2009年03月31日

もののふ直江テンプレ

いま記事を更新したばっかですが、テンプレを変えようと思い立ち
今までの桜とは別な桜のテンプレにしようと思って画面を開いたら…!
なんだこれは!もののふ直江テンプレだと!使うしかないじゃないか。笑
しばらくはこれでいこうかな。
ってゆーか、武田テンプレがあればいいのにな。笑
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国幻想曲

戦国幻想曲という渡辺勘兵衛の小説を読みました。
最近また信長の野望を島津でやっていて、しばらく前に
渡辺勘兵衛が家臣になり気になっていたところ。
全然買った記憶がなかったので古本が届いた時に「あ!勘兵衛!」と
軽くビックリ&嬉しかったので期待して読みましたが。

私の勘兵衛の知識は信長の野望のみだった為、典型的な戦国武将
戦は強いけど政治は…のイメージだったのにあまり戦で活躍
するようなシーンがありませんでした。彼は何度か主人を変えながら
増田長盛の家臣となるのですがそこからは増田長盛について
戦というより政治的な部分で手腕を発揮していくといった感じでした。

増田長盛の家臣になった時に「増田長盛の家臣になって活躍」みたいな事が
書かれていたので、私としては戦での活躍を期待してしまいました。
でも主が政治>戦の人だから、そうだよね戦じゃ活躍しないよね…
なので全然イメージと違う人だったので、ふーんそうかーという感じ。

風変わりな浪人だけどちょっと中途半端みたいな感じでした。
いつも書いてるけど武将って結構イメージが出来上がってるから
そのイメージとの差が大きいとあんまり楽しめないなぁ。

小説を読んで映画化された時に映画を見て、私の想像してたのと違う!
みたいな感じでしょうか?最近はなかなか当たり!って感じの本に
出会わないので、戦国武将小説の難しさを感じます。
今読んでる豊臣秀長は、なかなか良さそうです。久々に当たりかも。
といってもまだ読み始めたばかりなんだけど。

それより最近足の太さにうんざりして今日ジョギングしてみたら
ちょっとしか走ってないのに超足だるいッス。。。

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

鈴木尚典引退試合

今日は鈴木尚典の引退セレモニーが浜スタで行われるので行ってきました。
先週行ったオープン戦では試合開始30分前でもガラガラで本当に
"自由席"だったのですが、今回は尚典の引退セレモニーもある為
開場30分前の10時半に浜スタへ。

既に長蛇の列が出来ていました。
試合終了まで天気持ってくれればいいね〜なんて一緒に行ったguwaさん
話していたのですが、並んでる時から雨が降ってきましたバッド(下向き矢印)
降ったりやんだり弱まったり強まったりとずっとそんな調子。

せっかく初のデジ一くんを持って行ったのに全く出番なし。
それでも雨がやんだ隙に取り出すも取り出したそばから雨が…
結局練習風景をたった4枚しかとれなかったです。。。

試合は予定通り13時開始。二人で凍えながら風雨に耐えながら
スタメン発表を待っていたのに。てっきりスタメンで1番レフト辺りで
出るのかと思っていたんですがスタメン入りせず。

試合は雨風強いなか始まったのでポンチョのフードを被りながら観戦。
正直あんまり見れませんでした。笑
3回仁志の代打として鈴木尚典登場!!

そしてホームラン!!ヽ(≧∀≦)ノ

まさかホームラン打ってくれるとは思わなかった。
尚典が打席に入った時から既に号泣していた私、ホームラン打ってくれて
涙でかけていたメガネが曇る程でした。笑

結局試合は5回コールドで横浜の勝利。
なんとか最後の試合をオープン戦とはいえ勝利で飾れてよかったです。
5回横浜の攻撃が終了した時点、というか正確には6回表の守備についた直後
風雨が強くなり横浜の守備陣が撤退。アナウンスで「一時中断」

寒かったので下に降りてしばらくするとモニターに突如尚典が。
みんなそれを観て、試合がコールドで終了した事セレモニーが
始まった事を悟り民族大移動のごとくダッシュでスタンドへ。

