2013年06月09日

アイガー北壁

【ネタバレ有り】
映画も見ない、DVDも見ない私ですが珍しくDVDをレンタルしてきました。
アイガー北壁です。
世界三大北壁と呼ばれるマッターホルン、グランドジョラス、そしてアイガーです。

世界の山を調べているうちにアイガーに辿り着きました。
そんなアイガー北壁初登頂を目指したドイツ人二人の実話をもとのにした映画です。

トニー・クルツとアンドレアス・ヒンターシュトイサー。
同じ頃初登頂を目指していたオーストリア人エディーとビリー。
トニー、アンドレアスコンビと一緒に登頂を目指すようになる。

最初から最後まで手に汗握る展開でした。二時間などあっという間でした。
登山は二人一組がベストとされ人数が多くなればなる程登りにくいものなんだそうです。
オーストリア人コンビと一緒に登らなければ、ビリーが負傷した時に
別行動していれば彼らは助かったのでしょうか。
ヒンターシュトイサートラバースにザイルを残しておけば助かったのでしょうか。

4人全員が生還できなかったアイガー北壁の悲劇。
見終わった後はとても重たい空気になりました…
自然の前には人の力など及ばない、無力なものです…

posted by yu-ko at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック