2009年02月26日

宇喜多秀家

先日まとめ買いした戦国シリーズも既に5冊目。今回は宇喜多秀家です。
私の宇喜多秀家のイメージは佐々成政と同じような感じで
名前は知っているし秀吉に寵愛されていた事は"秀家"の名前からも
分かる事だが、なぜ秀家が寵愛されていたのか…

同じ養子でも結城秀康の方は男気があって戦に強いイメージなのだけど
他の小早川秀秋と宇喜多秀家については。。。という感じです。
読んでみてやっぱりそのイメージは崩れませんでした。

色々なエピソードが書かれており正室の豪姫(前田利家の実子で秀吉の養子)
にとっては良い人なんだろうな。という感じはするものの女である
豪姫にすら碁は勝てないし(笑)戦で手柄をあげたような感じもしなかった。

更に宇喜多秀家の代で所謂お家騒動が勃発。
岡山vs大阪家臣で別れ岡山の家臣達はどちらかというと、戦で活躍して
手柄をあげる完全な戦国時代の武将で尚且つ先代から仕えている人達。
大阪家臣は豪姫と共に前田家からきた家臣や新参者などが多く
戦で手柄をあげるというよりは石田三成や増田長盛のような奉行職が得意な人達。

晩年の秀吉時代は朝鮮出兵等でお金がかかり、更に兵士までも
出さなければならずその出費は地元岡山から出ていく。
大阪ではやりくりを指示するだけ、といった感じ。
その上、秀家はずっと大阪にいるのでやはり出世は大阪組。

宗教も岡山組は日蓮宗、大阪組はキリシタンと信仰の違いもあり
不満を募らせた岡山組が大阪組の家臣を殺してしまう。
でも秀吉の時代に大阪につめていたのは秀家だけでなく秀康や
他の大名も同じ。他の大名はお家騒動が勃発していない事
家臣をまとめるのはトップである秀家。

勃発させてしまった秀家はやはり優秀な大名とはいえないと思う…
関ヶ原で西軍について、まともに戦った事からも秀家は石田三成派であるのだが
性格もちょっと似ているのかな?と思った。
結局お家騒動は岡山組は家康預かりになり、まぁ宇喜多家から出たわけで。

うまく家臣達を掌握しきれなかった事や大阪組の肩を持ったところ等
なんだか石田三成をちっちゃくした版みたいな気がした。
だからこそ秀吉に気に入られたのかもしれないが。

そんな感じでほとんど知らない宇喜多秀家だったのでそれなりに
期待していたのだが、完全に期待はずれな武将でした。
知らない武将程「こんな人だったんだぁ。」という知る喜びみたいなものが
あるのだけどうーん。って感じ。他の作家さんが書いたものだと違うのかもしれないが。


yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

見た目はイマイチだけど・・・

20090224.jpg
今日はお休み。雨降ってたので買い物に行くのがめんどくさくて。笑
なんとか家にある食材で寂しいけどご飯が作れそうだったので
結局買い物には行かずにすませました。

鶏だんごの甘酢あんかけと、ベーコン入りオムレツ。
鶏だんごは鶏ひき肉・長ネギ・生姜の絞り汁で作り軽く素揚げ。
とっても柔らかくて美味しかったぴかぴか(新しい)
あるものだけで作ったので見た目はイマイチですが…

鶏だんごを揚げるのにちょっと古い油を使おうと油を温めていたら
突然、パンッ!という音とともに爆発しました…
そんなにはねなかったから良かったんだけど、腕にちょっとだけ
油がかかったのですぐ水で冷やしたんだけどよくみたら火傷してましたたらーっ(汗)

ちっちゃくポツポツ2〜3箇所火傷しただけなので、大丈夫なんだけど
火傷には冷えピタがいいですよ。お風呂が辛いけど。
冷えピタ貼って寝れば次の日には全快です!
yu-ko120.gif
タグ:料理
posted by yu-ko at 21:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

昨日の晩ご飯

20090218.jpg
昨日のご飯は久々のひじきご飯と豚の角煮もどきに、鯛の塩焼き。
久々に作った角煮もどきは脂っぽかったたらーっ(汗)
でもひじきご飯は美味しいし、豚は脂身が多かったけど大根はうましぴかぴか(新しい)
この前は頑張ったけど最近ご飯を作る気力がおきず包丁を使わなくてもできる
手抜き料理ばっかりです。毎日一人で食べるご飯は気合が入らない…
yu-ko120.gif
タグ:料理
posted by yu-ko at 20:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

