル、2番手に小暮くんとフロントロー独占。
3番手に塚越くん、4番手次生くん、拓ちゃんは9番手たらーっ(汗)

小暮くんがとてもいいスタートを見せ鈴鹿のPPってイン側だっけ?と
一瞬不思議に思う程でした。6番手スタートのブノワが3番手に。
塚越くんは4番手に後退。スタートしてしばらくすると次生くんに
ドライブスルーペナルティ。ジャンプスタートだったらしい。

本当に次生くんついてないなーと思っていると、今度は塚越君と
拓ちゃんにまでドライブスルーペナルティ。
この二人を観に来たのに…(´;ω;`)ウゥゥ

更に今度はロッテラーとライアンにもドライブスルーペナルティ。
結局13台中5台にジャンプスタートでのドライブスルーペナルティが…
家に帰ってきてCS見たら土屋武士と本山が
「鈴鹿から基準が変わったんでしょうか?ちょっと厳しいですね…」と
言っていましたが、どうなんでしょうか…

大嶋くんは気がつけばスピンして最後尾。その後ろにペナルティー勢が。
今回の一番の目玉は塚越くんがシケインで大嶋くんのインに飛び込み
オーバーテイクしたシーンでしょうか。
塚越くんの勢いのあるオーバーテイク、かっこよかったですぴかぴか(新しい)

次生くんも大嶋くんのオーバーテイクはシケインでした。
今回のQ席はなかなか良かったですが欲を言えば、サーキットビジョンがあれば
最高だったのにな〜次のGTでは有料みたいなのでビジョンあるのかな…

ラスト10周程でトップを快走していた小暮くんがスローダウン。
どうもギアが壊れたらしくあっという間にデュバルに追いつかれ
トップはデュバルへと入れ替わる。ブノワとも相当差があったが
どんどん詰められ、3位転落かと思われたがどうやら途中で
直ったようで結局デュバル、小暮、ブノワの順でフィニッシュ。

そしてファイナルラップ。国本くんと次生くんの6番手争い。
シケインの手前でタイヤバリアへ2台が…
次生くんはすぐに出てきたものの国本くんがなかなか出てこなくて
何かあったんじゃないかと凄く心配でした。

とりあえず国本くんも大きなケガはないようで良かったです。
レース後次生くんに会うと左手に包帯が巻かれ痛々しかった。
大丈夫ですか?と聞いたら「ちょっと大変です」って…
ちょっとなのか大変なのか一体どっちなんでしょう?笑

次生くんのブログ読むと次のGTは出られるようなので一安心。
Q席からの眺め
P7123680.jpg
塚越くん
P7123653.jpg
拓ちゃん
P7123621.jpg
石浦さん
P7124383.jpg
ブノワ
P7124449.jpg
その他写真はmixiで。

2009年07月01日

D1GP Rd.4岡山国際

日曜日は朝からもりもりと朝食を食べサーキットへ。
今日こそは1コーナーで!と思ったものの9時頃にサーキットへ
到着した時、既に1コーナーはいっぱい。
立ち見なら可能なんだけど何時間も暑い中立ちっぱなしは辛いので
仕方なく日曜日もホームストレートで観戦たらーっ(汗)

この日は単走から土曜日とは違ってドライバーみんなやる気溢れる走りでした。
土曜日もやる気あるんだろうけど、土曜日に車壊すと日曜日も決勝なのに
走れないですからね…やっぱり勢いが違います。

単走から松井・川畑等は凄い角度の飛び込みを見せてくれるし
他の選手も1本目でそれなりの点数を出した後の2本目はガンガン攻めて
コースアウトしまくり。白煙もくもく。

ベスト16ではノムケンvs黒井。
黒井先行、ノムケン後追いの時にノムケンがちょっと戻った?みたいになって
珍しいと思っていると、なかなか2台とも走り終えた後戻ってこない。
ホームストレートから2コーナあたりまで行って、どこかでUターンして
戻ってきて…という感じなんですが戻ってこないんです。

