2010年05月25日

立花宗茂と立花道雪

熊本・福岡旅行に行った時に立花家の営む旅館御花で購入した本です。
元々気になっていた本が置いてあったのでちょうど良かったですぴかぴか(新しい)
正直、タイトルからして期待して読み始めたのですが期待以上exclamation×2
久々の大ヒットですグッド(上向き矢印)

物語は立花宗茂が立花道雪の養子となるところから。
この本は戦のところも詳細に描かれているし、かといって
人物描写、人間関係の部分がおろそかになる事もなく。

これはなんて書いたらいいのか分からない。
後半は展開がスピーディーな感じがするものの高橋紹運の
岩屋城篭城の辺りは、紹運の思い、宗茂の思いはもちろんの事
高橋・立花両家の家臣の爽やかさ、敵ながら島津軍の爽やかさ。

ここからは涙なしには読めません。
電車の中で読んでるくせに、凄いウルウルきてヤバかったです。
いつもネタバレしながら書いている書評ですが、この本については
正直、何も書きたくないぐらいです。

戦国好き、漢好きなら面白くない人はいないってぐらい面白い。
今までで読んだ本の中で一番面白いかもしれない。
それぐらい、いい本でした。
とにかく読んでくれ!って感じの本です。笑

あと全然関係ないけど、御花の蜜柑搾りジュースめっちゃ美味しいよ。
それよりは若干劣るものの蜜柑搾りゼリーも美味しいです。立花繋がりで。笑
posted by yu-ko at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151095404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。