2009年11月16日

ブラウンGPメルセデスに買収される

メルセデス、ブラウンGPを買収!フルワークスの『メルセデスGP』誕生へ
今シーズンはフィジコがフェラーリへ移籍したイタリアGPと
カムイが出るっていうからブラジルとアブダビの3戦しか見ておらず
すっかりF1離れが進んでいたわけですが。

ブラウンGP資金難の噂、メインスポンサー見つからずというのは
聞いていたけども。メルセデスが買収したそうです。
しかも「メルセデスGP」って、ブラウンGPもだけどあんまイケテナイ名前だね。笑

ロス・ブラウンが指揮をとる事には変わりはないようですが
さすがにメルセデスだし、あの無能CEOは切るんですよね?
ドライバーはニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドが
噂に上がっているという事は現チャンピオン放出ですか。笑
現チャンピオンはマクラーレンのファクトリーを訪れたとかって
他の記事にもあったような気がしますが。

よく分からないのはマクラーレンとはパートナーシップの関係に終止符、
しかし新たな関係と2015年までのエンジン供給が決定とあるが
新たな関係ってなんでしょ?今までとどう違うの?

今ってエンジンサプライヤー+メインスポンサー?
F1の世界はよう分からんです。笑
しかしホンダ身売り、ブラウンGP誕生、一年で終了って…
posted by yu-ko at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | F1ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風林火山

何年前だっけ?2年前?の大河の原作になった風林火山。
武田好きとしては、大河が始まる前に原作を!と思い購入。
ふーん、こんな感じか。ぐらいにしか思わなかった記憶が。笑
また読み返しシリーズなわけですが。

読んでみて勘助とか由布姫が正直キモイと思った。
由布姫が輿から逃げ出すところとか、大河でもあったけど
その時はあまり何も思わなかった気がするんですが。
やっぱり映像と字では違うんですかね。

勘助の盲目的過ぎる程の由布姫への愛がなんとも重たいというか。
そして勘助がよく描かれすぎているところ。
川中島の合戦と男女の仲以外は全て勘助が言う事が的中。
いくら有能といえど全て的中するなんてあり得ないとか突っ込みたくなる。笑

あとツッコミどころとしては甘利虎泰と板垣信方は上田原の合戦で
討死するハズですが、甘利虎泰は砥石崩れで討死した事に…
砥石崩れとか上田原のあたりは前半部分なのでハッキリ覚えてないけど
上田原の合戦と思われる後も信方が生きていたり。

大河ドラマは面白かったけど原作はうーん…って感じですね。
大河ドラマも今見たら違う感想なのかなぁ?
posted by yu-ko at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

SuperGT最終戦もてぎ−日曜日−

日曜日はホテルを7時半頃出て8時すぎぐらいに到着予定が…
やっぱり決勝の日は渋滞するんですね〜
10kmぐらいたらたら走っていたお陰でフリー始まるちょっと前に到着。
本当は初めてのサーキットだったし昨日の最終コーナ付近とは
別なところに行って写真撮りたいなぁ〜なんて思ってたんですが。
結局最終コーナー付近になってしまいました。笑

相変わらずフリーでもARTAは好調。ミクちゃんとこもなんとかと思っていると
サーキットサファリ走行中にミクちゃんが戻って来ない!
オカシイな〜後で聞いてみようと思いつつピットウォークは激混みで
TOM'Sの辺りで断念してしまいました。早すぎ?笑

いざ始まってみたらミクちゃん数周でリタイア…
後で聞いたところドライブシャフトがねじれて?しまったのだとか。
初ポイント獲得したばかりで、期待しただけに残念ですたらーっ(汗)
しかも数周って…確か3周、4周とかで終わっていたような。

ARTAは1周目の2コーナーで早速TOM'Sに抜かれる。
ストレートでもうだいぶピッタリだったしNSXはあまり
ストレート速いイメージがないのでヤバイなぁ〜と思ってましたが。

