2008年06月05日

本を読んだ

2年ぐらいまえに"高坂弾正"という小説を見かけたのですが
その時に山県昌景の小説を読んでいたので、今度買おう。と買わなかったら
いつの間にか本屋さんから消えておりました…

タイトルも作家さんの名前も覚えておらず、いつか。と思っていたのですが
先日丸善に行って歴史小説の棚をウロウロしていたら発見しましたぴかぴか(新しい)

高坂弾正は、織田信長と森欄丸のような関係だったわけで
信玄から弾正宛のラブレターが残っていたりするわけですが。
なぜかやけにその関係が強調されて書かれているように感じました。

戦国時代では大名と武将がそういう関係になるのは珍しい事ではないのですが
そんなに閨を共にした、とか連発しなくてもいいじゃないか。みたいな。笑
そんな不満はありつつも信玄がいかに弾正を信頼していたかがよく分かる
小説でした。信玄が方々へ戦を仕掛けにいっている間、弾正は
海津城で景虎の抑えとして城に残っている事が多くそれも弾正なら
抑えられるという信玄の信頼の元に成り立っているわけです。

また小幡昌盛が旗本に戻るとゴネ始めた時や馬場信房が留守居を
頼まれたにも関わらず、戦に参戦してしまった時に弾正は
「(閨を共にした)自分だけはお屋形様の信用を裏切ってはならない」と考え
思いとどまる弾正。そして信玄が死んでしまった時、自分も後追いを
しようと思ったり本当に信玄思いの武将だという事がよく分かります。

そういう弾正の心情の部分を主に描いた作品のようです。
ただ、もう少し戦っている時の事もかいてほしかったなーなんて思ったり。


yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。