2008年09月29日

丈夫さん引退…

横浜・川村が引退…2軍投手コーチ就任

丈夫さん引退だって…(´;ω;`)ウゥゥ
まだ36歳なのに。ヤクルトの度会と真中も引退。
同じぐらいの年齢。早いよね。

丈夫さんシーレではよく登板していたので、そのうち1軍昇格も
あるかと思っていたら引退だなんて。。。

>球団関係者は「功労者なので、引退セレモニーを考えている」と話した。
これは行かなくちゃマズイでしょ…丈夫さん。寂しいなぁ。
ウッシーの頃は丈夫さんが中継ぎで出てくると、よし!と思ったもんだ。
私が中学生ぐらいの頃に先発で投げていた投手でやっぱり、昔から
見ている人って若手とは違った思い入れみたいなのがあって。寂しい。

若手は若手で、育つ姿を見ていてそれはまた違った思い入れがあるのだけど。
一人、また一人とベテランがいなくなってしまうのは本当に寂しい。
丈夫さんお疲れ様でした。
yu-ko120.gif

posted by yu-ko at 21:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

西武優勝おめでとう!

西武優勝おめでとうヽ(≧∀≦)ノ

今日は横浜ぶらぶらして買い物して帰ってきたので帰りが遅く
22時過ぎかな?CSつけたら「西武優勝祝勝会」とか出ててびっくり。笑
そしてCSって共同記者会見まで放送するんだね。ヒマだったので、少し記者会見のコメントを。といってもキーボード打つの追いつかなくて少し省かれてるけど。笑

監督へのインタビュー
ア:今週M2になってから苦しみがありましたが
渡辺監督:目前になってからの足踏みはやっぱり経験も浅いですし練習中は普段どおりでも試合は重圧がかかってくる。優勝するにはその道を通らなきゃいけない、選手達にはいい経験になった。
ア:CSにむけて一言
渡辺監督:CSは短期決戦なんでどこのチームが出てきても相手がどこが上がってきても、とにかく勝つという信念を持って相手の気持ちに負けないように。

選手一人一人へのコメント
()内はアナウンサー、()がないのは間に合わなかったから。だいたい今年の成績について・CSへ向けて・今の気持ち、です。
栗山:一発が目立つチームだけど片岡さんと足も使えるチームというのを見せられてよかった。いい流れが作れるようにやってきたので数字がついてきたのはよかったかな。

おかわり君:実際44本も打てるとは思ってなかったが、首脳陣の方に使って頂いて思い切ったプレーができたのがよかった。
(去年との違いは)結果恐れず三振も多いが気にせず思い切っていった結果。
(CSへ向けて)CSではいいところで一本打ちたい。

片岡:この時の為に秋から練習してきたのでこの瞬間を迎えられて嬉しく思います。
(盗塁50個ですが凄いですね)50個の盗塁、凄いですよね。凄いです。
おかわりくんのHRが迫ってきてるのでもっと頑張っていきたい。
(CSへ向けて)1番バッターが勢いづけられるようにどんどん走ってチームを盛り上げていきたい。

中嶋:打順は何番でも一緒なんで与えられたところで繋ぎの役割と色んな状況で対応できるようやってきてるんでいい結果が残せてるんじゃないかなと思います。いい刺激を受けながら毎日試合に望めてると思います。みんなで力を合わせた結果が優勝になれたんで凄い嬉しい。

細川:(優勝した今の気持ちは)やっぱり去年の悔しさが物凄いあったので、リーグ優勝凄い嬉しく思ってます。
(去年と違うところは)キャンプから監督が一言一言、一人一人アドバイスしてるのをみて意識面が変わったなと。それがこのシーズンに結果として現れたのが投手陣の成長。自分が楽に配球できたのは投手陣の成長。
(CSに向けて)短期決戦と言うのは難しい戦いになってくるがこのシーズンを通してやってきたことを恐れず前を向いて若々しさをだしてやっていきたい。