あまりにもサクッといかれてしまいテンション下がりまくりバッド(下向き矢印)
ただARTAは土日フリーも予選はもちろんポールだから最速ですが
速かったのでなんとかラルフの間に抜いてくれれば、と。

1周目の3コーナで次生くんスピン。
次生くんも好きなドライバーの一人なので、最後の最後まで
本当についてないなぁ、と更にテンションは下がる。笑

MOTULとZENTがやりあっていたが、90度コーナでインに入り4番手浮上。
しかし、ベンちゃんの飛び込みっぷりは凄かったですね。
最終コーナ付近で見ていたので現地では見れませんでしたが…

MOTULが途中タイヤバーストしたのはピエールさんが放送してましたが
そのままガレージへ入ったのでどうしたのかな?と思ってましたが
実際テレビで見てみると凄いですね。タイヤが回転するごとに
フェンダー?がボロボロとはげ飛んでいく姿は…

ARTAはピットをひっぱり、拓ちゃん交代時にトップに浮上。
その後300のJTRUSTが5コーナでエンジンブロー。
オイルがコースに漏れていたらしくMOTUL等コースアウト続出。

せっかく多少稼いだマージンもSC投入で…
後ろは寿一、前は拓ちゃん。
大事な時程やらかす拓ちゃんなので、リスタートは見たいような
見たくないような気持ちでした。見ましたが。笑

確実にチャンピオンをものにしたいのか何事もなく。
その瞬間とてもホッとしました。GT見初めて二年ですがその間
悉く大事なところでやらかしてきた拓ちゃん。

今年は少し大人になったようです。笑
由良さんは「伊沢劇場が見たかった」と言っていましたが。
確かに今年はアグレッシブな感じは少なかったのが非常に残念です。
来年は更に大人になってアグレッシブ差も戻るといいんですが。

そしてそのままfinishしなんとか生で表彰台に上がる
拓ちゃんを見る事ができました。二年、サーキットに通って初です。笑
ようやく一番見たかったものが見れましたぴかぴか(新しい)

しかしレース後の拓ちゃんは不機嫌なのか元気がないのか。
優勝したから機嫌良さそうなものなのに。非常に残念でした。
拓ちゃんとは対照的に亜久里さんは超ご機嫌でしたるんるん

来年はチャンピオンに!と言ったら
「そうだね!頑張るよ!全戦全勝するよ!」と。
電気系でリタイアしないように祈っておきます。笑

そんなこんなでレースだしどんなサーキットでも楽しめますが
やっぱり初めてなので勝手が分からず、苦労しました。
駐車場は遠いし、ループバスは終わる時間早いし…
遠いけどやっぱり一番慣れた鈴鹿が楽です。笑

とりあえず来年の開幕戦、鈴鹿までレースはしばらくお預けです。
寂しいですね。これからもモータースポーツ界は厳しそうな感じなので
来季の体制が発表されるまではちょっとドキドキです。

コレを見るまで、本当に長かった…
PB087779.jpg
仲がいいらしい広大くんと拓ちゃん。
PB087783.jpg
広大くんめっちゃかけまくってました。
PB087784.jpg
やっぱりイジラレキャラですね。
PB087787.jpg

2009年11月09日

SuperGT最終戦もてぎ−土曜日−

SuperGT最終戦もてぎに行ってきました。
今回はGT初観戦という相方を連れて。
連れてと言っても実際に車を運転するのは相方ですが。笑

土曜日は寝坊しサーキット入りしたのは10時半ぐらいだったかな?
既にフリーが始まっていたので、ストレートの最終コーナよりで観戦。
ARTAはフリーで3番手、ホンダのホームコースだし期待できそうでした。
ミクちゃんとこもフリー走行7番手グッド(上向き矢印)

フリー走行終了後はピットウォークへ。
ロイックが出ていたのでFポンシリーズチャンピオン、おめでとうと言ったら
日本語で「ありがとう」と。日本語喋ってるの初めて聞いた。笑