で、ようやく戻ってきたと思ったら2台揃って審査席前で停車。
何か抗議をしていたようですがその内容は、黒井が途中でシフトミス。
そのせいでノムケンがミスってしまった、という内容でした。
それを考慮した上で採点して欲しい、という黒井の訴え。

結局黒井のミスはあったものの、それ以上にデカイノムケンのミスという事で
ノムケンベスト16敗退、黒井がベスト8へ進出。
単走100点トップで通過した川畑はまたまた高橋と対戦。
残念ながら高橋は2日続けて川畑にもっていかれました…

佐久間vs岡村は同じS15同士。さすが同じ車だけあって同じような動き。
しかし、二人ともミスを連発。お互いミスし合っているのでサドンデス。
なんだか盛り上がらない感じのサドンデスで結局は岡村がベスト8へ。

土曜日の優勝者、太吾はベスト16で時田と対戦。
土曜日にタービンだかなんだかがイカレていたせいなのか、一本目の
太吾先行、時田後追いの時に太吾が失速し時田に追突される。

その後太吾はマシンの修理。対戦相手がスタート地点についてから
5分以内に作業を終了させなければならないルールがあるんだけど
時田はすぐにスタート地点についたものの、太吾の修理が
終わりそうにないからか、スタート地点から少しテスト走行開始。

そうなると5分はクリアされるようで更に5分。
その後一緒に、テスト走行をして二本目。太吾もいい走りをしたが
一本目のミスがでかくあえなく敗退。

ベスト8では熊久保vs岡村。
岡村先行、熊久保後追いの時に熊久保が岡村へ追突。
見ていると岡村が飛び込み後どんどんインに寄っていく感じで
熊久保はビタビタに飛び込み、岡村のケツに接触→押し出しのような感じ。

熊久保としては岡村がインに行き過ぎるから当たっちゃった。
岡村としては普通にドリッてるだけなのにクリッピング前から
追突されて…という内容で両者平行線。

単純に追突されただけ、なら岡村にアドバンテージなんだけど
審査委員長ドリキンが「岡村はねラインが違うんだよ、ベスト16の
ドラミの時にあのラインはダメだって何度も言って確認してるんだよ」と。
ドリキンとしてはダメだと言ったラインを通った岡村にアドバンテージを
与えたくないようでサドンデスに。

しかしサドンデスに納得しない岡村。
追突されたんだから、俺の勝ち。サドンデス意味ない、と。
まなぴーが「こんな形じゃなくて走りで決着つけろ」と言い
結局は従う岡村。かわいそうな気が少しするけど、私にも
明らかにラインが違うように見えたので岡村の高感度が下がりました。笑

そして結果は怒りの熊久保の勝ち。熊さん、お怒りだったようです…
怒りの熊久保はベスト4で手塚と対戦。怒り過ぎたのか、手塚に追突し敗退。
決勝はGOODYEAR同士の手塚vs時田。これはもう手塚の勝ちでしょ、と
思っていたけど、同じチーム同士だからかとてもいいツインドリでした。

なんかビタビタっていうより二人で楽しくドリッてます、みたいな。
超接近ドリなんだけど迫力あるんだけど見てて楽しそうって感じ。
両者ともミスがあり決着つかずサドンデスへ突入。
時田が先行時にコースアウトし手塚の優勝が決定ぴかぴか(新しい)

お台場に続き大好きな手塚さんの優勝ヽ(≧∀≦)ノ
本当なら終了後、手塚さんと時ちゃんにおめでとうを言いたかったけど
なんせ車で横浜まで帰らなきゃならない上、相方は月曜から仕事。
手塚さんの優勝を見届けて即、帰りましたとさ…

岡山でのD1観戦は楽しかったものの、自由席のみとなると
ギリギリで行く私には向いていないようです。笑

2009年06月29日

D1GP Rd.3岡山国際

D1を観に横浜から岡国まで車で行ってきました…
夜中の1時半頃に横浜を出て、途中仮眠しつつサーキット到着は土曜の13時。笑
単走は全て見逃しピットウォークも終了。

