2008年10月05日

里見義堯

琢朗の今後が気になる今日この頃。
ブログ名をI Love Formula-One&Baystarsに変更後からベイ関連の記事が
ほとんど上がってないような気がしなくもないです。笑
琢朗のブログはアクセスが集中しているのかエラーで見れないが
引退を否定したそうです。また、なぜこんな報道がされているのか
人間不信になると書かれていました。ニュースに。

コメント欄がもうけてあったのですが、そのヒドイコメントに…
琢朗を好きな人も嫌いな人も興味のない人もいるでしょうが。
女癖が悪い、とかホントに女癖が悪いのかどうか知りませんが野球とは関係ないし。
人間不信になればいい、だなんてさこういう他の人の事を何も考えられない
自己中人間が犯罪おかすのかね。見てて気分悪いわ。
ぶっちゃけニュースにコメント欄なんていらないでしょ。


とむかつきつつ、今日もまた歴史小説の感想。笑
そろそろ&歴史小説もつけた方がいいんじゃないか。。。

里見義堯、は序盤の義豊との争い辺りではホントにこの人有能なの?
と思ってしまうような書き方でした。
義尭・義豊・実尭の関係。
義堯の父実堯は正当な後継者である甥の義豊が成人するまでという約束で
里見家を継ぐが実堯は義豊が成長後も当主の座を渡さなかった為に
義豊に殺されてしまう、というのが史実のようです。
が、この小説では実尭は義豊の後見人のように描かれ義豊とその側近に
実堯に奪われてしまうと疑心暗鬼になり攻め滅ぼした。という事になっています。

この時、実尭と一緒に討たれた正木時茂の父。正木時茂・時忠兄弟も
義尭と一緒に義豊を攻めるのだが、作戦は時茂でほとんど義尭は語らず
時茂の作戦を実行。その後もこんな感じなのです。
だいたい時茂が話し寡黙な義尭を表現したいのか義尭は黙っている事が多い。
その為この人って…?とちょっと思い勝ち。

重要なところで、ポツポツと漏らす戦局眼は高いようですが。
でも最後の方で時忠が里見を裏切り北条方につくのですが、時忠の
里見を裏切るまでの心中や、里見へ復帰したときの心中等をもっと
深く書いてくれたらなぁ。と感じました。

時茂・時忠兄弟は義尭の為によく働いてくれましたが、どちらかというと
時茂ばかりが描かれており時忠はほとんどかかれていません。
なので時忠がその時、その時どう思っていたのかが分からない。
察しろよ!という事なのかもしれないが。

どの部分でも軽くさらっと流すようなところが多かったかも。
そして里見水軍は強いらしいのだが、海上での戦いがほとんどかかれていない。
陸での戦いは何度も何度も戦略なども書かれているのだけれど。
強いという水軍の方ももっと書いてほしかった。

しかし里見について全然と言っていい程知らない私にとっては
知らない事ばかりで、その上軽くさらっとな雰囲気なのでもっと!
という気がしてくるので足がかり、キッカケとしてはいい作品かなと。

悪く聞こえるかもしれないが、深く書かれていない事が逆に里見を
知りたい、という気持ちに繋がってくるというか。
TVのいいところでCMが入り続きを見ようとしようとする心理みたいな感じ?笑

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 21:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする