2009年10月19日

☆F1ブラジルGP決勝結果☆

オープニングラップでキミと誰かが接触、キミはフロントがなくなり
ピットイン。コバもフィジコと接触したのか同時にピットイン。
コバが給油リグつけたまま走り出しキミにぶっかかり一瞬炎上。
キミ、無事で何より。他チームに給油リグを抜いてもらうコバ…
あれあの黒いピットクルーはブラウンだったの?
ってブラウンなのに黒でいいわけ?笑

カムイって初めて走ってるとこ見たけど、なかなか奮闘してましたね。
オーバーテイクが下手(だと私は思っている)バトンを何度も抑え
抜かれても次で抜き返したり一貴にはないアグレッシブさがあるね!
バトンを何周にもわたって抑える姿は気持ちのいいものでしたグッド(上向き矢印)

連続コーナでバトンが抜き、カムイが抜き返した直後だと思ったけど
バトンのチームラジオ。右京の通訳によると「スチュワートに訴えてやる!」
だそうですがその時の声が泣きそうな声で笑った。
下手だからデビュー戦の新人くんも抜けないんだよ。笑

その後カムイをオーバーテイク下あとのバトンのチームラジオ。
絶叫してて、これまた笑った。
新人くん一人抜いただけであんなに絶叫って。
なんか弱いしマシンが良くなきゃ絶対勝てないドライバーで
新人くんの動きに右往左往する様はチャンピオンに相応しくないね。笑

私はハミも強引だし明らかに悪くても負けを認めなかったり腹黒そうだったり
好きじゃないけど実力はある分、ハミのが全然よかったな。
まぁ、それよりもやっぱり速い速いベッテルが良かったけど。

一貴は面白くない走りで琢磨のいない今シーズンは見てなかったけど
今回はカムイデビューだしインテルラゴスは荒れるから見てみて
来年カムイが走るなら見てもいいかな、と思った。
カムイと一貴のバトルのシーンではちょっと強引かな?と思うところもあるけど。
それにしても一貴は後ろからカムイに追突して終了、ってなんだかなぁ。

後半は私的には特に何もなくカムイもあんまり映らなくなったし
垂れ流して終了という感じでした。
とりあえず、マークおめでとう!ヽ(≧∀≦)ノ

そしてチェッカー振ってたマッサ、お疲れ。笑
posted by yu-ko at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

SuperGT第8戦AP決勝

ロッテラーが抜群のスタートで2台かわし2番手に。
ZENTはトップを守りIMPULが3番手、4番手にMOTUL。
ARTAもENEOSを交わし5番手に浮上グッド(上向き矢印)
しかしARTAはGTRからどんどん離され、逆にENEOSは追いついてくる…

300が間に入ってきた頃、500同士の差が詰まりARTAはENEOSに
1コーナーでいかれてしまったものの、MOTULとENEOSが
やり合っている間にARTAが追いついて三つ巴。

マッハ号が三つ巴の間を走っているところ、ラルフが!!
うまい事ENEOSを交わしてくれましたぴかぴか(新しい)
やっぱりラルフはいいドライバーだね。

RAYBRIGとENEOSがやりあっている時、前にいた300に接触したようで
ENEOSは左フロントがかわいそうな事に…APでもついてないENEOS…
トップを走るZENTと2番手を走るTOM'Sが同時ピットイン。

途中まではよかったものの、エンジンがかからないって言ってたけど
残り20周ぐらいで解説の飯田さんが「38号車、何かありますよ。
後輪回ってたって事はエンジンかかってたって事ですよ」
と言い出し、しばらくして38号車に30秒加算のペナルティ。
飯田さんてあんまり意識した事なかったけど、声は低くて聞きやすいし
解説も的確で分かりやすくていいね。

ZENTはTOM'Sに先行を許し先にピットインしていたMOTULにも前を行かれる。
MOTULにはピッタリくっついてて、抜くのも時間の問題かと思ったが
予想より早くあれは1コーナー過ぎ?でインに入ってサックリ。
やっぱり王子凄い!!けど、ホントあのペナルティが残念たらーっ(汗)
残り数周でスピンしちゃうし…王子、復活ならず。

ARTAはピット後9番手ぐらいを走行。
途中までは3番手か4番手ぐらいだったのに何かあったのかなぁ。
終盤にかけて拓ちゃんはZENTの脱落等により4番手まで復帰。
前を行くのはHIS KONDO、なんとか抜こうとホームストレートで
鼻が出るぐらい前に行ったんだけど、オリベイラのブレーキングが
遅く、それに合わせた拓ちゃんは膨らみオーバーテイクできない上
後ろにつけていた小暮君にもいかれてしまった…