サーキットに到着してすぐ、TOYOの川畑・黒井・佐久間・正雄が
TOYOブースの前でサイン会を行っているのを発見。
お台場で撮った写真を差し出しサインをもらってきました。

川畑の写真は陽一との写真なんですが、サイン後写真を指差し
「ここに陽一くんの写真もらうといいよ」と言っていました。
お台場の写真を持っていった事にドライバーの方達に驚かれましたが
横浜から来たと言ったらもっと驚かれました。笑

そんなこんなで追走。誰がベスト16に進出したのかも分からず…
今回はいつものメンバーがベスト16へ進出した模様。
単走トップ通過の川畑は高橋と対戦。対戦が高橋と知った川畑は
「ごっつぁんです」と言ったとか。笑
川畑vs高橋はあっさりと川畑がもっていきました。
高橋もいい走りだったんですが川畑が相手では…

お台場に続き今村対決の陽一vs侍はこちらもあっさり陽一。
高山とFD対決の正雄。今回は正雄らしい追走でベスト8進出。
ようやく正雄らしい走りが見れましたぴかぴか(新しい)

時田と対決した織戸はさすが織戸という走りでってゆーか
オーバースピードで突っ込んでいって終了。
ベスト8での川畑vs日比野、今年の川畑はいつも後追いで突っ込みすぎのような…
ここでも日比野がベスト4へ進出し敗退してしまいました。

時田・ノムケンのベスト8では時田のミスでノムケンの勝ち。
太吾・陽一のベスト8では陽一のミスで太吾がベスト4へ。
今年は何度か陽一がミスして負けるところを見ていますが、やはり
陽一でもミスをするもんなんですね。笑
正雄・手塚は正雄が後追いの時に手塚に突っ込みあえなく終了。

写真を撮っていた相方はまさに突っ込んでいる写真を撮っていました。笑
FDとスカイラインの顔がゆがんでます。。。かわいそうに。
レース終了後手塚さんに会った時に「こんなんなっちゃったー笑」って
言いながら壊れたパーツを手に持っていました。
あの時は大丈夫なのかと思いましたが翌日のRd.4でも問題なく
走っていたので大丈夫だったようです。

正直暑かったからかあんまり覚えてないんですが。笑
優勝は日比野と太吾です。なんだかゴタゴタしていてまなぴーも
推測で喋ってるような感じでよく分からなくて、きっと太吾が
勝ったんだと思っていたらダブル優勝だったようです。

car@niftyより
決勝は300psの日比野選手と800psの斎藤選手という、まったくキャラクターの異なるマシン同士の対戦。1本目は日比野選手、2本目は斎藤選手といずれも譲らずサドンデスに突入する。3本目でビハインドを背負った日比野選手だったが、4本目の1コーナーへ向かうストレートで斎藤選手が失速。一度スタート地点に戻った時点ではエンジントラブルと判断したためにリタイアの宣言したものの、すぐにエンジンの調子が戻って再度4本目の走行を行ってしまう。しかし、この4本目の走行を行ったという判断に日比野チームが抗議を提起。結果的に運営サイドの判断に問題があったということで、競技終了後のミーティングで両者が優勝という結果がドライバー全員に認められた。


岡山は全席自由だったんですが、いい席はすぐに埋まり…
見るにも写真とるにもイマイチはホームストレート側だったので
写真撮るには撮ったんですがほとんどいいのがなかったです…
P6273103_01.jpg
正雄vs手塚
P6273153_01.jpg
太吾vs手塚
P6273167_01.jpg
太吾vs日比野

2009年06月21日

やんちゃボーイ

今日はSuperGT第4戦セパンです。
ARTAはラルフの頑張りでARTAは2位で拓ちゃんへ交代。
拓ちゃんと言えば去年GTRに突っ込んで、ドリキンと
謝りに行っていた懐かしい思い出。笑