なんのアナウンスもなく突然始まった尚典引退セレモニーでは
尚典の今までの活躍っぷりをモニターで。なんとか生涯打率は
3割を保てたようで良かったです。
その後は元横浜の選手達から尚典へのメッセージが。
谷繁元信に始まり、小池正晃、多村仁等。

その後は尚典の挨拶、家族からの花束贈呈。横浜・巨人から選手を代表し
大ちゃんと鶴さんが尚典へ花束贈呈。セレモニーは終了。
そしてその後真っ先に外野前までやってきてくれました。

その頃には雨はざんざん降りでデジ一出すどころじゃなかった。
せっかく来てくれたのに写真とれなくてとても残念。
結局10時半からセレモニー終了は15時半ぐらいだったかな?
5時間近く雨に濡れながら凍えながらと結構辛い環境でしたが
それでも本当に行って良かったです。

尚典が外野前に来てくれた時もメガネが曇ってしょうがなかった…
18年間本当にお疲れ様でした。
本当に寂しいな。もう観れないなんて。。。
続きを読む
posted by yu-ko at 19:07 | Comment(5) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

加藤清正

なんか佐竹申伍の割りにあまり面白くなかったような。
だいたい同じ武将の事を書いた本でも書く人によってその武将の見方等が
異なるので新しい発見というか、こういう逸話もあるんだ。とか
何かしらあるのですが今回はあまりそういうのがなかった気がします。

そんなわけであまり内容を覚えていないのですが、唯一印象に
残っている事は清正の死の事です。
彼の死はあまりにも突然で、まだまだ生きていられたと思うのに…
清正を恐れた家康の暗殺説がありますが、この本はまさにそれ。

しかも清正は家康の狙いを知っているのに家康から薬と称して
渡された毒薬を飲み続けて死んでしまうのです。
それもこれも、今後加藤家を存続させる為だけに…
そうは言っても加藤家は結局、清正の息子の代で改易されてしまうのだが。

そんな感じでただただ淡々と読み進めていった感じです。。。

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

今年初オープン戦

今日はマティーと相方と3人で今年初オープン戦を観に浜スタへ。
先発はテラ。元々先発ですが、6・7回辺りでバテるのと去年は
抑えだったのでちょっと心配だったのですが。
5回3失点。まぁ失点はホームランばかりだったのが少し、救い?

その後出てきた木塚・那須野・マストニー。
那須野は0点で抑えたものの木塚は1回2失点。
昨年の成績が成績だけに今年はなんとか復活してもらいたいところです。

最終回は今年から抑えの石井裕也。
悪くなかったように見えたんだけど守備で山崎が…
山崎は今年入ってきた子で守備に定評があると聞いてたんだけど
彼のミスが出てから裕也がボロボロと。
なんとか踏ん張ってほしかったなぁ。

でも今日の収穫は松本啓二朗と細山田。
啓二朗は「花の慶次」というあだ名に決定しました。笑
あ。そうじゃなくて、走攻守の3拍子揃った選手と期待していたのですが
打撃はイマイチでしたが、強肩と言われるだけあってセンターからの
送球が凄かったです。細山田が突っ込まれてポロリしてしまったので
結局点が入ってしまったのですが、とれてれば完全にアウト。

そしてポロリしてしまった細山田ですが、盗塁を阻止。
久しくベイスターズのキャッチャーが盗塁を阻止するところを
見ていないので、いや〜いい子だなぁ。と思ってしまいました。笑

去年シーレで活躍した内藤雄太。今日は猛打賞でした。
ホームランも打ったし今年は1軍で頑張ってほしいですねぴかぴか(新しい)
シーレで4番だった呉本、祥万、阿斗里辺りが今年はまだオープン戦に
出てないような気がするんだけど今年はまだ無理そうなのかなぁ。