あぁ…またか。と思ったよ。富士の優勝はなんだったのかと。
思ったけどそれでも残り2周ぐらいでまた追いつき小暮君をオーバーテイク。
さすがにKONDOまでは抜けなかったけど。ホント良かった。

300はAxioの井口くんが若々しさを見せトップを伺うも
Garaiyaの新田さんは譲らず、2番手。井口くんは元気があっていいね。

Garaiyaのペースがどんどん落ちJIMGAINERやらなんやらに抜かれ…
RX7にも抜かれと凄い混戦でしたね。
Axioは国本くんに代わってJIMGAINER10号車と接触したようで
せっかく4番手は知っていたのに残念だったね。

weds sportsがずっとJIMGAINER11号車、平中をずっと抑えていて
もう優勝かと思っていたけど織戸はスピンして結局3番手。
それでもポイントランキングは単独でトップ。
ポイントランキング2番手は今回優勝のJIMGAINERとgaraiyaが7ポイント差。

500も300も終盤バタバタバタバタしてたね。
Fポンの時はやたらと淡々としたレースだったけど、GTでは300と500の
絡みもあってかなかなか面白かったですね。

それよりミクちゃんとこドライバー変わったの?
馬場さんてpokkaの時3番手ドライバーだった人だよね??

2009年10月17日

SuperGT第8戦AP予選

王子、戻ってきたー!ヽ(≧∀≦)ノ
GT500ポールはZENT、立川祐路。
なんだか今年は王子らしくないというか結果が全然残らなかったですが
久々に今回は王子がポールですぴかぴか(新しい)
解説の人、飯田さん?が言ってたけど今回はSC勢はS3が速いんだとか。

解説の人は「絵になりますね、一人でピット歩く姿も」と。
そりゃ王子だもん、ちょっとシャクレだけど…笑

GTRはまぁ普通に速いですがNSXはAPはあんまり向いてないんですかねぇ。
SL進出はARTAとRAYBRIGのみ。今年はARTA以外ホントなんかダメですね…
そのARTAもポイントランキングトップのMOTULと10ポイント差。

今シーズンはもうダメかと思っていたけど前回の富士で優勝し
チャンピオン争いのできる、実質2位まで浮上グッド(上向き矢印)
APではMOTUL、TOM'Sの前に出たいところですが6番手。

MOTULは3番手TOM'Sは4番手と…APは抜き辛いところ、らしいので
ちょっと厳しそうですね。ラルフに頑張ってもらわないと。
IMPULの次生くんはウォーミングアップでスピン。
凄い白煙をあげ、クルクル回ってました…

もうさ、今回も次生くんダメなのかと思ったよたらーっ(汗)
しかしスピンもなんのその、気迫の走りでトップ!
にたったのもつかの間、王子に抜かれてしまいました…
残念だけどFポンでもGTでも全く結果の残らなかった今シーズン。
なんとか頑張ってほしいものです。

3チーム同ポイントでトップのGT300。
2番手(だと思う)出走のCOROLLA Axioの井口くんがトップタイムグッド(上向き矢印)
誰も井口くんのタイムを越えられず、井口くん国本くんの若いコンビが
初ポールかと思いきや、一番最後に出走のARTA Garaiya。

高木真一さんめっちゃ速かったぴかぴか(新しい)
最後の最後でAxioのポールはなくなりGaraiyaがポール。
同じく63ポイントの紫電は4番手、MOLAは6番手。
300の方もポイント争いがいい感じに激しくなりそうな順位。
もう残すはあと2戦。どこがチャンピオンになるのか500も300も楽しみですね。

先週の土曜日にMSJに行ってきて、初めて新田さんと会話したんですが
あの人いつも機嫌悪そうな顔に見えて近寄りがたいイメージだったんですが
話してみたら別に普通にいい人でした。笑

2009年10月11日

戦国驍将・知将・奇将伝

乱世を駆けた62人の死に様・生き様。副題が凄いです。笑
一覧は下にあります、見たい方だけどうぞ。

この本は62人の武将の話が書かれているわけですが、章が別れています。
選択がピッタリくる武将、え?そこなの?という武将様々です。
名家の異端者という章に織田信忠がいます。
異端者には当てはまらないような。
武将としての能力は高いと言われている信忠、本能寺で死ななければ…?