3位にはRAYBRIGの細川、4位にはKEIHINの塚越くん。
塚越くんはこの前の雨のもてぎでスリックで引っ張ってあわや
初優勝か?という元気の良さ。セパンでも元気のよさを発揮してました。

4位の細川をあっという間にオーバーテイク。
その後、拓ちゃんに追いついてからも勢いが凄くて。
拓ちゃんもオーバーテイク。アナウンサーが拓ちゃんの事を
「元祖やんちゃボーイ」と呼んでいた。これからやんちゃボーイの称号は
塚越くんにどうやら譲られるらしい。笑

GT500の優勝は長谷見GTR。安田くん4戦目にしてGT500初優勝。
GT300は予選失格で最後尾スタートの紫電が優勝。
マッハ号の赤鮫オヤジが、スピン後?にコースに倒れてたけど
大丈夫だったのかなぁ。どうも脱水症状で緊急ピットに入るよう
指示を出した直後だったとか…セパンは暑いから過酷だね。

それにしてもセパンでは若い子の活躍が目立っていました。
塚越くんは拓ちゃんと違って、今のところやんちゃボーイだけど
やらかしてないみたいだから今後が楽しみですね。

拓ちゃん今年は安定した走りで表彰台に乗れるようにはなったけど
今年の走りはあんまり面白くないね…
本人も安定した走りができるようになったけど、去年程は
勢いがないような事を話していたけど、もう少し去年のような
アグレッシブな走りが見たいんだけどなぁ。

2009年05月26日

D1GPお台場エキシビジョンマッチ2日目

土曜日は快晴だったのに日曜日は朝から雨雨
普通のレースならウェットでやるのはわかるけど、ケツ振るドリフトは
雨じゃヤバイんじゃないのー?マジでやるの?と思いつつお台場へ。

私の心配もなんのその。普通に走ってました。
今回座った席は目の前が高いフェンスがあって席の上の方でないと
写真が撮れないので練習走行だけ席の上で写真をとってきました。

そして単走。ここでまさかの、正雄2日連続単走敗退バッド(下向き矢印)
土曜日ダメだったので今日こそは!と思ったのに…
土曜日の優勝者古口や熊久保も2日連続の敗退と日曜日も上位勢が
敗退していく結果に。大好きな手塚さん・ノムケンも土曜日と同じく
のれてない感じで13番手・14番手でなんとかベスト16進出。

日曜日のビックリは末永直登が10番手でベスト16へ進出ぴかぴか(新しい)
今回で3回目のD1ですが、直登がベスト16に進出してるのを初めて見ました。
いつも弟の正雄は進出するのに直登は…と思っていたので嬉しかったです。

土曜日に続きのれていたのが日比野。ベスト16へトップで進出exclamation×2
イマイチ審査基準とか分かっていない私でも見るからにのれていました。
ベスト16では直登は川畑と対戦。直登と川畑じゃあ川畑だろうなぁ。
せっかくベスト16に進んだのにと思って見ていると。

川畑顔負けのビタビタの追走、ベスト16に進んだ喜びからから
走りにも迫力があり直登がベスト8へ進出グッド(上向き矢印)
手塚さんはお台場でソアラ復活した上ちんと対戦。
お台場だけ特別にアメリカで走らせてたソアラで参戦だそうです。
次戦岡山ではいつも通りBMWだそうです。

上ちんは4番手でベスト16へ進出、のれてない手塚さんここで敗退…
かと思いきや、上ちんが壁に突っ込み手塚さんはそれを無事避けきり
手塚さんへアドバンテージでベスト8へ進出!
手塚さん同様のれてないと思ったノムケンは高橋・高山を破り
ベスト4へ進出し陽一と対戦。

ノムケンと陽一の対戦はサドンデスまで持ち込まれ、ホントまさかの
陽一、攻めすぎて壁に激突しノムケンが決勝へ進出。
陽一でもこんな事があるんだなぁ。と思いました。
この日ノムケンと手塚さんはある意味神がかっていたかも。笑