吉村がオープン戦始まってからずっと4番だったのですが10日以降
スタメンに入ってないようですがどうしたのかしら。
何かあったのかただ打てないだけなのか。

今年もオープン戦を見る限り投手陣が課題っぽいですね。
あとは打撃が今日は若手ばっかりだったせいかイマイチでしたね。
金ちゃんが今年も打撃が不調なのも気になります。。。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

浅井長政の決断

今回は浅井長政です。
今回買った中ではそれなりに期待していた本です。
織田が朝倉を攻めた時に何故、長政は朝倉に味方したのか。

確かに朝倉は越前の大大名だが当時の当主、義景はショボイ。
父である孝景までの代ではそれなりに朝倉も勢いがあったようだが
義景は今川氏真と同じような感じで蹴鞠や酒色に溺れ戦も弱いような
武将だったようです。対する織田は織田信長であり、当時は反信長勢力に
包囲されていたものの武将としての器やカリスマ性といったものは
義景と信長では比較できないぐらいの差がある。

なのになぜ、長政は朝倉についたのか。
この本では長政の父である久政が反織田・親朝倉であった事から
久政が長政を押し切り朝倉についたという事になっている。
しかし長政は若くして家督を継いでおり、浅井家当主は長政である。

いくら父とはいえ引退した身で、当主は長政であり長政は織田派であるわけで
久政が珍しく激高し押し切られる。というだけではどうも説得力に欠ける。

本の内容としてはそれなりに面白いのだけど、長政は信長に
「二人で天下をとろう」と言われた、生きてたら歴史が変わっていた。
なんて書かれているけども、織田を討つチャンスは何度もあった。
でも同盟者である義景の援軍がないと勝てそうにない。

その義景の軍は動こうとしない、だからチャンスを逃した。
というような感じの事や長政のミスで信長を討つチャンスがなくなったりと
こんなに持ち上げる程の武将だろうか、という疑問が…

同じような説明をくどくど書いたり内容はそれなりに面白いんだけど
なんか引き込まれるような力はなかった。
内容はそれなりなんだけど全体的に見るとあまり面白くなかった。。。

次は今回買った本の中でラスト、加藤清正です。
佐竹申伍の本は結構面白いので期待したいけど最近はハズレ続きなので
あまり期待せずに読もうかな〜と思います。笑


yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

むー

今日は超暗い愚痴です…






なんかやる気でない。
相方は毎月給料日+毎週火曜日がミーティングだったのだけど
先月から毎週月曜日もミーティングになりました。

普段から21時〜22時ぐらいに帰ってくるのに、月曜・火曜はだいたい0時頃。
毎日毎日誰もいない家に帰って一人でご飯作って一人でご飯を食べる生活。
それだけでご飯作る気が起きないのに絶対に遅いと分かっていると
余計にご飯を作る気が起きなくなる。

最近はストレスなのか家にいると何かしら食べてばっかりで。
相方は仕事変える気ないし、休みも少ないし労働時間は長いのに
「少しずつ良くなってる」とか言ってるし。
全然、よくなっている気配は感じられないのだけど。

仕事があるのはいい事だ、って相方は言うけどそりゃ仕事なくなったら
困るけど、こんな生活が一生続くのかと思うと嫌になるよね。
相方は私が何もやらなくても文句言わないし週一の休みの日は
全部家事してくれて私は何もしないけど。

今時、こういう生活している夫婦なんて珍しくもなんともないと思うけど
世の中の帰りの遅い旦那様を持つ嫁様方はどうやってやり過ごしてるのだろうか。
人それぞれ性格が違うのだからやり過ごし方も違うのだろうけど
どうにもやり過ごせない私は時々、欠陥品なんじゃないかと思う。

絶対に誰もいないと分かっている家に帰るのって嫌だなぁ。
かといって、実家に帰れば両親は喜ぶけどネット環境もなく
本もないような実家に帰ってもやる事がないんだよね。

その代わり家事は母がやってくれるし家に帰ったらご飯が待ってる
生活はとっても魅力的なんだけどね…あーあー。
パーマンみたいに相方2号がいればいいのにな。笑
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 21:44 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。