2009年11月16日

風林火山

何年前だっけ?2年前?の大河の原作になった風林火山。
武田好きとしては、大河が始まる前に原作を!と思い購入。
ふーん、こんな感じか。ぐらいにしか思わなかった記憶が。笑
また読み返しシリーズなわけですが。

読んでみて勘助とか由布姫が正直キモイと思った。
由布姫が輿から逃げ出すところとか、大河でもあったけど
その時はあまり何も思わなかった気がするんですが。
やっぱり映像と字では違うんですかね。

勘助の盲目的過ぎる程の由布姫への愛がなんとも重たいというか。
そして勘助がよく描かれすぎているところ。
川中島の合戦と男女の仲以外は全て勘助が言う事が的中。
いくら有能といえど全て的中するなんてあり得ないとか突っ込みたくなる。笑

あとツッコミどころとしては甘利虎泰と板垣信方は上田原の合戦で
討死するハズですが、甘利虎泰は砥石崩れで討死した事に…
砥石崩れとか上田原のあたりは前半部分なのでハッキリ覚えてないけど
上田原の合戦と思われる後も信方が生きていたり。

大河ドラマは面白かったけど原作はうーん…って感じですね。
大河ドラマも今見たら違う感想なのかなぁ?
posted by yu-ko at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133097687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。