帆足:胴上げはよかったが、負けたんでちょっと落ち込んでます。正津さん西口さん、石井さん、ベテランの活躍があったから若いのが頑張れたと思います。

一久:僕的には不本意なシーズンだったがみんなに手をつないでもらって、なんとか優勝できました。大好きなオフが短くなるがあと2回監督を胴上げしたい。監督の喜ぶ顔とか胴上げする事が僕の目標だったので目標は達成できた。あと大きい目標2つにむかって頑張るだけ。

岸:明日先発なんですけど早く決まってほしいな。という気持ちで観てました。監督の顔見た時に僕も感激して涙がでそうになったが、なんとかこらえました。毎週毎週吐きそうになるぐらい緊張して一生懸命ローテ守れてチームに貢献できたのが凄い嬉しいので、CSもチームに貢献できるように頑張りたい。

涌井:(今の気持ちを)今年の掲げた目標が胴上げだったので素直に嬉しい。
みなさんにエースエース言われてますけどエースと言う名の通りの成績を残せてないので納得してない。自分のプライドにかけて頑張りたい。

初めての渡辺監督、今シーズンはどうなるのかと思ったけど渡辺監督いいね。
若い選手ばかりだからミスはつきもの、しょうがない。と言っていたのが印象的。
それでも頭ごなしに怒るような事もせず(これはコーチにも徹底させてたよう)
選手達が伸び伸びできる環境、素晴らしいね。

おわかりくんは守備があまり・・・だけど、本人のコメントもある通り
守備でミスしても三振してもそれでも使い続けてもらえるなんて凄いよ。
細川のコメントでもキャンプ中に投手陣へ監督が一人一人へアドバイスするなんて
なかなかなさそうだよね。監督と選手の頑張りが優勝という結果になって
本当に、西武ライオンズおめでとうございます!ヽ(≧∀≦)ノ

ビールかけで話をする監督、キャップにゴーグルwノリいいな、監督w
おまけに「今日は朝まで飲もうぜ!6時前に帰ってきたら罰金!」だそうです。笑
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

義弘2

前回の義弘、敗走が面白くなかった為、島津義弘の小説を2冊も買ってしまいました。
先日、1冊目を読み終わったのでその感想を。
面白かったしやっぱり熱いいい男exclamation×2

島津義弘と言えばメインはやはり関ヶ原の敵中突破と秀吉の九州征伐でしょう。
この本は関ヶ原がメインに置かれてます。
義弘は最初家康側に着こうと伏見城へ向かいます。そこは鳥居元忠が守りを固めており
家康から誰も入れるな。と言われてる事もあり、味方しようとする義弘を拒否。
怒った義弘は三成側につく事に決めます。

しかし、義弘は関ヶ原には1000名程の兵しか連れていません。
三成は寡兵だからと義弘を軽くみます。九州という本州とは離れたところで
あまり関わりがなかったからか、義弘の猛将っぷりを知らないのか
義弘が色々と進言してもその意見を全く聞かない。

三成は奉行の仕事には長けていたものの実戦の経験はあまりなく
それを補う為に島左近を家臣にした程。
それなのに全く意見を聞いてくれない三成に義弘はまた怒り心頭。
関ヶ原では三成隊の隣に陣を敷くも動かず。

印象的だったのが島津よ、動いてくれ!と三成が義弘の下へ頼みにいくところ。
三成は今こそ追撃の時!島津が動いてくれれば、西軍の勝利。とお願いに行くも
義弘は今までの怒りで断るのだがその時にようやく三成はいかに義弘が
今までの三成の言動に対して怒っているかを知るのです。

その三成の愕然とするシーン、とぼとぼ自陣へ帰っていく三成。
やはり三成は奉行としては優秀だが、加藤清正や福島正則等の武将から
嫌われていた事でも分かるが人の心を読めない。いわゆるKY?笑
秀吉は人心掌握に長けていたのにそれを学べなかった三成。
奉行とは嫌われ者だからそれでよし。としていたようなところがある。
三成の失敗はココ。彼にもっと人心掌握する力があれば加藤清正等にも
嫌われる事はなかっただろうし、関ヶ原でも裏切り者が出なかったかもしれない。
裏切り者が出なければ西軍の方が有利な場所に陣をしいていたので
勝っていたかもしれない。そうすれば徳川幕府も江戸時代もなく
現代の世の中はもっと違ったものになっていたかもしれない。

