2013年08月07日

新編 山靴の音

メスナーの本はだいぶ前に読み終わったんですがつまらなかったせいで
全く記事を書く気が起きませんでしたw
続いて読み終わったのは芳野満彦の「新編 山靴の音」です。

これは数々の登山の短篇集みたいな感じですかね。
まず最初は「八ヶ岳遭難」
これは芳野満彦が遭難し、この遭難で凍傷にかかりかかと部分を残し
2/3程足を切断してしまう壮絶なお話です。

足をそれだけ切断してもその後、穂高や剣等を登り果てはヨーロッパアルプス
三大北壁であるアイガー・マッターホルン・グランドジョラスすら挑戦します。
そしてマッターホルン日本人初登攀を達成するのです。

ホントに凄すぎる人ですがこの本を読んでいると凄い人に思えないんですよね。笑
文体のせいなのか、なんかほのぼのしながら読んでしまいます。
冬季小屋番をしていた徳沢園の犬ゴンベーとの話とかね。
あと、解説もちょっとクスッと笑ってしまうそんな感じ。

少し前にエベレスト最高齢登頂という事で話題になった三浦雄一郎氏ですが
ホントにちょっとですが、登場するんですよね。
あ〜この人達同年代か。と思って芳野満彦を調べたら残念ながら昨年亡くなってしまっいたのですね…

posted by yu-ko at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371299818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。