のれてる日比野はフェデリコ・時田を破りベスト4へ進出し手塚さんと対戦。
手塚さんは追走を重ねる毎に単走での不調がウソのようにどんどん
調子が良くなっていき、一番のれていると思っていた日比野に勝ち決勝へ。

エキシビジョンマッチの決勝戦は32スカイラインvs34スカイラインに。
1本目は互角でサドンデス、を繰り返し結果3回もサドンデスに。笑
そのうち2回目のサドンデス、ノムケン先行手塚さん後追いの時に
ノムケンに接触しスピン。審査員達は「これは当たってますね…?」と
言うもののなんとも微妙そうな感じ。

スピンしかけたノムケンに接触し、スピンしたのか接触したから
スピンしたのか微妙なところでした。が、当たっているしノムケン勝利?
と思いつつ見ているとノムケンと手塚さんが必死に「もう1本」アピール。

ここで何も言わなければ恐らく優勝が決まっていたノムケン本人が
言うのだしお客さんももう1本みたい!!という必死の拍手。笑
エキシビジョンだし、いっちゃえ〜!という事でもう1回サドンデスぴかぴか(新しい)

その結果ノムケンの微妙なミスで手塚さんの優勝が決定ヽ(≧∀≦)ノ
去年お台場エキシビジョンで初観戦してから手塚さんの"攻撃的追走"に
一目惚れした私は生で手塚さんの優勝を観るのが夢でした。

ノムケンのもう1本アピールがなければあり得なかった3回目のサドンデス。
ノムケンの男らしさにも惚れました。笑
今年で最後という噂を聞いていたのだけど、なんだか今やっている
駐車場に学校ができるんだとか。。。なかなか都内で、というのは
難しいかもしれないけど気軽に行けて、マシンがめちゃめちゃ近いお台場。

首都圏在住にはとてもとても魅力的な場所なので他の場所ででも
いいので、なんとか残してほしいなぁ。
写真はいつもの通りmixiで。
土曜日の川畑vs陽一です。デジ一を購入した甲斐がありましたぴかぴか(新しい)
P5232029.jpg

2009年05月24日

D1GPお台場エキシビジョンマッチ

今年もお台場エキシビジョンマッチに行ってきましたぴかぴか(新しい)
去年は日曜日しか行けなかったお台場ですが、今年は二日間行ってきました。
まずは土曜日、単走で正雄ちゃんが敗退!!

好きなドライバーの一人なのでとても残念です…
更に今村陽一もなんとかベスト16に残ったものの16番手。
土曜日は上位勢がなんかなぁ。といった感じでした。
そんな中で唯一100点をたたき出したのが川畑真人。審査員全員が
100点、平均点も100点という完璧な走りでした。

そんな川畑も追走では古口と対戦、一本目から明らかなオーバースピードで
壁に激突、普通にドリフトしてた古口は川畑にささり見事なT字完成。
二人ともダメージを負い修理に時間がかかりそう、という事で2本目は
ベスト16の最後にまわされますが、1本目の古口のアドバンテージを
ひっくり返す事はできず(当たり前か)川畑はベスト16で敗退たらーっ(汗)

クラウンに乗る時田が土曜日は絶好調!デカイ車で派手なドリフト。
川畑に勝った古口と時田は土曜日は本当にのれていてかっこよかったぴかぴか(新しい)
FDに乗る高山もなかなか良かったんだけど、1コーナーの飛び込みの
進入角度が毎回、甘いように感じた。あそこがもっと角度つけていけてれば
駅前にかけてはかなり振れてるように見えるのでもったいないと思った。

私の大好きな手塚さんはベスト16でノムケンとあたり敗退。
単走からのれてない感じだった。ノムケンもベスト8へ進んだものの
手塚さん同様のれてない感じだったのでベスト8で田中一弘に敗退。
今回は時田・高山といいいつもとは違うメンバーが調子良かったですね。

織戸がお台場は出ていたんだけど派手だった。
敗退したくせに腕を突き上げるパフォーマンス。
どっちが勝ったのか分からないよ。笑
優勝は川畑に突っ込み左側がベッコリいった古口が優勝グッド(上向き矢印)

土曜日は晴れていて暑く毎度のように腕に日焼け止めを塗り忘れた私は
腕が真っ黒になりましたバッド(下向き矢印)今日の記事はまた今度。。。

2009年04月20日

鈴鹿2&4に行ってきました

鈴鹿サーキットの杮落とし、2&4に行ってきました。
4月だっていうのにめちゃめちゃ暑かったです。
お陰で腕と背中は日焼けし真っ赤になった背中が痛いです…

土曜日は8時過ぎにサーキットへ到着。
そこでほりさん、琢美さん、琢美さんの息子くんと合流。
新しくなったグラスタやピットが気になりつつもまずはヘアピンで
写真を。ARTAの写真をいっぱい撮ったのにラルフばっかりでした。残念。

デジ一初のレースでしたがカメラは良くなっても腕は変わらないので(笑)
残念な写真ばっかりでしたけど。。。
その後、ピットウォークへ。寿一とロッテラーの二人がピットウォークに
出ていたんだけど今回のプログラムはなぜか、チーム紹介のページがなく
いつもプログラムにサインをもらっていたので色紙などは持っておらず
寿一とロッテラーを眺めてスルー。

ピットウォーク後に拓ちゃんに武田神社で購入した勝利のお守りを渡しました。
「勝守」って書いてあって、裏には風林火山の軍配扇がかかれてます。
これで初勝利!を望んだのだけど予選13番手でSuperLapへも進出ならず。

その後のARTAトークショーでドリキンが「ラルフが車の調子はいい。って言うのに、予選13番手だった。どこに問題がある?と聞いてもラルフはNoProblemって言うんだよ」と。。。ダメじゃん。。。

ピット裏は本当に広くなり超キレイでした。
パドックへの通路も広くなりました。富士と同じようにエスカレータ&地下通路。
トイレも広くキレイになってましたが、普通の席の近くのトイレは
相変わらずの状態。こっちのトイレももっと数多く広くキレイに
洋式になってくれるといいんだけどなぁ。

SLではMotulAutechがダントツのトップ。2番手にZENT。
土曜日のフリーでライアンがヘアピンでコースオフしてたけど
ダメージはなかったようです。勢いよく突っ込んでったからビックリしたけど。

日曜日はフリーに間に合わず…ピットウォークへ直行。
日曜日はあまりドライバーが出ていなくて谷川さんとたぶん111号車の池田さんに
サインをもらったぐらいで終了。
R席で二輪決勝を観戦。誰が誰だか分からなくて、その上トップも
分からず気がついたら終わってました・・・ダメだな。。。

GTの決勝では13番手のラルフは怒涛の追い上げ。
拓ちゃんに交代するまでに7番手か6番手ぐらいまで浮上。
拓ちゃんに代わってからはRAYBRIGの細川を抜きあぐね…
シケインでRAYBRIGとEBBROが接触、それに巻き込まれリタイア。

あんまり状況が分からずレース終了後拓ちゃんに聞いてみたところ
避けきれなかったようです。凄い不機嫌でした。そりゃそうか。笑
でもケガはなく無事だったので何よりです。

トップのMOTUL Autechは序盤は無難に終えたものの、後半で
がっくりペースを落とし、脇阪・立川らに抜かれ4番手でフィニッシュ。
が、立川に抜かれた際の接触がペナルティらしく記録上11番手。
GT300はHANKOOK PORSCHEが序盤から飛ばしまくり、独走状態で優勝。
拓ちゃんがリタイアしたのでとても残念な決勝でした。

でもラルフの追撃は凄かった。
そして私は筋肉痛。

続きを読む

2008年10月28日

D1GP最終戦富士〜日曜日〜

日曜日は色んな意味で波乱が…
ホテルの朝食がバイキング形式で朝からご飯2杯も食べて、しっかりと
腹ごしらえをしてから、いざ!出発〜!