スポーツと歴史にたらればは禁物ですが。
ついつい、関ヶ原となると熱が入ってしまって。笑

関ヶ原では結局、三成の為に戦う事はなく敗戦とはいえ撤退も後退するのではなく
前進あるのみexclamationとばかりに敵中突破。たった1000名程しかいなくても
島津の兵達は「殿を守るためには命も惜しくない!」と捨てがまりの戦法で
義弘を守り、義弘はなんとか九州へ戻っていくのです。

関ヶ原の捨てがまり。
大軍で鉄砲を使ったのは長篠の戦いでの信長が有名ですが九州と言う土地柄
島津はそれよりも以前から鉄砲隊を指揮していたよう。
関ヶ原でも鉄砲を持ってきており、殿(しんがり)は追撃してくる敵を
鉄砲の弾がなくなるまで打ち、弾がなくなってからは刀等で斬りかかり
殿が全滅するまで戦い敵を追いつかせまいとする戦法。
※念のため、殿とは暴走族でいうケツ持ちの事で本隊を無事に退却させるべく
敵の行方を阻む部隊の事。


関ヶ原などでの義弘の心の動きが細かく描かれていて分かりやすかった。
更にはところどころ、回想として義弘の九州での戦いっぷりも描かれています。
ラストでは秀吉の九州征伐の模様がさら〜っと。
義弘だけでなく島津の兵はとても熱くそれは捨てがまりの戦法にも現れています。
そういうところがやはり戦国時代の一番の醍醐味というか良さですね。

ただこの小説で気になったのが、やたらと呪いというか祈祷?なんかの
信仰が激しい部分です。戦勝祈願程度はどこでもあった事でしょうが
ここで描かれているのはそれを更に激しくしたような感じ。
天気等も軍師等が占っていたりするので、現代よりもそういうのに
傾倒というかそういうのがあったのは確かなんでしょうが…

それ以外はとても面白い小説でした。
熱い漢、熱い武将好きにはオススメ。

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

せっかく

久々に記事あげようと思ったら、amazonアフィリが使えない!
あ。また歴史小説を読んだので誰も期待していないであろう
感想をアップしようかと思ったのです。笑

今日はついてないなー。ベイスターズは阪神に負けるし。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

反動…結局何もせず

先週金曜日から昨日まで毎日浜スタに行ってたので家事なんか
全く放置。いや、相方がねせっかくだから行っておいでよ。なんて
言うからさ家事もできないよ。って言ってもいいよ。って言うからさ。

我が家、汚い。笑
いや掃除はしているから不衛生ではないんだが、散らかりまくり。
今日は直帰したわけだが、手抜きご飯を作るので精一杯で片付けなんて
かけらもしてません。遊びすぎた反動で、もうお疲れ。笑

なのに日曜は法事でたぶん土曜から実家に帰省するハメになるので
明日もきっと片付けできないんだろうなぁ。ヾ(@°▽°@)ノあはは
結局遊びに行こうが行くまいが、ダラって事だ…ダメだなぁ。ホント。

そして2年ぐらい前だったかスライド式本棚、コミックなら1000冊入る!
という本棚を購入したのだが、買った時点でもういっぱいだったので
溢れまくっている本。どこに仕舞おう。というか家具を置く場所が
ないんだが、やっぱり天井まで本棚積み上げないとダメかな…

ご飯食べてダラダラしたらもうこんな時間。。。
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

今日の試合

野球のチケットをもらったので先週金曜日から明日まで毎日浜スタです。笑

6戦中5戦終了し、2勝3敗で負け越し中。明日買って5割。
今日もいいところナシ、イスンヨプにはホームラン3本プレゼント。
久保も那須野に負けず劣らず調子がいいとは言えない状態。
ボールが先行し、ノースリーなんかしょっちゅう。