結城秀康

次は結城秀康を読みました。
彼は家康の実子なのに秀吉に養子に出され秀吉の子となり
秀吉が秀康がいらなくなると今度は結城に養子にだされるという
かわいそうな境遇の武将です。まぁ、戦国時代は養子という名の
人質は多かったので普通と言えば普通なのかもしれない。

小さい頃から家康に好かれずひどい待遇で、家康の次男なのに
信康が自害させられた後、本来であれば秀康が徳川家を継ぐハズなのに
三男の秀忠が家督を継いだりとなぜか家康に嫌われています。
昔からなぜ秀康が嫌われていたのか不思議で仕方なかった。

この本では家康が一度だけ行為に及んだ、身分がいいわけでもなく
たいしてキレイでも気配りができるわけでもない女性の子で
家康は彼女の事をほとんど覚えておらず、気に入ったわけでもないので
その子である秀康にも冷たくあたる…という感じだったのだけど。

戦国時代は戦に明け暮れているわけでいつ子供が死んでしまうか分からず
男子であれば何人でも喜ばれたものなのに、それだけの理由で
冷たくされるというのはどうも腑に落ちないのだけど…

だいたいはかわいそうな人生が描かれているわけなんだが、なんというか
秀康は武将としてそれなりに素質を持った人なのに人が良すぎるのか
少し頭が足りないのか二人の父である家康・秀吉に嫌な事などを
押し付けられて、嫌だと思ってもうまく丸め込まれてしまう事が多かった。

途中までは相手のいやらしい心を読むのに「秀康だから!!」みたいな事を
言われると「そうか、頼りにされてるのか」みたいな感じで…
もう少し人間がいやらしく汚いものであると秀康が思っていれば
家康・秀吉の思い通りに動かなければまた違った風になったのかなぁ。
なんて思わされました。最初の印象と変わらず、秀康はかわいそうな人。
なイメージのまま小説を読み終えました。

なんか面白いとかそういう以前に、かわいそうでかわいそうで…

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

天地人効果

今日「わしはこんなとこ来とうはなかった!」を書いた。
その後、自分のブログを見たらアクセスが100を超えていた。
F1の記事を頻繁に書いていた頃は、それぐらい毎日アクセスがあったけど
書かなくなってからはショボブログとなり、20〜30で100超えなんて
あんまり見かけなくなっていたのでビックリした。

なんで突然こんなにアクセスが上がったんだろうと思って
アクセス解析見てみたら、半分以上が天地人の記事だった。
そしてその大半が加藤清史郎目当て。恐るべし、加藤清史郎。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

わしはこんなとこ来とうはなかった!

<天地人>人気子役地元の祭りに 「わしはこんなとこ来とうはなかった!」と言われないように大歓迎
Yahooニュースより抜粋。全文は↑↑
NHKの大河ドラマ「天地人」で、幼少期の直江兼続(樋口与六)役を演じた加藤清史郎君(7)=小学1年=と、上杉景勝(長尾喜平次)役を演じた溝口琢矢君(13)=中学1年=の2人が14日、新潟県の「南魚沼市雪まつり」にゲスト出演する。
2人は14日午後3時ごろ、メーン会場の雪上ステージに登場し、ドラマや雪国の感想について話す予定。井口一郎市長は「『こんなとこ来とうはなかった!』と言われないよう、大いに歓迎して、まつりを盛り上げたい」と話した。

いやーホント与六と喜平次の二人は可愛かった揺れるハート
我が家でも一時期与六と喜平次は大流行し、何かやりたくない事があると
「与六は○○はしとうはない!」と言い、相方は喜平次と呼ばれ…

今は兼続役をつまぶきさとし(漢字わかんない…)がやっているけど
まだ数話程度しかやってないせいか、相変わらず演技がショボイ。
原作は読んだ事がないので、原作がショボイのか脚本がショボイのか
よく分からないけど「本当にこれで主人公?」と思うようななんか
あんまり良いエピソードとは思えないものが盛りだくさんな気がする。
そして時代劇面じゃない兼続はその他の脇役のハズの阿部ちゃん謙信とか
北村景勝とかの時代劇ハマリ面に完全に喰われている気がします。

そして風林火山で謙信役をやったGackt、私は見た目のイメージ
ピッタリだったのでGacktの時は期待していたのだけど、今回の
信長役の吉川晃司には全然期待してませんでした。
でも以外といいな〜と思っております。
つまぶきももう少ししたらマシになるのかな。。。

あと真田幸村の姉役(当初は妹役だったが視聴者より妹では年齢的に
オカシイと突っ込みが入り、姉役に変更になった)長澤まさみ。
なんかこう丸々した長澤まさみが忍びと言われてもしっくりこないし
ちょっと冷たそう・クールな感じの演技をしていると思うのだけれど
それもなんかちょっと違和感のある演技で、彼女も今のところハズレの気が…
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

家康の父親は武田信玄だった!