日曜のフリーは8時15分から開始。富士へは8時半頃到着。
ゲートもくぐり、後は駐車場に止めてコースへ行くだけ!のところで。
冷却水だだ漏れで車がオーバーヒート。ボンネットから煙もくもくexclamation×2

車を脇へ止めエンジンルームの温度が下がるまでひたすら待ち。
とりあえず冷めて、冷却水を足して駐車場へ。フリーはもう終わるとこでした…
更に前日の土曜日もちょっと寒めでしたが日曜日は朝、雨がザーッと
降った為に更に気温が下がり、超寒かったです雪

D1は通し券ではないので前日とは別な席。
日曜日は19列目とかなり上の方だったのでフェンスが被る事はなかったです。
フリー終了後は開会式。審査委員長であるドリキン土屋圭一が
朝降った雨で路面が微妙にウェットで、乾かす為に決勝進出した
ドライバーによるウェット乾かし走行が行われました。笑

その後、決勝一回戦。一回戦は決勝進出30台での単走(一人で走る)で
追走に出走する16台まで絞ります。
単走では私の大好きな手塚さんがトップ通過!ヽ(≧∀≦)ノ
その他シード選手達は100点を連発。さすがシードです。

16位通過の黒井はトラブルで出走できず17位だった日比野が繰り上げ。
手塚さんと日比野、一本目は手塚さん先行、日比野が後追い。
一本目は手塚さん良かったんだけど、二本目300R手前でトラブルで
ドリフトがうまくいかず一回戦敗退たらーっ(汗)

ノムケン、引退上野ソアラ(ソアラが引退)ではノムケンが…
ノムケンは単走・先行はいつもキレイだと思うんだけど後追いがイマイチ?
末永・佐久間のは末永の後追いがめっちゃ良かった!
でも動画とったのは末永、先行の方だったりして…笑

川畑・猪瀬では猪瀬が、岡村・熊久保では岡村がリタイア。

ベスト8は日比野・上野・末永・川畑・岡村・太吾・今村・古口。
太吾と今村がシリーズチャンピオン、直接対決!
私の中では今村はビタビタの後追いが凄いイメージなんだが、マシンが
万全じゃなかったのか太吾に先を行かれてしまい…太吾の勝利。
そしてシリーズチャンピオンは太吾に決定ぴかぴか(新しい)

末永・古口の戦いは接戦で再戦までもつれこむも末永の勝利。
末永は角度が凄い。末永も後追いのがいいかも?
そして上野・川畑は川畑のビタビタ後追いがexclamation×2

この人も角度凄いしビタビタっぷりは今村にも負けてない。
今村と川畑の後追いはいつもビタビタでかっこいい!
熊久保は日比野のリタイアによりベスト4進出。

というわけでベスト4は末永・太吾・熊久保・川畑。
まずは熊久保・川畑。ほとんど走らずにここまできた熊久保。笑
一本目は熊久保先行、川畑後追い。
途中までは川畑のビタビタ走行めっちゃ良かったんだけど、ビタビタ
過ぎてなんと熊久保に接触し熊久保へアドバンテージ。

二本目の先行でも川畑は良い走行だったんだが熊久保もミスせず
熊久保が決勝進出。川畑、ホント残念でしたたらーっ(汗)
太吾・末永は太吾が一本目走行後リタイア!
エンジンの調子がずっと悪かったようだが、もたなかったみたい。
これで末永の勝利。決勝は末永・熊久保。

ここで寒さに耐えきれずラーメン買いに行っちゃいました。笑
決勝は指定席に戻るのは間に合わなさそうだったのでその辺で。
一本目は熊久保先行、末永後追い。末永の角度がよかった!
で、末永にアドバンテージでそのまま末永が今期初優勝ヽ(≧∀≦)ノ

今期初優勝した末永にサインをもらい写真もとってもらいましたぴかぴか(新しい)

というわけで写真は続きで!
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。