2013年06月30日

グランドジョラス北壁

アルピニスト小西政継さんのグランドジョラス北壁を読みました。
評価の高い本なので期待して読んだのですが、期待しすぎたのでしょうか…

まず最初40ページぐらいは登山の歴史について。
そこから60ページぐらいはエベレスト国際隊への参加決定までの流れが。
そしてようやく100ページ目ぐらいからグランドジョラス北壁が始まります。
正直なところグランドジョラス北壁だけで良かった、と思いました。

とても良かったところは実際に登ったルート図が描かれているところです。
レビュファクラック、灰色のツルム、三角雪田などの場所も描かれてますし
細かいところまでよく描かれているので「いまここ登ってるのか〜」
「このオーバーハングはこれの事かな?」等チラチラ見ながら読めるので
分かりやすくてとても良かったです。

グランドジョラス北壁登攀中については淡々と書かれている感じですが
小西他5人との絆やら、登っている最中の雰囲気等はよく伝わってきます。

更にその後の凍傷の具合やら、「付録・北壁研究ノート」では実際に使用した装備や
凍傷にならない為にはどうしたらいいか等の詳細が書かれています。

私は登山する予定はありませんがw
実際登山される人には古い情報かもしれませんが役に立つのではないでしょうか。

本編が面白かっただけに、私としては前半がなぁ〜。と思ってしまいます。

posted by yu-ko at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367948261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。