藤堂高虎の次は「家康の父親は武田信玄だった!」です。
いつも以上にネタバレありですが。
家康の父が信玄だったという説は以前から知っていたけども
私としてはまぁ、ないかな。という感じ。

しかし東照宮に武田花菱が描かれていたり、信長に焼かれた信玄の菩提寺
恵林寺を再興したのが家康だったりした事もあり、いくら尊敬していたとはいえ
気になる点が何点かあるので私としてはそのあたりを解明というか
推理していくようなものと思い読み始めたのです。
※「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは誰もが知っている言葉だと
思いますが、恵林寺が信長に焼かれた時に快川和尚が発したものです。

ところがそういったところではなく、状況証拠ばかりをあげ連ねるばかり。
今みんなが家康だと思っているのは松平元康ですが、実は弟の信元だった
家康影武者説に、更にまた信玄影武者説。
その根拠は家康(信元)が元康の長男である信康、正室の築山殿を
自害に追い込んだ話、いくら信長に言われたとはいえ自害させるなんて…

信元が家康なら万事解決!他人だし、他人の中でも自分の夫であれば
元康じゃない事がバレてしまう!とか石川数正出奔も、信元なら!
同じように義信謀反により自害に追い込む話もそう。
それで「影武者ならこういった矛盾も解決!」と言うなんともまぁ
説得力の薄い話ばかりでございました。笑

更にこの本、後ろの方には上杉謙信は女だったという話も書かれてるのですが
こちらも同じ調子で、毎月10日前後に体調不良になるのは生理だから。
9月10日に行われた川中島第四回、上杉が撤退したのは謙信が
生理が始まったから。とかしょーもない突っ込みどころ満載なお話。
全然想像したのと違っていたのと根拠の薄い話ばかりでガッカリです…

yu-ko120.gif

posted by yu-ko at 21:53 | Comment(8) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

杉じゃなくて…

花粉がこれまでの「100分の1」「少花粉スギ」大規模植林始まる
今までの杉の100分の1の花粉の量、というのは凄いと思うんだけど。
これは少花粉杉ではなくて別な木を植えればいいじゃん。
何か杉でないとダメな理由はあるのでしょうか?

でも植え変わるのに40年、その頃には私はもう67だよ。。。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琢磨…

佐藤琢磨、トロ・ロッソのシート獲得ならず
ガッカリです…去年はシーズン半ばで終わってしまい、それからずっと
琢磨が復帰してくれるのを待っていたのに…
F1で走ってほしいと思うけど、それがダメなら他のカテゴリでもいいから
走り続けてほしい。トロはやっぱり金額で決めたのかなぁ。。。

とりあえず今年の日本GPはナシかな。
yu-ko120.gif
タグ:佐藤琢磨
posted by yu-ko at 12:14 | Comment(8) | TrackBack(9) | F1ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

藤堂高虎

佐々成政に続いて藤堂高虎を読みました。
これもまた受け取り方次第なんだろうとは思うんですが…
これを書いた徳永真一郎という人は、高虎が大好きなんだろうけど。

高虎は色んな人に仕えた武将で浅井長政・羽柴秀長・豊臣秀吉・徳川家康など。
秀吉→家康への変わり身の早さにゴマすり大名、などと呼ばれているらしいが
本当はそんな人じゃない!というお話?です。

度々「高虎はそんな人じゃない」と本文に登場するのにウンザリです。
高虎についても私は全然知識がないので、こういう人だったのか〜
という感じで、別に何度主君を変えようとも秀吉から家康への
変わり身の早さがあろうともゴマすり大名だなんて思わないし
お家存続の為に主家が変わるのは当然であり内応・謀反など
なんでもありの戦国時代なんだし…

高虎の汚名を晴らしたい!というような思いがあるのだろうけど
何度も何度もそうやって書かれるとなんだか逆効果な気がします。

藤堂高虎という人物については、公私混同せず冷静沈着で
気配りもよくでき、という凄く優秀な人物のよう。
高虎の人情溢れるエピソードが多々あり武将としては面白そう。
他の作家さんも藤堂高虎の本を出しているので今度は別な人の書いた
藤堂高虎も読んでみようかな。面白そうと言っておきながら
あんまり内容を覚えていない気がするのは、次の本を読んでいる最中だからかな…


yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。