その後少しパドックをうろついてからグラスタへ移動し予選観戦。
予選1回目では7番手だったミクちゃんのところもノックダウンで
なんと19番手で終了してしまいましたたらーっ(汗)
途中から参戦しているR&Dレガシーも残念な結果に。
飛びぬけて遅いので仕方がないけど…

500はARTAがポール!
今までで生観戦した中でベストリザルトですグッド(上向き矢印)
RAYBRIGは11番手。今年一度も表彰台に乗っていないRAYBRIG。
井出っち好きとしては寂しい限りです…

広大くんのところはノックダウン2回目で終了し9番手。
晃平くんは8番手、ROCKSTARは6番手。
ROCKSTARも今年は全然良くなかったよね…
ついてないと言えばIMPULとENEOS。IMPULは10番手、ENEOSは3番手。

予選終了後にはウロウロしてドライバーと写真撮ったり。
相方はドライバーには興味がないので、専属カメラマン化してました。笑

泊まりは水戸のホテル。チェックイン後、近所の焼き鳥屋へ。
ここが凄く美味しくて砂肝刺というのを初めて食べましたぴかぴか(新しい)
生で食べられるなんて知らなかったのでビックリしました。
わさび醤油で食べたんだけどコリコリしてて美味しかった!

自分で作らなくていい喜びと美味しさで2倍美味しいね。笑
PB076801_2.jpg

2009年11月01日

加藤清正

なんだか随分久しぶりな気がしますが。
今回は上下巻だったので読むのに時間かかりました。
最近は調子も悪くて電車で読んでるとつい寝ちゃうんだよね。笑

海音寺潮五郎の加藤清正です。
どっからどうみても海音寺潮五郎好みの清正。
悪いとこなんてないんじゃないか、ってぐらい良くかかれています。

清正が秀吉に仕官するところから始まり亡くなるまでがかかれており
小さい頃から利発で勘のよい人。いつの時代も言われた事だけやるのは
当たり前、そこに含まれた先の事も考えて行動する。
清正にはそれができ、秀吉と親戚でもある事からどんどん出世していく。

朝鮮出兵の時の話なんとも言えない感じです。
三成・小西としては秀吉・朝鮮・明を騙してでも和睦を結びたい。
清正も朝鮮出兵は失敗だったと思っており秀吉の和睦条件を
朝鮮・明側がのむのであれば、和睦がいい。

朝鮮出兵だった事は間違いだった事は明らかで、朝鮮上陸後
しばらくは日本軍が快勝していた事もあり成功かと思われたが
どんどん進んでいって、海から離れ更に制海権は朝鮮・明側に握られ
兵糧輸送もままならない状態になってからは秀吉も間違いと
気づいただろうがそこは太閤、「間違いだった、てへっ」
じゃ済まないし、言い出せない。

面目を保ちつつ和睦、それなりに日本に有利な和睦を望んだところで
朝鮮・明側は突然意味もなく攻められ、日本に有利な和睦を結ぶわけがない。
そうなると騙して和睦するのが一番簡単だと思ってしまうのも仕方がない。
という気がしなくもないのですが、清正好きとしては三成・小西が
清正邪魔、と秀吉に進言し謹慎処分にされるのはなんとも。

結局、大地震の時に真っ先にかけつけた事、利家・家康の進言もあり
許されるわけですが。ちょっとイライラっとします。笑
清正好きなので…

後半は秀頼・豊臣家の為に、浅野幸長・福島正則と共に奔走。
しかし淀殿がぶち壊す的な感じが繰り返され…
大阪冬の陣・夏の陣よりも前に清正が死んでしまったのは
死後も世の中を見れていたら、清正は悔しかっただろうなぁ。

自分がいたら大阪冬の陣・夏の陣はさせない!って思っただろうな。
でも秀吉の死後、既に実質天下は徳川のものだったわけで
大名の誰もがそれを理解しており理解してないのは淀殿を中心とした
豊臣家だけ。清正がもう少し長生きしたところで、いつかは
実質から名実ともに徳川が天下をとる事には間違いないわけで。
と思うと豊臣家が滅びる前に旅立った清正は幸せなのかなぁ。


posted by yu-ko at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。