それなのに2ストライク3ボールになるとろくでもないボールを
みんな空振り。前からだけど2-3になってから、うちの選手達はみんな
なんでも振ってちゃうんだよね。久保の四球が1つなのはうちの選手が
ボール球をみんな振ってあげたお陰。

今日は守備もボロボロ。石川がここ数試合ポロポロとボールをこぼし
ショートでこの下手さは…だから二遊間は琢朗−仁志じゃないと
安心できないんだよなー。と思ってたけど藤田の送球の下手さといったらない。
あれでプロだなんて信じられない。

そして腰痛で2ヶ月近く登録抹消されていた那須野が今日登録、登板。
登録抹消されている間、私の記憶が間違っていなければ那須野がシーレで
登板したのは9月10日の1度のみ。その時は7回を投げて無失点。
結果だけを見ればあげたくなる気持ちも分かるが、2ヶ月も試合から離れていたのに
たった1度の登板で1軍登録するのがよく分からん。

案の定那須野は3回4失点、球威もなくコントロールも最悪。4失点は当然の内容。
唯一良かった点はやはりルーキーの阿斗里。イすんよぷにホームランは
打たれたものの2イニング投げて失点はこれだけ。
今日も緩急のあるピッチングで内容は良かったと思う。


ただこの子も祥万と同じく高卒ルーキーなだけあり使える球種が少ないようなので
新しい球種を覚えないと、投球回数を重ねる毎に打たれ始めそうだ。
帝京でエースだったらしい投手、こんな良い子なんで横浜が。笑
と思ったら夏に調子を崩し他のスカウト陣の評価が一気に下がってしまったよう。

若いからなのかこの子もガンガン攻めた投球しているのでプロで通用する
球種を覚えていけば、将来が楽しみな投手になりそうだ。
今日の捕手は斉藤俊。6回からは阿斗里と共に武山が登場。
若手キャッチャーでは斉藤俊よりも、武山に期待しているのだが
武山も結構強気なリード。バッティングもまだまだだけど鋭いスイングなので
打てる捕手に育ってくれそう。相川のいない今がチャンス。

今年はチームの成績がイマイチなのでウッチーの首位打者と村田の
2年連続ホームラン王の方が気になる。そのウッチーと村田も中日戦では
かなり好調だったが巨人戦になってなんだか、下がり気味。
でも二人とも高打率だし今年は本当に二人とも調子よく、スランプに陥っても
すぐに復活するところが、凄い。だから明日はきっと復活してくれるハズ。

そして今日は若手中心に記事を書いてみたんだが、最近は本当に
若手が育っていってくれる事が楽しみ。3年ぐらい前からまた野球観戦を
再開したのだけど、その時はベテランが多くルーキーのときから選手を
見ていないわけでそういう楽しみがなかったんだけど。
今年のルーキーは素質は良さそうなので今後どういう風に成長していってくれるのか
本当に楽しみです。新たな野球の楽しみ方、発見しました。笑
yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 00:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

久しぶりにつまらない

義弘敗走、という島津義弘の小説を買った。
島津義弘は関ヶ原で敵中突破したという有名な武将です。
タイトルからして関ヶ原での島津義弘の敵中突破が書かれている小説だと思い
とてもとても期待して読んだのですが…

義弘、出てこないヽ(`Д´#)ノ

よく分からない忍者ばっかりが出てくるし、名前も統一されてなく
苗字でかかれてたと思えば、官位で出てきたりするし。
そしてやっぱり何よりも義弘が出てこないし出てきたと思っても
「羨ましいのぉ」とか一言で終了。みたいな。

これのどこが義弘敗走なんだ。敵中突破する場面なんてあっという間だったし…
久しぶりにつまらない本だった。最近は当たりが多かったんだけどな〜

yu-ko120.gif
posted by yu-ko at 18:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。