北条氏邦や今川氏実も同じ異端者の章にいます。
こちらは異端者というより、この人達だけう〜ん…て感じですが
"この人達だけ"っていう意味でみれば異端なのかも?

62人もの武将が書かれているのでメジャーどころからマイナーまで
マイナーな部類(だと私が思っている)では高橋紹運や古田織部(茶人?)等。
その武将を知るきっかけとしては、いい本だと思います。
やっぱりメジャーどころが殆どでマイナーなのは少ないかな。
何を基準にマイナーというのかよく分からないけど…
あと、武将によって書いてる人が異なるので当たり外れは多いです。

特に一番ハズレは前田慶次郎。
前田慶次郎に関する資料が少ない為、書きづらいのは仕方がないが
ほとんど一夢庵風流記の解説です。ハッキリいって一夢庵を読んでいれば
全く持って読む価値ナシです。それぐらいヒドイです。
『一夢庵』の魅力って書いてあるので一夢庵風流記の魅力、なのか
慶次郎の魅力、と言いたいのか前者ならまぁ正解かな。笑

ただ62人が一冊にまとまっているので、ページ数が少ないところが…
生き様・死に様を数ページで書くのはやはり難しいですね。


武将一覧を見る
posted by yu-ko at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

☆F1日本GP決勝結果☆

今日は琢磨がゲストで出るというので久しぶりにF1を見てみました。
ベッテル速かったぴかぴか(新しい)スタートもミスなく、2位のハミを
置いてく快調っぷり。右京が「あんなに飛ばして大丈夫か」的な事を
言っていましたが、なんのその大丈夫でしたね。笑

ヤルノはスタートでハミに抜かれ3番手に後退。
2番手スタートだったのでトヨタの日本GP得意の空タン作戦かと思いきや
それなりに積んでいたようですね。

ピットでハミを交わし2番手に浮上したヤルノ。最後の最後で
レッドブルの名前長いドライバーが130Rでクラッシュ。
INGの看板(発泡スチロールらしい)にぶつかり看板大破。

発泡スチロールなら車で簡単に壊れるだろうけどあの派手さは
凄かったね、とりあえずは大丈夫そうで何よりだけど。
やっぱりF1は速いからあんな大変な事になるのかな…

予選は見てないけど、3年ぶりの鈴鹿での開催。
予選からクラッシュ多発したようで予選では3度も赤旗中断だったとか。
世代交代で若いドライバーが増え、鈴鹿を走った事ないドライバーが
多かった事が原因なのか、それともF1ドライバーの質が下がったのか。

それによりSCが入りベッテルとヤルノの差はなくなったと思いきや
ルノーの周回遅れが一台間に入るという不運。
ベッテルとの差を詰められずヤルノは2位finish。
母国表彰台でトヨタとしてはそれなりに嬉しいのかもしれないけど
リスタートの時にヤルノはもっとルノーのドライバーとの差を
縮めておくべきだったと…ベッテル速いのにあれだけ差が空いてたら
詰めるのはなかなか難しそう。。。

トヨタはヤルノ・グロックと今年契約更新しないらしいが
ヤルノはもう他にもらってくれるところなさそうだね。
今年でもう引退になるのかなぁ。

覚えてるのはそんなところぐらいか。笑
とりあえずジェンソンがここでチャンピオン決めなくてよかった。
いつぞやの、キミがチャンピオンになった時みたいにベッテルが
逆転チャンピオンになってくれると一番嬉しいんだけどねグッド(上向き矢印)

サーキットが鈴鹿だったせいか、イタリアGPの時程
つまらないと感じなかった。ブラウンが不調だったからかもしれないが。笑
次のブラジルはともかくまた機会があったら見てみようかな。

それよりチケットが売れ残っている事は知っていたけど2コーナ過ぎ〜S字の辺り
半分近くが空席でビックリした。私が鈴鹿に日本GPを見に行ってた頃は
琢磨もいてホンダもいてミハエルもいて、な時だけどあんなに
ガラガラな日本GP(鈴鹿)を見たのは初めてだ。

テレビでも「来場者数10万人を越えた…」って言ってたけど
毎年15万人は越えていたし2006年のミハエル&鈴鹿最後の年は
土曜日でさえ15万人越え、決勝は20万近くいったんじゃなかったっけ?

前からだけどゴタゴタ続きのF1に一貴だけじゃ集客力不足なのかな。
少なくとも私は一貴には魅力を感じられないので行こうとは思わないけど…
posted by yu-ko at 21:28 | Comment(4) | TrackBack(3) | F1ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。