2013年06月14日

後藤又兵衛

この小説は後藤又兵衛が大阪夏の陣での近習、長澤九郎兵衛に
これまでの又兵衛の生き様を聞きたいと言われ語り始める。
黒田官兵衛に拾われるところから大阪夏の陣まで。

つまらないわけではないんだけど、なんだか他の武将達が悪く書かれてる部分があり
それが私が好きな武将ばかりだからか、なんだかな〜と思いました。
悪くというかちょっと馬鹿にしたような感じ…

それを除けば、みんな又兵衛好きすぎるだろwというところはあるけど…
でも正直今日読み終わったばかりなのにあんまり印象に残ってないな。
posted by yu-ko at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。